MENU

長野の外壁・屋根塗装専門店トラスト 品質にこだわりを持った塗装工事

メールでお問い合わせ

見積り特典Quoカードプレゼント

026-222-10779:00-17:30
年中無休 ※GW・お盆・年末年始除く

活動ブログ - 豆知識 塗装に関する豆知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 活動ブログ > 豆知識

豆知識の記事一覧

トラストの日々の活動を見てください!

2018.06.22 更新

長野市で現地調査に行きました。|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラスト高池です。   今回は長野市稲里町のM様のお宅に現地調査に行きました。 屋根塗装予定のお客様です。   屋根材はスレート(コロニアル)でした。 行ってみるとお隣との境界が近いお宅でした。 スレート屋根の場合屋根塗装の際の 下処理の洗浄の際に苔や汚れが待ってしまうことがあります。 その為、隣の家に汚れが飛んでしまわないように足場を建てることがあります。 お客様にはなぜ足場を建てるのかをきちんと説明させていただきます。 ご予算・ご要望あったお見積りをさせていただくために しっかりと現地調査はさせていただいています。   現地調査を始めてみるとビックリする事が!!   M様のお宅ではスレートにクラックが多く見られました。 スレート屋根の場合クラックの発生は起きることなのですが 屋根材が横方向に割れてしまう層間剝離が起きていました。 層間剝離とはミルフィーユの層みたいに剥離してしまうことです。   スレートコロニアルは品質がバラバラなんですよ!! この様になってきてしまうと塗装をするよりも張り替えをお勧めします。 塗装によって延命処置は可能ですが長い目で見ると表面を塗装よりも張り替えの方が長持ちします。   お客まさに満足していただけるようご提案させていただきます。       塗装工事をお考えの方は、外壁塗装・屋根塗装専門店のトラストまで お問い合わせはコチラ!!      

続きはコチラ

活動日誌豆知識

2018.06.09 更新

塗膜の剥がれはなぜ起こるのか??|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラスト施工管理若杉です。 先日、以前からのお客様からお声をかけていただきお伺いさせていただきました。 すると・・・ ベランダ鉄柵の塗膜が剥がれ、かなりの錆が発生しています。 なぜこのような塗膜の剥がれが発生してしまうのでしょうか? 原因は様々ですが、今まで何度も塗り替えているそうなので ・塗り重ねた塗膜が厚くなりすぎている ・前回(前々回?)塗った際の研磨、清掃処理が不十分だった 事が主な原因かと思われます。 今回は、 電動工具で出来る限り剥がれ除去・研磨 塗膜が厚くなりすぎている部分を叩いて除去 その後いつものように3回塗りで仕上げました。 今回は鉄柵塗装で美観が主な目的でしたが、トタン屋根の場合はそうはいきません。 塗膜の剥がれ、錆びは雨漏りに直結します。 密着が著しく悪い場合は このように特殊な工具で全ての塗膜を剥離する場合もあります。 塗膜の剥がれは赤信号! 塗替えのサインです!   塗装工事をお考えの方は、外壁塗装・屋根塗装専門店のトラストまで お問い合わせはコチラ!!    

