MENU CLOSE

長野の外壁・屋根塗装専門店トラスト 品質にこだわりを持った塗装工事

見積り特典Quoカードプレゼント

0120-82-20009:00-17:30
年中無休
※GW・お盆・年末年始除く

活動ブログ - 豆知識 塗装に関する豆知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 活動ブログ > 豆知識

豆知識の記事一覧

トラストの日々の活動を見てください!

2013.12.18 更新

長野市豊野セキスイハイム住宅塗り替え工事|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

今年は来年4月の消費税増税に向けて駆け込み需要が当社のような小さい会社でもあるようで、例年より多くのお問い合わせをいただいている状態です。お考え中の方はなるべく早めにご相談ください。 さて、雪が降る前に行った長野市のお宅のご紹介です。インターネットよりお問い合わせいただきました。ありがとうございました。 築18年で初めての塗り替えです。 一番気になる個所はパネルの継ぎ目に入ったクラックです。 アップにすると 下の外壁パネルの継ぎで塗膜が裂けているのがわかります。 まずはクラック周辺の塗膜を撤去します。 その後シール材充填後専用のジョイントテープをはり(左写真)、パテで不陸調整を行います。(右写真) その後周囲の周囲の塗装との模様を合わせます。肌合わせ後がこちらです。 ほとんどわからなくなりました。白は下塗り材ですのでこの上に上塗りを2回行って仕上がりです。 そのほかいつものように付帯部もきっちり塗って完成です。 完成後がこちら 今回は元の色に近い色での施工の上、光の当たり具合が悪いので写真ではうまく伝わりませんね。もっと精進します。実際の建物を見るとつやの感じも違いますし、破風板・雨樋の色と化粧部材の色を合わせたので統一感も出てとてもきれいなお宅になりました。ハウスメーカーさんで建てられた方も安心してお任せください。もちろん保証書も発行させていただいております。 今回のお宅では傷んだ部分を上記のような補修方法を行いましたが、外壁材の種類、クラックの大きさなどによって補修方法は様々です。また、その補修方法によって補修部分の跡や、その後の傷み具合が変わってきます。このような部分は多くの場合見積書内に細かく記載されませんが、どの程度の補修かによって費用が大きく変わってきます。見積りをお願いされるときは確認することをお勧めいたします。 ㈱トラスト 船田

続きはコチラ

外壁塗装施工例豆知識

2013.12.07 更新

中野市ガイナ塗装工事|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

今年もついに師走ですね。雪の降る前に、素早くかつ丁寧な仕事を心がけていきます! 今回は「ガイナ」の施工事例を紹介します。 その前に「ガイナ」の簡単な説明を。 最近、テレビ等でも紹介されている塗料で、いわゆる「断熱塗料」の一つです。 ただし、製造元の日進産業は大手塗料メーカーではなく、下地処理・下塗り等は施工店に任せているため、しっかりとした技術・知識が必要です。 粘度が高く、通常の上塗り材と違い粒子が粗いので仕上げに技術が必要です。 価格は高いですが、非常に優れた断熱塗料です。 興味のある方はご相談くださいませ。 今回紹介する事例は、中野市のモルタル壁のお宅です。 モルタル壁は他の壁材と比べ断熱性が低いので、ガイナ塗装は適しているといえるでしょう。 まずは下地処理です。 大きめのクラックはUカット処理を行います。 Uカットとは、クラックを幅広にカットし、内部にコーキングを充填する工法です。 これにより、クラックが出にくくなり、水の侵入を防ぎます。 また、旧塗膜の密着の悪い箇所は出来る限り剥離します。 どんなに高価な材料を使用しても、こうした下地処理をおろそかにしては意味がありません。 その後、3回手塗り工程で仕上げていきます。 吹き付けの方が簡単ですが、飛散の心配がありますので、リフォームの場合は手塗りをお勧めします。 手塗りの場合は1区画ずつ丁寧に仕上げていきます。(ガイナは継ぎ目がムラになりやすいため) 塗りたては艶がありますが、すぐに艶はなくなります。 お施主様の要望で気抜き部分に金属網を取り付けました。 コウモリでお困りだったそうです。 また、一緒に倉庫の塗装も行わせていただきました。 ガイナは水系塗料ですので、弊社では鉄部への塗装はお勧めしません。 そのため倉庫は2液型シリコン塗料で仕上げました。 倉庫屋根のボルト部分から雨漏りする事例がよくあります。 塗装後ボルトキャップを設置しました。 仕上がりです。 きれいに仕上がりました。 なかなかやりがいのあるお宅で工期も長くなってしまいましたが、とても喜んでいただけました。 ありがとうございました。 若杉

