MENU CLOSE

長野の外壁・屋根塗装専門店トラスト 品質にこだわりを持った塗装工事

見積り特典Quoカードプレゼント

0120-82-20009:00-17:30
年中無休
※GW・お盆・年末年始除く

活動ブログ - 豆知識 塗装に関する豆知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 活動ブログ > 豆知識

豆知識の記事一覧

トラストの日々の活動を見てください!

2019.10.01 更新

伝建についてpart1|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラスト営業部 矢澤です。   今回は、「伝統的建造物群保存地区(略して伝建-でんけん-)」 について書いていこうと思います。 みなさんは、長野市に伝統的建造物群保存地区というものがある事を知っていますか? 伝建とは、戦後の高度経済成長などによる開発から歴史的な街並みを保存するため 文化財保護法によってつくられた制度です。     長野市のホームページには 「住民と行政が協力し、歴史を活かした魅力あるまちづくりを目指す」 と載っています。   では、なぜ今回のテーマをこんなに漢字が多いとっつきにくいものにしたのか? それは伝建は、我々塗装業者にとって、とっても関係があるからなんです!   どう関係してくるかと言いますと この地区に指定されている地域にお住いの方は、 住宅であっても、たとえ小さな物置であっても外装のお塗り替えをする前に 教育委員会へ必要書類を提出し、許可が必要になります。   さらに、お塗り替えするお色にも指定がありますので、 お客様のご希望のお色が選択できない場合がございます。 例えば、黒や焦げ茶などの落ち着いたお色など 歴史的町並みにあったお色のみの施工になります。   京都や軽井沢のコンビニ看板の色が通常と異なるのを見ると イメージがしやすいかと思います。   次回の矢澤ブログは、 ①伝建の地域 ②事前に許可が必要な工事 の2つを詳しく説明できればと思います。   今月も矢澤のブログのご一読ありがとうございました。   ★トラストは長野市で気軽に相談ができる《外壁・屋根塗装ショールーム》を展開しております★  外壁塗装・屋根塗装・雨樋・雨漏り・サイディングなどでお困りの方はお気軽にどうぞ! 優良店・口コミ評判店目指して頑張ります(^^)   【外壁・屋根塗装専門店トラスト】についてはコチラ!   【お問い合わせフォーム】はコチラ!!   【よくある塗装に関するご質問】はこちらにまとめさせていただきました。 【よくあるご質問】はコチラ!!  

続きはコチラ

豆知識

2019.09.13 更新

スレート屋根塗装|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラスト施工部の和田です。   皆さんお盆はどのように過ごされましたでしょうか。 まだまだ暑い季節が続きますが水分補給をこまめにし、乗り越えて行きましょう。   今回のブログのテーマはスレート屋根塗装です。   屋根の様子はあまり大きくはなかったもののだいぶ傷みが激しいスレート屋根でした。 スレート屋根はセメント・繊維質等で作られています。   そのため長い間水分を含むと割れやすく、ボロボロになってしまうのです。 今回の屋根は前の塗膜がボロボロになっていました。   このような場合だと、前の塗膜をしっかり剥がしておく必要があります。 ケレン(研磨)と洗浄(水洗い)の作業が終わった後に下塗りという工程に入るのですが、この時に強溶剤の塗料を使います。(スレート屋根の場合です。他の種類の屋根では使わない場合もあります。) ここで塗膜が残っていると塗っている最中に剥がれてきて(おかして)しまうのです。 ↑ ボロボロになったスレート屋根です。   他の工程はいつもと同じように塗り残しや周りへの飛散に気を付けて行いました。   ↑ ケレン(研磨)の時に見落としがちなところのひとつです。ここもしっかりケレンします。 ↑ 洗浄(水洗い)です。 ↑ 下塗り一回目です。 ↑ 下塗り二回目です。 ↑ 上塗り一回目です。 上塗り二回目です。   ★トラストは長野市で気軽に相談ができる《外壁・屋根塗装ショールーム》を展開しております★  外壁塗装・屋根塗装・雨樋・雨漏り・サイディングなどでお困りの方はお気軽にどうぞ! 優良店・口コミ評判店目指して頑張ります(^^) 【外壁・屋根塗装専門店トラスト】についてはコチラ!   【お問い合わせフォーム】はコチラ!!   【よくある塗装に関するご質問】はこちらにまとめさせていただきました。 【よくあるご質問】はコチラ!!        

