MENU CLOSE

長野の外壁・屋根塗装専門店トラスト 品質にこだわりを持った塗装工事

見積り特典Quoカードプレゼント

0120-82-2000 10:00-17:00
水曜定休

活動ブログ 塗装に関する豆知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 活動ブログ > 豆知識 > 屋根の勾配について|長野市、上田市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

屋根の勾配について|長野市、上田市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

豆知識屋根塗装

2023.12.10 (Sun) 更新

長野県長野市、上田市のみなさん、こんにちは!

地域密着の外壁塗装・屋根塗装専門店トラストです!

今回のブログを執筆させていただく渡部です

今回は、屋根の勾配についてお話しします。

屋根の勾配は、屋根材の種類と形状によって、変わります。

そこについて、解説できればと思います。

 

屋根の勾配とは

そもそも屋根の勾配とは、屋根を仕上げるときの角度のことを言います。

屋根の水平のところから傾斜になっている角度を示すものです。

屋根材の種類と形状、その地域の気候(降水量、風速、積雪量)、外観など考慮して決めていきます。

 

屋根の勾配の表し方は「寸法」「分数」「角度」の3種類

なだらかな屋根から、とんがった屋根まで屋根の形はそれぞれ違います。屋根の勾配の表し方には3種類あり、それぞれの勾配数を数値化したものを「勾配数」といいます

寸法勾配

寸法勾配とは別名で「尺間法勾配」といいます。表し方は「〇寸」で、水平方向の水平距離10寸に対して、高さで数値を求めます。10寸とは(=1尺=303mm)のことです。

分数勾配

表し方は「〇/10」で、水平方向と高さの比率で数値を求めます。水平方向に10寸、高さが5寸で計算する場合は、5(高さ)/10(水平)となり5/10または1/2と表します。

角度勾配

表し方は「〇°」で3寸勾配であれば16.6992°、5寸勾配であれば26.5650°というように細かい数字で表します。。細かい数字を取り扱うことになるため、通常であれば使用されることはあまりないでしょう。

 

屋根の勾配は3種類 そのメリットデメリット

勾配には【急勾配】【緩勾配】【並勾配】というように3つの勾配があります。見た目以外にも勾配には意味があります。

各勾配ごとにメリット・デメリットについてお話しできればと思います。

 

急勾配

急勾配の屋根とは6寸勾配以上の急勾配のことを指します。

メリット

耐久性が高い

屋根を急勾配にすることで雨水をすぐに落とすことができます。雨水が滞留しないということは屋根材を湿気やカビなどから守ることができ、苔の発生や塗装が剥がれることを防ぐことができます。

雨漏りを減らすことができる

雨水の滞留が少ないので腐食による雨漏りの危険性を減らせます。

デメリット

耐風性が弱い

急勾配の屋根はその角度から風の当たる力が大きくなるため、台風や突風が発生した時に受けるダメージが大きくなります。

費用が高くなる

急勾配になればなるほど屋根の面積は広くなります。施工にかかる費用は面積の大きさに比例して高くなります。また、急勾配での作業は施工が難しくなるため割増料金などがあります。

足場が必要

弊社では6寸以上の屋根に関しては、基本足場を設置することを推奨しております。安全面などを考慮した際足場が必要となってくるでしょう。

 

緩勾配

緩勾配とは3寸勾配以下の傾斜が低いことを指します。

メリット

風の影響を受けにくい

急勾配とは反対に、風邪の影響が少なくなります。台風や突風に対してもダメージ受けにくくなるため、屋根が剥がれにくくなります。

費用を抑えられる

足場や急勾配ではなくなるため、施工価格を抑えることができます。また施工もしやすくなるため、職人の安全も確保できます。

デメリット

耐久性が低くなる

勾配が低いということは、ホコリなどが付着した時に下に落ちにくくなります。そこで雨が降ることで、屋根材の腐食に繋がります。

雨漏りがしやすくなる

雨水によって屋根が腐食することで、下地にまで被害がおよび雨漏れする恐れが高くなります。

 

並勾配

並勾配は急勾配と緩勾配の間の3~5寸勾配を指します。多くの家庭で取り入られている一般的な勾配で、あらゆる側面で屋根の性能を満たします。

メリット

耐久性が高い

急勾配よりも角度が低くなるとはいえ、並勾配の角度であれば屋根に雨水が溜まるリスクは抑えることができると言われています。

屋根材の種類が多い

一般的な勾配ということもあり、屋根材の選択肢が多くなります。将来「屋根材を変更したい」と考えたときも対応がしやすくなります。

足場がいらない

並勾配は一般的にメンテナンスの際に足場を必要としないことが多いため、足場費用を抑えることができます。

 