続きはコチラ

トラストのこだわり外壁塗装施工例豆知識

2013.10.15 更新

セキスイハウス 塗り替え工事|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

増税の影響か、建設業界に活気がありますね。弊社も忙しい毎日を過ごしております。今日は午後から雨。現場作業も午前中で終わり、滞っていたブログを更新させていただきます! さて、今回はセキスイハウスの塗り替え工事を紹介します。数ある塗装屋さんの中から弊社を選んでいただき、まことにありがとうございます! このお施主様のようにいくつかの業者さんにお見積りをとる方が増えています。今後も選んでいただけるよう精進していきたいですね。 足場架設、高圧洗浄後、いつものように下地処理からです。 目地のパッキンがとれかかっています。 セキスイハウスはパッキンで目地を防水してあるお宅が多く見られます。経年で、サイディング材の伸縮についていけなくなり写真のように外れてしまうことがあります。 とれかかっているパッキンを数か所外し、通常のシーリング材で仕上げました。 パッキンはそのまま塗装すると剥れやすいので、アセトン(マニュキアの除光液にも使われます)等で丁寧に洗浄します。 このような下地処理が最も大切な工程です。見えなくなってしまう部分ですが、10年先を考え手は抜きたくないですね。 下地処理後、2液シリコン塗料3回塗り工程で仕上げました。 今回はお客様のご要望もあり、アルミ部分の塗装も行いました。(専用の下塗りが必要です!)錆びる事はほとんどありませんが、美観のための塗装です。 施工後です。色褪せた外壁や、ベランダパネル等が綺麗によみがえりました。 ハウスメーカーのお宅でも安心してお任せください。                                                                                             若杉

続きはコチラ

トラストのこだわり外壁塗装施工例豆知識

2012.09.03 更新

セキスイ かわらU アスベストが含まれているかどうかの確認方法|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

今日はちょっと豆知識をご紹介しようと思います。と言ってもただ私がメーカーに確認したりしたことをここに書いておくことで気にしてる方の役に立てばと思っただけなんですが。 まず、ことのはじまりはお客様のご実家の屋根の塗装見積を出してほしいとのご依頼でした。 屋根の上にあがってびっくり。セキスイのかわらUであることはわかったのですが、劣化がすごい。 一度塗装されたということはお聞きしていたのですが、前回の塗装の際も補修をあまりせずに塗られたのか、ただでさえうすいかわらUが削れ、更にクラックから水が入り屋根材が触ると凹むくらい柔らかくなっています。1歩1歩歩くのにも気を使い、大屋根に上がることは断念しました。 ここまで劣化してしまうともう塗装による保護は現実的に不可能です。かわらU自体も製造中止(2007年9月)ですので部分交換もできないと思います。ただここまで傷んでいる状態を放っておくわけにはいきませんのでお客様には屋根材の交換をご提案しようと思います。 そこで気になるのが、このかわらUにはアスベストが入っているのではないか??ということです。アスベストが入っていると、撤去・処分がアスベストを飛散させてはいけないため、通常よりコスト高になります。 実はかわらUに関してはメーカーより1975年~1990年に岡山で製造されたかわらUに関してアスベストが含まれていると発表されています。<参考 メーカー発表資料> ちなみにかわらUは岡山だけで製造されていたとのことですので、要は1975年~1990年に製造されたかわらUにはアスベストが含まれていると考えていいそうです。 今回はアスベストが含有しているかどうか3つの点で判断しましたので参考にされてください。 1・劣化の度合い 劣化の度合いが非常に大きく、もろくなっていることからアスベストが入っていないと考えられる。逆にアスベストが入っているものはもっと硬くしっかりしている。 2・棟に刻印されたロット番号 アルファベットXの次の数字が西暦の下1桁を表しているそうです。 この場合は1975年・1985年・1995年・2005年のいずれかになります。ここまでわかればお客様に施工時期を聞けば判断できるかと思います。 3・表面の網目模様 写真を見ると表面に網目みたいな模様がついているがわかりますでしょうか?細かい網目です。この模様がついたのが1994年~だそうなので今回のかわらUは1995年製でアスベストの含有していないものだということが分かりました。これからお客様とどのような改修を行うか相談しようと思います。 以上 セキスイ かわらUアスベスト含有についての見極め方法でした。あくまでメーカーとのやりとりの上で教えていただいたことを掲載しています。わかりずらいときには直接メーカーに確認していただければと思います。 船田