続きはコチラ

活動日誌豆知識トラストのこだわり

2019.09.04 更新

屋根補修|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラスト施工部正村です。 今回は、屋根の補修のお話をいたします。 ・穴が空いている所 穴が空いている場合は、変性シリコンのコーキングをソフトクリーム状に盛ったり。 鉄板を穴にかぶせて貼り周りをコーキングで囲ったりもあります。 ↓穴を埋めています              ↓鉄板で補修したところです       ・鉄板のつなぎ目 鉄板のつなぎは、変性シリコンのコーキングでかぶせます その時に、薄く打ってしまうと切れてしまいますので形は、不格好になりますが 熱く広くかぶせます。不格好でも熱く盛らないとすぐ切れてしまいそこから雨水が入ってくる可能性があります。 ↓厚く打っているところです ・屋根のひび割れ【スレート屋根など】 スレート屋根やスレート瓦の場合ひび割れているところた欠けているところを補修します ひび割れているところは、変成シリコンのコーキングで厚く打って補修します。 欠けているところは、欠けた部品が残っていればそこにコーキングを 打って貼り付け亀裂の所にコーキングを厚く打って補修します。 ↓コーキングを打った全体図です 屋根での補修は機能性を配慮しながらやり方を選ぶといいです。     ★トラストは長野市で気軽に相談ができる《外壁・屋根塗装ショールーム》を展開しております★  外壁塗装・屋根塗装・雨樋・雨漏り・サイディングなどでお困りの方はお気軽にどうぞ! 優良店・口コミ評判店目指して頑張ります(^^)   【外壁・屋根塗装専門店トラスト】についてはコチラ!   【お問い合わせフォーム】はコチラ!!   【よくある塗装に関するご質問】はこちらにまとめさせていただきました。 【よくあるご質問】はコチラ!!        

続きはコチラ

豆知識屋根塗装

2019.09.01 更新

塗装工事における配線・ケーブル保護について|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラスト増田です。 今回は、塗装工事における配線・ケーブルの保護についてお話しさせていただきます。   塗装工事をする際、外壁や仮設足場が、電線・ケーブル等に近接している場合がございます。 そういった箇所には、右下写真のような保護カバーを一時的に取り付け、 感電及び設備事故の防止をはかる為に使用します。     電力会社、電話通信会社、ケーブルテレビ会社の配線・ケーブル等、様々ですが、 該当する配線がお客様の敷地内にあれば、無償で設置していただけます。 (※条件により異なりますので、要確認)   実際に、私が担当させていただいた長野市のお客様宅前に、設置して頂いた写真です。 シート張りした仮設足場の間を、カバーした配線が通っています。         足場内の様子                                          完成した様子   おかげで、無事塗装することができ、工事完了後に保護カバーも外していただきました。     ★トラストは長野市で気軽に相談ができる《外壁・屋根塗装ショールーム》を展開しております★  外壁塗装・屋根塗装・雨樋・雨漏り・サイディングなどでお困りの方はお気軽にどうぞ! 優良店・口コミ評判店目指して頑張ります(^^)   【外壁・屋根塗装専門店トラスト】についてはコチラ!   【お問い合わせフォーム】はコチラ!!   【よくある塗装に関するご質問】はこちらにまとめさせていただきました。 【よくあるご質問】はコチラ!!        