続きはコチラ

活動日誌豆知識トラストのこだわり鉄部

2018.05.27 更新

外壁塗装について|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラスト湯本です。 歴史的建造物はほぼ木造建築でできておりますが、なぜ1000年を経過しても 残っているのでしょうか? これらは、いかに木部に雨水等を当てないかが重要です。 ではどのように雨を当てないか 重要なのは軒の出です。建物の高さが高くなれば軒の出も長くし、柱や外壁に雨水等が 掛からないように三重の等、五重塔など軒を迫り出す構造体を構成し雨水から守って きました。 ですが、現在の住宅家屋では五重塔のような建物を作るのは非常に難しいですね。 では現在、いかにして雨水などから建物を守っていけばよいのでしょうか? 現在の建物においては、雨水だけでなく外部や内部からの結露も考えなければなりません。 一般的に木材の含水率が30%を超えると、腐れの危険度がたかくなり、シロアリの被害にも つながっていく可能性があります。 酸素、湿度、水の三要素のより木が腐ります。 この内の一要素が欠けるだけで腐りの発生を制御できます。 この三要素の中で技術的に防ぐことが出来るのは、水を掛けない事です。 その為には、外壁の仕上げ材の撥水を良くし、構造内へ雨水等が入らないように コーキングを充填いたします。万が一外壁から雨水等が侵入しても防水紙や通気工法により 雨水等を外部に排出させます。 このようなことから、外壁塗装は単に美的だけでなく、お家を守るための大変重要な 機能性を果たしております。   塗装工事をお考えの方は、外壁塗装・屋根塗装専門店のトラストまで お問い合わせはコチラ!!      

続きはコチラ

豆知識

2018.05.24 更新

築15年で屋根の交換!?|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラスト船田です。 先日現地調査をさせていただいたお宅の屋根について紹介したいと思います。 そのお宅は築で15年の建物でスレート屋根の建物です。いつものように上ってみました。 2階大屋根です。 築15年のスレート屋根でしたらほとんど塗装によるメンテナンスが可能です。 しかし、今回のスレート屋根はよく確認すると    屋根材の層間剝離が発生し、複数の箇所で欠損が見られました。恐らくニチハのパミールという商品になると思われます。 1階の下屋根が北側にあったのですが、そちら側はさらに損傷が大きく、     屋根材本体に細かなクラックが無数に発生し、欠損などの損傷が見受けられました。 軽微なクラックは補修が可能ですが、層間剝離などが発生すると、屋根材本体の強度が下がり、塗装によるメンテナンスは難しくなります。 ちなみに層間剝離とは圧縮成形された屋根材の結合が弱まり、ミルフィーユ状に各層が分離し、はがれてしまう症状を言います。 スレート屋根の下には防水シート(ルーフィング)がありますのですぐに雨漏りにつながるわけではありませんが、この先まだまだ住まわれることを考えると屋根材の交換でご提案したいと思います。 築年数が浅くても特定の屋根材では塗装が困難なケースもあります。 弊社では塗装だけでなく、板金対応も可能です。お困りのことがありましたらお気軽にお問い合わせください。   屋根塗装工事をお考えの方は、外壁塗装・屋根塗装専門店のトラストまで お問い合わせはコチラ!!  

続きはコチラ

活動日誌豆知識

2018.05.15 更新

太陽光パネル設置と屋根塗装について|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラスト増田です。   長野市中越で、屋根塗装をお考えでソーラーパネルが設置されているのお客様の 現地調査をさせていただきました。   通常、太陽光パネル(モジュール)が設置してある屋根の塗装は、 太陽光パネルは取外さずに、ビニールの養生をして、塗料が付かないようにして パネルが設置されていない部分を塗装します。 パネルを取り外して屋根に塗装することは可能ですが、 一度取り外すと、雨漏りの原因や、発電効率が悪くなったり、メーカーによっては保証の問題などが発生する可能性があります。 そして何より、設置した専門業者等に依頼しなくてはならず、コストがかなりかかってしまいます。   よって、設置箇所を後から塗装することは現実的ではありません。 パネル設置業者が塗装のことをよく分かっていないケースも頻繁にあります。   築年数にもよりますがこれから設置をお考えの方は、 太陽光パネルの設置前に塗装を済ませておくのが無難でしょう。   長野市の屋根塗装施工事例はコチラ! 塗装工事をお考えの方は、外壁塗装・屋根塗装専門店のトラストまで お問い合わせはコチラ!!      