続きはコチラ

豆知識

14 / 14« 先頭...1011121314

代表からのメッセージ

株式会社トラスト

代表取締役社長 濱口 祐樹

分かりやすい!選びやすい!相談しやすい!
そんな塗装専門店を目指して。

豆知識での外壁・屋根塗装をご検討なら、ぜひ株式会社トラストにご相談ください!

皆様こんにちは。トラスト代表の濱口と申します。
当サイトをご覧いただきありがとうございます。

まだまだ塗装業界はわかりづらく、買いにくい業者が多く、不安と感じられる方が多い状態です。

そんな業界に一石を投じることができればとトラストは創業しました。
「わかりやすい!買いやすい!安心!」を目指し、さまざまな独自の取り組みを行っております。
自社職人・最長12年保証・専門ショールーム・お客様アンケートなどはその一例です。

トラストとは「信用・信頼」の意味であり、お客様に喜んでいただくことが私たちの使命です
ご不明な点やご相談など、どうぞ安心してお問い合わせください。
真心をこめて対応させて頂きます。

皆様のお越しをお待ちしております!!

外壁塗装・屋根塗装工事 対応エリア

エリア地図
長野県北信地域対応!お気軽にお問い合わせ下さい!

長野市・須坂市・千曲市・高山村・小布施町・飯綱町・信濃町・中野市・山ノ内町・飯山市

※営業エリア外のお客様でも柔軟に対応いたしますのでお気軽にご相談ください。

他社とはココが違う!!長野県長野市で トラスト選ばれる理由。 REASON

満足度97.7%! お客様の「本当の声」をお伝えします!

※7段階評価「感動・大変良い・良い・ふつう・やや不満・不満・落胆」で「良い」以上の評価を下さったお客様の数。

アンケート総合結果

  • 感動15.6
  • 大変良い61.4
  • 良い20.7
  • ふつう2.0
  • やや不満0.2
  • 不満0.1
  • 落胆0.0
チラシ・HPでも公開しない必読の情報満載 塗装をする前に是非ご一読ください! トラストが長年蓄積した塗装のイロハ 資料請求はこちら

トラスト活動ブログ

株式会社トラストのCM動画 株式会社トラストの元気な朝礼

北信地域密着の トラストです

会社名の「トラスト」とは「信用・信頼」という意味です。仕事を繰り返し頼んでいただける会社、安心して一生付き合えるパートナーのような会社を目指します。

  • 見積無料
  • 相談無料

まずは相談してみる

0120-82-2000受付時間 9:00-17:30
年中無休
※GW・お盆・年末年始除く

メールでご相談

お色の色選びで迷ったら…カラーシミュレーション

お客様の声

スタッフ紹介

北信の住宅塗装は
私達にお任せ下さい!

施工エリア

トラストは長野県北信地域を中心に塗装リフォームサービスを展開しています。

施工エリア図

長野県北信地域対応

長野市・須坂市・千曲市・高山村・小布施町・飯綱町・信濃町・中野市・山ノ内町・飯山市

※営業エリア外のお客様でも柔軟に対応いたしますのでお気軽にご相談ください。