続きはコチラ

活動日誌豆知識

2019.08.15 更新

塗装ってだいたいどの位の金額なの?|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラスト総務部の飯島です。町田です。   来店されるお客様や、電話でお問い合わせを頂くお客様のなかで、 「塗装って、だいたいどれくらい(金額が)かかるの?」 とご質問頂くことがあります。弊社でお渡ししている冊子や、ショールームでお見せできる資料などでは、   ショールームなどでお見せ出来る資料では、凡そ80~130万円と明記しております。「随分と大雑把だな・・・」とお思いになられる方もいらっしゃるでしょう。一概に「〇〇万円かかります。」と即答は難しいのです。   弊社ではお客様のお宅に伺い、建物を計測した数字を基に見積をさせていただきます。また傷み具合によっては補修方法を提案させていただく場合もあります。以上の事から、お電話でのお問い合わせには「延床面積○○平米なら、いくら位?」とか、「あそこの家と同じくらいだから、いくら?」との質問に、明確には答え辛いのです。   お値段概算のポイントは ・建坪数よりも壁面積の大きさで差が出ます。 ・「壁のみの塗装」と「付帯部込み」では大きな差が出ます。 ・シーリングの打ち替えが必要な場合は、費用がかさみます。 ・ひびなどの補修が多いと、費用がかさみます。   弊社では、お見積りからご提案まで無料でおこなっておりますので、安心してお問い合わせください。   便利なフリーダイヤルもご利用ください。フリーダイヤル0120-82-2000   ★トラストは長野市で気軽に相談ができる《外壁・屋根塗装ショールーム》を展開しております★  外壁塗装・屋根塗装・雨樋・雨漏り・サイディングなどでお困りの方はお気軽にどうぞ! 優良店・口コミ評判店目指して頑張ります(^^)   【外壁・屋根塗装専門店トラスト】についてはコチラ!   【お問い合わせフォーム】はコチラ!!   【よくある塗装に関するご質問】はこちらにまとめさせていただきました。 【よくあるご質問】はコチラ!!        

続きはコチラ

会社の様子豆知識

2019.08.05 更新

雪止め|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラスト施工部正村です。 今回は、今の時期にはあまり関係ありませんがスノーネットと スノーストップについてお話いたします。 まずは、スノーネットについてお話いたします。 スノーネットは下の写真のように雪止めアングルの下についている雪止めのネットです。 雪が積もるとこのような感じになります↓ 網状になっていますので雪が絡みついて固まるため 落雪防止になります。 次にスノーストップです。 スノーストップ雪止めの役割わもちろんそれプラス雨樋の積雪破損にも適しています。 スノーストップは下の写真のように少し立ち上がっています。 このような斜度プラス細かい網目で雪が落ちにくく 雨樋の破損防止にも適しています。 最後に、スノーネットよりスノーストップのほうが 雪が落ちにくく雨樋の破損防止にもなるのでスノーストップのほうがおすすめです。 どちらにしようとお悩みの方是非参考にしてください。       ★トラストは長野市で気軽に相談ができる《外壁・屋根塗装ショールーム》を展開しております★  外壁塗装・屋根塗装・雨樋・雨漏り・サイディングなどでお困りの方はお気軽にどうぞ! 優良店・口コミ評判店目指して頑張ります(^^)   【外壁・屋根塗装専門店トラスト】についてはコチラ!   【お問い合わせフォーム】はコチラ!!   【よくある塗装に関するご質問】はこちらにまとめさせていただきました。 【よくあるご質問】はコチラ!!        

続きはコチラ

豆知識

2019.08.02 更新

カラーシミュレーションについて|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラスト 営業部の矢澤です。   私、矢澤は7月から新店舗の篠ノ井店ショールームに勤務することが決定   いたしましたので、このブログにてご報告させていただきます。     さて、今回のブログのテーマは、「カラーシミュレーション」についてです!   皆様、カラーシミュレーションって何かご存知でしょうか??   弊社のカラーシミュレーションとは、   お客様のご自宅外観のお写真が1枚あれば、利用することができます。   専用のソフトを使用し、外壁・屋根・その他付帯部のお色を   自由自在に変更することが可能です!!   既存のお色が単色であってもツートンカラーにお塗り替えできます。    ( 例 外壁の1階と2階で色を変えるなど )   実物のご自宅のお写真をもとにしていますので   塗り替え後の仕上がりイメージを非常につかみやすいと、大好評です♪   <カラーシミュレーション仕上がりイメージ>   <実際の塗装工事後の仕上がり>   特別なことがないかぎり今後10年以上、お塗り替えしたお色の家で過ごすこととなります。   「思っていた色と、ぜんぜん違うじゃん!」   なんてことが万が一にもありませんように、精一杯サポートさせて頂きます!   今回も最後まで、読んでくださりありがとうございました。   ★トラストは長野市で気軽に相談ができる《外壁・屋根塗装ショールーム》を展開しております★  外壁塗装・屋根塗装・雨樋・雨漏り・サイディングなどでお困りの方はお気軽にどうぞ! 優良店・口コミ評判店目指して頑張ります(^^)   【外壁・屋根塗装専門店トラスト】についてはコチラ!   【お問い合わせフォーム】はコチラ!!   【よくある塗装に関するご質問】はこちらにまとめさせていただきました。 【よくあるご質問】はコチラ!!