続きはコチラ

活動日誌豆知識

2018.05.09 更新

折板屋根の雨樋について|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラスト湯本です。 今回は長野市松代のお客様の雨樋の劣化についてお話いたします。   築20年程のお宅で雨樋に穴が空いてしまったとの事で現地調査に行ってまいりました。 折板屋根についている雨樋です。 非常にしっかりと取付けられ外からはなんの異常も見受けられないようにみえます。 では実際に屋根に上がり雨樋の中を見てみました。 3日ほど前に雨が降りましたが、その後は晴天も続いて当日も良いお天気でした。 にもかかわらず雨水が溜まり雨樋から排水されていない状況でした。 また、長年の汚れもたまっている為、雨樋の底にさびの進行も見受けられました。   ではなぜ雨水が排水されないのか? 一般的な住宅では雨水が溜まらないように勾配をとるのが通常ですが、当時の折板屋根に 取り付ける雨樋は勾配を付けず雨樋を水平に取付けが一般的でした。 その為、長年の汚れや雨水の影響でサビが生じ鉄板に穴が空いてしまう事になります。   現在では勾配を調整できる金具があり、基材も厚くなっている為、汚れや雨水が溜まりにくく 雨樋に穴があいたりする心配はなくなりました。 現在、足場をかけ雨樋の交換を行っております。 普段中々気が付かない箇所ですが、雪の影響による雨樋の変形やつまりの異常などみうけられましたら、早めの点検をおすすめいたします。   雨樋などでお困りの方も、外壁塗装・屋根塗装専門店のトラストまで 長野市トラストの雨樋交換はコチラ! お問い合わせはコチラ!!      

続きはコチラ

活動日誌豆知識板金工事

2018.04.28 更新

その模様消してしまうんですか??サイディングクリヤ塗装のススメ|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラスト船田です。   先日ショールームにご来店いただいたお客様がこのようなことを言っておられました。   「家の外壁を塗った方がいい時期に来ていると思うのだが、色を塗ると壁の模様が消えてしまうので躊躇している。」   そんな方にピッタリの塗料がありますよ♪♪   ≪- 高意匠サイディング用クリヤ -≫   最近どんどん増えている多色刷りのサイディング。 あまり意識されることはないかもしれませんが、最近のサイディングパネルは印刷技術の進歩によって複数の色を塗装しいろいろな表情を作ることができるようになってきています。質感が高いため塗装メンテナンスは必要ないと思っておられる方も多いです。   中には表面に高耐候な塗装がしてあるため20年先まで塗装しなくても大丈夫というものもありますが、大半はメンテナンスが必要な外壁材になります。   通常の塗り替えの場合は単色で塗装するわけですが、そうするとせっかくの質感が台無しになってしまいます。 そんな多色刷りのサイディングの意匠をそのまま保護できる塗料が ≪高意匠サイディング用クリヤー≫ になります。UVプロテクトクリヤ(日本ペイント)、クリーンSDトップ(エスケー化研)、SBライズコートスマイル(大日本塗料)、パワーアシストクリヤー(水谷ペイント)などが有名だと思います。   最近はそれ以外のメーカー様でも商品化がされていますが、クリヤー塗料にもウレタン系、シリコン系、フッ素系などの種類があり、値段も耐候性も異なりますので選択の際には注意が必要です。   また、目地コーキング上は塗装不可になっている塗料が多いのでコーキングの色や、塗料の耐候性を上げる場合はコーキングの耐候性も考慮する必要があります。   サイディングメーカーカタログではクリヤ塗装は8年~10年程度の劣化の少ない時期に塗装することを推奨しています。 クリヤ塗料の特性上、塗膜の剥離やクラック、退色などが広範囲で見られる場合は補修跡を隠蔽しきれず仕上りが悪くなってしまうからです。   せっかく気に入って選んだ外壁の柄などをきれいな状態で長く維持されたい場合は傷みの少ない状態でのクリヤ塗装をお勧めいたします!! <クリヤ塗装の施工中の様子などはコチラ>   塗装工事をお考えの方は、外壁塗装・屋根塗装専門店のトラストまで お問い合わせはコチラ!!      