デメリット

並勾配に突出したデメリットはありません。

 

屋根の勾配は屋根材によって「最低勾配」が決まっている。

屋根材によっては必要な最低勾配が決まっています。最低勾配を下回ってしまうと雨漏りや屋根材に問題が発生してしまう可能性があります。

・金属(トタン)屋根の必要最低勾配:1/10以上(1寸勾配以上)

・スレート屋根の必要最低勾配:3/10以上(3寸勾配以上)

・瓦屋根の必要最低勾配:4/10以上(4寸勾配以上)

 

まとめ

屋根の勾配によって機能に違いがあり、伴いメリット、デメリットがあります。屋根に伴い塗装でのメンテナンスの金額は変わります。勾配が分からない方もいらっしゃると思います、一度ご相談いただければと思います。

屋根はお家の中で一番ダメージを受ける箇所です。正しいメンテナンスをし、後悔のない工事ができればと思います。

 

 

トラストは外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。

長野県長野市、上田市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。

 

地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。
これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。

 

 

★トラストは長野市、上田市で気軽に相談ができる《外壁・屋根塗装ショールーム》を展開しております★

 外壁塗装・屋根塗装・雨樋・雨漏り・サイディングなどでお困りの方はお気軽にどうぞ!

優良店・口コミ評判店目指して頑張ります(^^)

【外壁・屋根塗装専門店トラスト】についてはコチラ!

 

 

代表からのメッセージ

株式会社トラスト

代表取締役社長 濱口 祐樹

分かりやすい!選びやすい!相談しやすい!
「感動の塗装」を目指して。

皆様こんにちは。トラスト代表の濱口と申します。
当サイトをご覧いただきありがとうございます。

まだまだ塗装業界はわかりづらく、買いにくい業者が多く、不安と感じられる方が多い状態です。

そんな業界に一石を投じることができればとトラストは創業しました。
「わかりやすい!選びやすい!相談しやすい!」を目指し、さまざまな独自の取り組みを行っております。
自社職人・最長12年保証・専門ショールーム・お客様アンケートなどはその一例です。

トラストとは「信用・信頼」の意味であり、お客様に喜んでいただくことが私たちの使命です
ご不明な点やご相談など、どうぞ安心してお問い合わせください。
真心をこめて対応させて頂きます。

皆様のお越しをお待ちしております!!

外壁塗装・屋根塗装工事 対応エリア

エリア地図
長野県北信・東信地域対応!お気軽にお問い合わせ下さい!

長野市・須坂市・千曲市・高山村・小布施町・飯綱町・信濃町・中野市・山ノ内町・飯山市・上田市・東御市・小諸市・坂城町・青木村・立科町・長和町・佐久市・御代田町・軽井沢町

※営業エリア外のお客様でも柔軟に対応いたしますのでお気軽にご相談ください。

株式会社トラストのCM動画

北信・東信地域密着のトラストです

会社名の「トラスト」とは「信用・信頼」という意味です。仕事を繰り返し頼んでいただける会社、安心して一生付き合えるパートナーのような会社を目指します。

  • 見積無料
  • 相談無料

まずは相談してみる

0120-82-2000電話受付時間 10:00-17:00
水曜定休

トラスト上田店OPEN中

外壁塗装 上田市|トラスト上田店OPEN

現場ブログ

チラシ・HPでも公開しない必読の情報満載 塗装をする前に是非ご一読ください! トラストが長年蓄積した塗装のイロハ 資料請求はこちら 株式会社トラストYouTubeチャンネル アパート・マンションの外壁塗装164.78万円~ ドローン点検

施工エリア

トラストは長野県の北信・東信地域を中心に塗装リフォームサービスを展開しています。

施工エリア図

長野県北信・東信地域対応

長野市・須坂市・千曲市・高山村・小布施町・飯綱町・信濃町・中野市・山ノ内町・飯山市・上田市・東御市・小諸市・坂城町・青木村・立科町・長和町・佐久市・御代田町・軽井沢町

※営業エリア外のお客様でも柔軟に対応いたしますのでお気軽にご相談ください。

  • 株式会社トラストYouTubeチャンネル
  • ドローン点検
  • 各種クレジットカード・電子決済をご利用下さい!