続きはコチラ

豆知識トラストのこだわり

2019.07.25 更新

中野地調査|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラスト高池です。   今日は、中野市に現地調査に行きました。   今回は、屋根の塗装もいい時期なのですが、建物の北面の雨樋が変形してしまっているので 交換が必要でした。 Y様のお宅は雪の重みによる雨樋が変形してしまっていました。 外れてしまっている個所や、雨樋が外側に広がってしまっていました。 このままの状態ですと、雨樋としての効果が発揮されません。   ただ、雨樋を交換する際は屋根の上からの交換はできません!! 「じゃあ、どうやって交換するの」 足場を設置して工事をする方が確実なのですが、その方法ですと工事期間がかかってしまいます。 そんな場合は、高所作業車を使い交換が可能です。   道幅や交換箇所にもよるんですが…   この方法であれば、工事期間も少なく交換することが可能です。       ★トラストは長野市で気軽に相談ができる《外壁・屋根塗装ショールーム》を展開しております★  外壁塗装・屋根塗装・雨樋・雨漏り・サイディングなどでお困りの方はお気軽にどうぞ! 優良店・口コミ評判店目指して頑張ります(^^)   【外壁・屋根塗装専門店トラスト】についてはコチラ!   【お問い合わせフォーム】はコチラ!!   【よくある塗装に関するご質問】はこちらにまとめさせていただきました。 【よくあるご質問】はコチラ!!        

続きはコチラ

豆知識屋根塗装板金工事

2019.07.22 更新

さびについて 長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラスト施工部主任の酒井です。 今回のブログは サビが発生する原因についてです。鉄部の塗装は、モルタルなどの一般的な外壁材と比べて、耐久性が短いといわれています。 そうしたなか、腐食するスピードの速いサビが発生すると、 塗装してある鉄部にまで一気に広がるほか、鉄自体の強度も弱めてしまいます。   外壁塗装におけるサビが発生する原因 通常、鉄部に塗装を施した状態では「塗膜が覆っている」ため、サビは発生しません。 ただ、経年劣化や地震などにより、塗装に「ひび割れ」などが生じ、鉄部が剥き出しの状態になると、 サビは発生します。 その理由は、剥き出しの鉄部に雨が反応するためです。 サビというのは、雨や湿気による酸素を含んだ「水分と塩分」が、 鉄に触れることで「酸化鉄」になった状態を指します。 また、繁殖力のあるサビを発生させてしまうと、横広がりと鉄の細部(下部)の腐食が同時に進行します。 そのため、まだ塗装されている鉄部の塗料が剥がれ落ちるだけでなく、 放置状態によっては指で押すだけで躯体部分が曲がるケースも珍しくありません。いかがでしたでしょうかサビが発生したら素早い対処が必要ですね!是非鉄部のサビを見てみてください。以上Trust 酒井でした。   塗装工事をお考えの方は、外壁塗装・屋根塗装専門店のトラストまで お問い合わせはコチラ!! <内容に連動した誘導リンクを入れる(事例、メニュー、会要、ショールームなど)>    