続きはコチラ

豆知識

2018.04.22 更新

窯業サイデイングについて|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラスト湯本です。 窯業サイデイングは1960年代に誕生し、現在では新築住宅のシェアの約6割から7割を 占めているほど多く使用されております。 品質管理された工場で作られている為、品質が安定し施工も早く、表面のパターンも 多種多様で、木目、レンガ、石目など様々あります。 また塗装した製品と無塗装板も選ぶことができます。 無塗装板は好みのお色や塗装をグレードアップする事もできます。 施工方法は通気工法が主流で胴縁にサイデイング表面から釘打ちする方法と 表面に見えない金物で留める方法があり、サイデイング板同士の目地には コーキング剤を用いて仕上げます。 先に申し上げた、窯業サイデイングは10年を超えるとチョーキング現象(塗料の粉化) コーキングの劣化、ひび割れなど様々な劣化が出てきます。 チョーキング現象は表面の塗膜の劣化ですので、防水性が低下し雨水等の影響で 劣化が進行していきます。 コーキングの劣化も同様に雨水等の影響でひび割れや反りなどの原因になります。 サイデイングの劣化だけなら塗り替えなどでメンテナンスできますが、劣化が進行していくと躯体内の木材の劣化の原因となります。 躯体内の木材まで劣化が進行してしてしまうと、高額なメンテナンス費用がかかる場合が ございます。 そうなる前にプロの外壁の診断とメンテナンスをいたしましょう。     塗装工事をお考えの方は、外壁塗装・屋根塗装専門店のトラストまで お問い合わせはコチラ!!    

続きはコチラ

豆知識

2018.04.06 更新

養生について|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは!長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラスト施工部の和田です。 今日は養生について少しご紹介したいと思います。 養生とはマスカーというビニールなどを使い、塗らないところを覆う作業です。 具体的には、サッシ(窓)・玄関のドア・エアコンの室外機・床などを汚れないようにする必要があります。 縦の雨樋なども工程により覆っていきます。   ↓これがマスカーです。(ビニールの端にガムテープが付ている養生用品です。) 養生が塗る前のとっても大切な作業で、ここが不足していて汚してしまうと、 当然、後の掃除が大変になってしまいます!   ここまで聞いて簡単そうに思った割れたかもしれませんが!!! これがなかなか難しいんです!! 覆ってはいけないところや玄関のドアは「開くように養生」したり、剥がす時に取りやすいように注意もしないといけません。   僕はまだ二年目なので毎回苦戦しています。(汗) 先輩方は僕よりもずっと早いスピードで綺麗に養生します! 憧れちゃいますね(^^)   最後になりましたが、 塗装って結構細かい作業が多く、実は繊細な仕事だと思います! 一見分からないような細かな仕事が長持ちや仕上がりに繋がるんです!   さて、明日も頑張って現場を進めていきたいと思います!! ありがとうございました。   長野の外壁塗装の施工事例はコチラ!!   塗装工事をお考えの方は、外壁塗装・屋根塗装専門店のトラストまで お問合せはコチラ!!      

続きはコチラ

豆知識

2018.04.02 更新

最近の屋根塗装は・・・|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラスト施工部の小林です。   私は塗装の業界で職人として、20年以上やって来ました。 一級塗装技能士の資格も取得しています。   今の塗装は、昔よりかなりレベルが上がりました。 昔の屋根塗装は、全部ハケ塗りでした。   今はローラー塗りが常識になります。(もちろん細部などにはハケも使います。) ハケ塗りの刷毛はムラが多く屋根の傷みが疎らになります。   ローラー塗りは、ムラが無く均等にペンキが塗れて厚みが付けやすいので長持ちします。 あと、屋根のペンキ(塗料)も良い物が出て来ました。 昔はアクリル樹脂塗料を使用し、5年位で傷みましたが 今のシリコン樹脂塗料は8〜10年位長持ちします。 (もちろんきちんとした施工が前提です。)   最近ではフッ素塗料や無機系塗料など更に長持ちするものも出てきました。 この先、まだまだ道具・塗料の開発と進化を期待しています!   外壁塗装・屋根塗装専門店トラストのオススメ塗装メニューはコチラ!   塗装工事をお考えの方は、トラストまでどうぞ! お問い合わせはコチラ!!      