続きはコチラ

豆知識

2019.07.22 更新

鉄筋コンクリートを考える~第1話:コンクリートと補強されたコンクリートの話~ 長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラスト施工部です。 (唐突ですが)鉄筋コンクリートを考える ~第1話:コンクリートと補強されたコンクリートの話~ をお届けします。  今回は現代建築に欠かすことのできない材料“コンクリート”について考えてみたいと思います。 まずはコンクリートについて整理しましょう。 コンクリート = セメント + 水 + 細骨材(砂)+ 粗骨材(川砂利や砕石)+ 薬剤(AE減水剤、混和剤など)   ちなみに左官仕上げの外壁などで耳にする“モルタル”は、  セメント + 水 + 細骨材(砂)= モルタル         ≒ コンクリート - 粗骨材 ・・・・つまりモルタルは粗骨材無しのコンクリートで、逆にコンクリートはモルタルに粗骨材などを加えたものということです。 さて、現代建築における「鉄筋コンクリート構造」とはいったい何のことなのでしょうか? それは、 かご状に組まれた鋼材の鉄筋にコンクリートを組み合わせた複合材料による構造システム をさします。 ここで疑問に思ったかもしれません。なぜコンクリートにかご状の鋼材を合わせるのでしょう? 答えはシンプルです。 コンクリートは圧縮力には過不足なく強いのですが、引張力に弱いため引張に有効な鉄筋(鋼材)で補強しているのです。 奇遇にも鋼材とコンクリートは線膨張係数が工学的に等価なので、加熱冷却による伸び縮みの弊害が生じません。 更に鋼材の宿命、酸化によるサビについてはコンクリートがアルカリ性のため、コンクリート内部に埋め込まれた鉄筋は必然的にコンクリートの防錆効果によってサビることがありません。 この様にギブアンドテイクなコンクリートと鋼材の相性の良さからも、鉄筋コンクリート構造の合理性が説明できます。 鉄筋コンクリート構造のことを業界では RC と呼びますが、英(Reinforced Concrete)レインフォースド・コンクリート、これを直訳すると「補強されたコンクリート」になります。     RCラーメン構造     RC壁式構造 画像引用元:日本建築学会HP www.aij.or.jp/jpn/seismj/lecture/lec7.htm 鉄筋(鋼材)によって補強されたコンクリートの構造が現代の鉄筋コンクリート構造なのですが、巷では「鉄筋三階建て・・・」とか「コンクリート造の・・・」のように、肝心なところを忘れた俗称を耳にする事があります。 鉄筋N階建てはさておき、コンクリート造(無筋コンクリート構造)は構造上の制約として圧縮応力のみで設計された別の構造システムになります。 RCの先祖ともいえるこのコンクリート造については、古代ローマにおいて半円アーチの開発により、例の圧縮応力のみの制約を免れました。 コンクリートの起源は紀元前のローマ帝国とされていて、ローマの古代コンクリート“ローマン・コンクリート”はベスビオ火山の麓ポッツォリーニ地方の火山灰から採れる天然のセメントによって作られました。 現存する最古の(無筋)コンクリート構造として、ローマに約1900年前に再建された、半径21.6mの半円アーチの架かるパンテオン(Pantheon)があります。 [caption id="attachment_13019" align="aligncenter" width="325"] パンテオン[/caption] 画像引用元 : www.kamit.jp/17_world/50_pantheon/panthe.htm コンクリートは奥が深いですね。 鉄筋コンクリートを考える ~第1話:コンクリートと補強されたコンクリートの話~ をお届けしました。 ■□次回予告■□ 鉄筋コンクリートを考える ~第2話:2つタイプの鉄筋コンクリート構造~  乞うご期待!   ★トラストは長野市で気軽に相談ができる《外壁・屋根塗装ショールーム》を展開しております★  外壁塗装・屋根塗装・雨樋・雨漏り・サイディングなどでお困りの方はお気軽にどうぞ! 優良店・口コミ評判店目指して頑張ります(^^)   【外壁・屋根塗装専門店トラスト】についてはコチラ!   【お問い合わせフォーム】はコチラ!!   【よくある塗装に関するご質問】はこちらにまとめさせていただきました。 【よくあるご質問】はコチラ!!        

続きはコチラ

豆知識

2019.07.22 更新

一斗缶からエネルギーを考える ~富士通の現場より~ 長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは 施工部新人の島田です。 入社式から数えて一ヶ月が経ちました。 仕事も板にこそ付きませんがおおよその流れが見えてきました。 皆様、連休はいかがお過ごしになりましたか。 自身で働くようになってから、休日の本当のありがたみを覚える今日この頃です。 さて今回は、(唐突ですけど)仕事とエネルギーについて業界ではメジャーな一斗缶を例に揚げて考えていきたいと思います。 エネルギーというと・・・・石油資源であったり、広義な意味ではエコロジーが連想されるかもしれません。 しかしながら今回は一斗缶で考える仕事です。 感のいい人は既にお察しかもしれません。 そうです。今回のテーマは物理学です。 まず、仕事とは何か?   W = F・s  ここに、W:仕事 [J]   F:力 [N]   s:行程 [m]  このように仕事は、力とその力による作用方向の移動距離の積であると言えます。 仕事の単位に注目すると[N・m]ではなくジュール[J]になっていることに気がつきます。 つまり、仕事はエネルギーということです。 <<例題>> [caption id="attachment_12283" align="alignleft" width="300"] 一斗缶[/caption]               塗料(ネタ)の詰まった一斗缶(NET)15kgを、富士通の足場の最上部に相当する20mの垂直運搬に要する重力による位置エネルギーEpを求めよ 次に当該算出エネルギーを1[cal]≒4.2[J]によって単位変換せよ Ep = F s = m g h より Ep=15×9.8×20=2940[J] 1[cal]≒4.2[J]から Ep'=2940/4.2=700[cal]  ※結論※  一斗缶を20メートル垂直運搬すると、0.700キロカロリーの運動(2.94キロジュールの仕事)に相当する。   ★トラストは長野市で気軽に相談ができる《外壁・屋根塗装ショールーム》を展開しております★  外壁塗装・屋根塗装・雨樋・雨漏り・サイディングなどでお困りの方はお気軽にどうぞ! 優良店・口コミ評判店目指して頑張ります(^^)   【外壁・屋根塗装専門店トラスト】についてはコチラ!   【お問い合わせフォーム】はコチラ!!   【よくある塗装に関するご質問】はこちらにまとめさせていただきました。 【よくあるご質問】はコチラ!!        

続きはコチラ

活動日誌豆知識

2019.07.21 更新

太陽光による夏季の熱負荷を考える 屋根面への日射と反射・遮熱塗装の勧め|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラスト、施工部島田です。 梅雨も明けていよいよ真夏がやってきましたね。 外に出れば30度を超える気温の暑さや蒸し暑さもさることながら、肌にじりじりと刺す日差しの暑さも気にかかるとこでしょう。 今回はその日差しについて、つまり“日射熱”に着目してみたいと思います。  まずは一般住宅などの建築物を想定します。 この時、太陽から発せられる日射熱を強く受ける部分は、東壁面、南壁面、西壁面、そして屋根です。 日の出から日没までの間に、壁面への日射は東から南へ西へとピークが移ろいでゆきます。 しかしながら屋根に至っては、日中は常に日射を受ける事が想像できます。 つまり屋根は、日射熱の主な入口であるといえます。 このことは二階建て住宅を例に揚げると次のように説明ができます。 ◆窓や戸などの開口部を完全に締切った室内では、日中は2階より1階の方が室温が低い ⇒二階建て家屋の2階室の場合、日中絶えず屋根に照射され続ける日射熱は、屋根裏の僅かな空間を貫いて2階室へ侵入します。1階室が2階室より日射熱の影響を受けにくい理由は、1階室が日射熱の入口である屋根と距離が離れているためです。 少し古い情報になりますが、月平均の日射量(1日(24h)あたりの全天日射量)マップを用意しました。    画像引用元:http://app0.infoc.nedo.go.jp/colormap/colormap.html 夏季8月と冬季12月を比べると、その差は倍以上の地域が大多数を占めています。 日射によって夏季の屋根は、特にシビアな環境であることが分かります。 夏季の屋根への日射量についてはおおよその見当がついたと思います。 では、日射熱の入口である屋根に対して、 Q:塗装工事を通して具体的にどのような対策ができるのかというと・・・ A:日射熱の入口を狭くする事が可能です 入口を狭くするとはどういう意味でしょうか? 日射(熱)すなわち日光は、赤外線や可視光線、紫外線、・・・など様々な周波数帯成分が混ざった電磁波です。 日射が物体に照射されると、日射のエネルギーの一部が物体に吸収されます。 特に吸収されやすい、波長の長い赤外線成分が物質の熱運動へと変換され熱になります。 この時、日射のエネルギーの一部は吸収されますが、エネルギーの全てが吸収されることはありません。 それは“反射”が起こるためです。 (前置きが長くなりましたが)日射熱の入口を狭くする塗装の意味は、 遮熱塗料によってより多く反射させることで日射熱の侵入を減らす   ものになります。 トラストでは屋根の遮熱塗装ほかにも、外壁の遮熱塗装も用意しております。 お気軽にご相談下さい   ★トラストは長野市で気軽に相談ができる《外壁・屋根塗装ショールーム》を展開しております★  外壁塗装・屋根塗装・雨樋・雨漏り・サイディングなどでお困りの方はお気軽にどうぞ! 優良店・口コミ評判店目指して頑張ります(^^)   【外壁・屋根塗装専門店トラスト】についてはコチラ!   【お問い合わせフォーム】はコチラ!!   【よくある塗装に関するご質問】はこちらにまとめさせていただきました。 【よくあるご質問】はコチラ!!        