続きはコチラ

豆知識

2018.02.23 更新

外壁モルタルについて|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラスト湯本です。 外壁の仕上げについてお話いたします。 外壁仕上げ工法の種類は大きく分けて2種類ございます。 湿式工法と乾式工法があります。 まず、湿式工法についてですが文字通り湿らせて工事を行う工法です。 モルタル壁やしっくい壁などが代表的です。 モルタル塗りに関しましては下地にラス(鉄網)を留め付け、水とセメント、砂を混ぜ合わした モルタルを塗る工法です。 モルタル上塗りの表面は主に塗装で仕上げます。ローラー仕上げや吹き付けなどを用い様々な表情を出すことができます。  適正な工法(下塗り4~9mm・むら直し0~9mm・中塗り6mm・上塗り6mm)調合(セメント:砂=1:2.5~3)により適正な厚み(20mm以上)を付けないと大きなクラック(ひび割れ)の原因につながる恐れがあります。   耐久性に優れ、防火性能も高い素材ですが、5年から10年を過ぎてきますと、表面塗装の防水性の低下、経年劣化や地震などによるひび割れなどがでてきますので、メンテナンスが必要となります。 特にひび割れは躯体の下地材の腐食や雨漏れ等の原因になる場合がございますので注意が必要です。   サッシ下等、雨水による影響で塗膜の剥がれの原因になります。 ひび割れの補修方法、メンテナンスサイクルに合わせた塗料選びなど様々ございますので、 専門家の適正な外壁診断・点検をおこない、大切なお家のメンテナンスをいたしましょう。   塗装工事をお考えの方は、外壁塗装・屋根塗装専門店のトラストまで お問い合わせはコチラ!!        

続きはコチラ

豆知識外壁塗装

2018.02.11 更新

塗装工事の保証書とは??|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト、施工管理の若杉です。 今回は塗装工事の「保証書」のお話です。 皆さんは塗装工事の保証書がどんなものかご存知でしょうか? これは弊社で発行している保証書(例)です。 これは「トラスト」が独自に発行している保証書です。   塗装工事の保証書は大きく分けて以下の2種類の保証があります。 ・塗料メーカーが保証を付ける場合 ・塗装店が独自に保証を付ける場合 塗料メーカーが付ける保証は安心感がありますね。 車や家電製品の保証と同じです。 ただしデメリットもあります。 塗装工事は「現場で作り上げるもの」なので、現場の環境・施工方法・使用材料等によってメーカー保証が難しい場合が多いのが現状です。   では、塗装店の保証が付いていれば安心なのか? ここにも問題はあります。 例えば ・適当な保証を付けて、いざという時に対応してくれない。 ・5年保証が付いていたが、3年後には倒産していた。 のようなこともあります。   「トラスト」保証書は、担当営業・施工管理(監督)・作業責任者(作業員のリーダー)によって作成されます。 まず営業担当が細部まで現場調査を行い、 現場では、作業責任者と施工管理の2重の目で各工程のチェックを行います。 クラック補修は適切か?ケレン処理はしっかり行われているか? 塗り回数は間違いないか?材料の希釈具合は適切か?塗り残しはないか?  などなど、多くのチェックを乗り越え完工となります。 完工後、各工程の施工写真と共に保証書を作成し提出させていただきます。 同じ現場はひとつもないので、そのお客様だけの保証書となります。 ただし!・屋根の雪下ろしスコップで穴空いちゃった・駐車失敗で外壁・雨樋がへこんじゃった・地震で壁にひびが入った・あらかじめ保証できないと言われていた箇所などは、保証対象外(有償工事)となってしまいますので気を付けてくださいね。   私たちトラストは地域密着の塗装専門店です。 「すぐに色褪せてしまった」「剥がれがひどい」等の施工不良が起こると非常に悔しいですし、手直しするのは自分なのでそうならないよう全ての現場に全力で取り組んでいます。 ただ、人間であるがゆえの見落としや現場の特殊状況により、まれに不具合が起こってしまうことも正直に申し上げるとあります。 保証書とは、「トラスト品質の自信」であり「お客様に安心してもらうための証明書」だと思っております。 万が一のことがあればすぐに駆け付けますのでご安心を。     塗装工事をお考えの方は、外壁塗装・屋根塗装専門店のトラストまで お問い合わせはコチラ!!

続きはコチラ

豆知識トラストのこだわり

1 / 912345...最後 »

代表からのメッセージ

株式会社トラスト

代表取締役社長 濱口 祐樹

心から安心して頼める塗装専門店として
品質・サービスにこだわり続けます!

豆知識での外壁・屋根塗装をご検討なら、ぜひ株式会社トラストにご相談ください!

皆様こんにちは。トラスト代表の濱口と申します。
弊社は「塗装専門店」として長野市母袋で創業し11年になります。地域の皆様に可愛がっていただき成長してくることができました。本当にありがとうございます。
塗装業界は未成熟でバラツキも多く、本当に分かりにくい業界です。情報や業者が溢れ、「どこに頼んだらいいのか分からない。」とおっしゃる方に多くお会いします。
弊社は専門店です。心から安心して頼める店を目指し「品質・サービス」を徹底的にこだわり続けてきました。自社職人・自社試験・お客様アンケート・ショールームなどもその一環に過ぎません。
トラストとは「信用・信頼」の意味です。「社名通りだね!」と言われることが私たちの誇りです。

皆様のお越しをお待ちしております!!

  • トラスト外壁塗装・屋根塗装専門ショールーム

    • 外壁塗装・屋根塗装専門ショールーム
    • 外壁塗装・屋根塗装専門ショールーム

    〒380-0914 長野県長野市稲葉母袋 696-4 オフィスYAビル1F

    TEL:026-222-1077 FAX:026-222-1078

外壁塗装・屋根塗装工事 対応エリア

エリア地図
長野県北信地域対応!お気軽にお問い合わせ下さい!

長野市・須坂市・千曲市・高山村・小布施町・飯綱町・信濃町・中野市・山ノ内町・飯山市

※営業エリア外のお客様でも柔軟に対応いたしますのでお気軽にご相談ください。

チラシ・HPでも公開しない必読の情報満載 塗装をする前に是非ご一読ください! トラストが長年蓄積した塗装のイロハ 資料請求はこちら

トラスト活動ブログ

株式会社トラストのCM動画 株式会社トラストの元気な朝礼

北信地域密着の トラストです

会社名の「トラスト」とは「信用・信頼」という意味です。仕事を繰り返し頼んでいただける会社、安心して一生付き合えるパートナーのような会社を目指します。

  • 見積無料
  • 相談無料

まずは相談してみる

026-222-1077受付時間 9:00-17:30
年中無休 ※GW・お盆・年末年始除く

メールでご相談

お色の色選びで迷ったら…カラーシミュレーション

お客様の声

スタッフ紹介

北信の住宅塗装は
私達にお任せ下さい!

施工エリア

トラストは長野県北信地域を中心に塗装リフォームサービスを展開しています。

施工エリア図

長野県北信地域対応

長野市・須坂市・千曲市・高山村・小布施町・飯綱町・信濃町・中野市・山ノ内町・飯山市

※営業エリア外のお客様でも柔軟に対応いたしますのでお気軽にご相談ください。