続きはコチラ

豆知識外壁塗装屋根塗装

1 / 1412345...10...最後 »

代表からのメッセージ

株式会社トラスト

代表取締役社長 濱口 祐樹

分かりやすい!選びやすい!相談しやすい!
そんな塗装専門店を目指して。

豆知識での外壁・屋根塗装をご検討なら、ぜひ株式会社トラストにご相談ください!

皆様こんにちは。トラスト代表の濱口と申します。
当サイトをご覧いただきありがとうございます。

まだまだ塗装業界はわかりづらく、買いにくい業者が多く、不安と感じられる方が多い状態です。

そんな業界に一石を投じることができればとトラストは創業しました。
「わかりやすい!買いやすい!安心!」を目指し、さまざまな独自の取り組みを行っております。
自社職人・最長12年保証・専門ショールーム・お客様アンケートなどはその一例です。

トラストとは「信用・信頼」の意味であり、お客様に喜んでいただくことが私たちの使命です
ご不明な点やご相談など、どうぞ安心してお問い合わせください。
真心をこめて対応させて頂きます。

皆様のお越しをお待ちしております!!

外壁塗装・屋根塗装工事 対応エリア

エリア地図
長野県北信地域対応!お気軽にお問い合わせ下さい!

長野市・須坂市・千曲市・高山村・小布施町・飯綱町・信濃町・中野市・山ノ内町・飯山市

※営業エリア外のお客様でも柔軟に対応いたしますのでお気軽にご相談ください。

他社とはココが違う!!長野県長野市で トラスト選ばれる理由。 REASON

満足度97.7%! お客様の「本当の声」をお伝えします!

※7段階評価「感動・大変良い・良い・ふつう・やや不満・不満・落胆」で「良い」以上の評価を下さったお客様の数。

アンケート総合結果

  • 感動15.6
  • 大変良い61.4
  • 良い20.7
  • ふつう2.0
  • やや不満0.2
  • 不満0.1
  • 落胆0.0
チラシ・HPでも公開しない必読の情報満載 塗装をする前に是非ご一読ください! トラストが長年蓄積した塗装のイロハ 資料請求はこちら

トラスト活動ブログ

株式会社トラストのCM動画 株式会社トラストの元気な朝礼

北信地域密着の トラストです

会社名の「トラスト」とは「信用・信頼」という意味です。仕事を繰り返し頼んでいただける会社、安心して一生付き合えるパートナーのような会社を目指します。

  • 見積無料
  • 相談無料

まずは相談してみる

0120-82-2000受付時間 9:00-17:30
年中無休
※GW・お盆・年末年始除く

メールでご相談

お色の色選びで迷ったら…カラーシミュレーション

お客様の声

スタッフ紹介

北信の住宅塗装は
私達にお任せ下さい!

施工エリア

トラストは長野県北信地域を中心に塗装リフォームサービスを展開しています。

施工エリア図

長野県北信地域対応

長野市・須坂市・千曲市・高山村・小布施町・飯綱町・信濃町・中野市・山ノ内町・飯山市

※営業エリア外のお客様でも柔軟に対応いたしますのでお気軽にご相談ください。

  • 各種クレジットカード・電子決済をご利用下さい!