MENU CLOSE

長野の外壁・屋根塗装専門店トラスト 品質にこだわりを持った塗装工事

見積り特典Quoカードプレゼント

0120-82-20009:00-17:30
年中無休
※GW・お盆・年末年始除く

活動ブログ - 豆知識 塗装に関する豆知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 活動ブログ > 豆知識

豆知識の記事一覧

トラストの日々の活動を見てください!

2019.07.21 更新

太陽光による夏季の熱負荷を考える 屋根面への日射と反射・遮熱塗装の勧め|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラスト、施工部島田です。 梅雨も明けていよいよ真夏がやってきましたね。 外に出れば30度を超える気温の暑さや蒸し暑さもさることながら、肌にじりじりと刺す日差しの暑さも気にかかるとこでしょう。 今回はその日差しについて、つまり“日射熱”に着目してみたいと思います。  まずは一般住宅などの建築物を想定します。 この時、太陽から発せられる日射熱を強く受ける部分は、東壁面、南壁面、西壁面、そして屋根です。 日の出から日没までの間に、壁面への日射は東から南へ西へとピークが移ろいでゆきます。 しかしながら屋根に至っては、日中は常に日射を受ける事が想像できます。 つまり屋根は、日射熱の主な入口であるといえます。 このことは二階建て住宅を例に揚げると次のように説明ができます。 ◆窓や戸などの開口部を完全に締切った室内では、日中は2階より1階の方が室温が低い ⇒二階建て家屋の2階室の場合、日中絶えず屋根に照射され続ける日射熱は、屋根裏の僅かな空間を貫いて2階室へ侵入します。1階室が2階室より日射熱の影響を受けにくい理由は、1階室が日射熱の入口である屋根と距離が離れているためです。 少し古い情報になりますが、月平均の日射量(1日(24h)あたりの全天日射量)マップを用意しました。    画像引用元:http://app0.infoc.nedo.go.jp/colormap/colormap.html 夏季8月と冬季12月を比べると、その差は倍以上の地域が大多数を占めています。 日射によって夏季の屋根は、特にシビアな環境であることが分かります。 夏季の屋根への日射量についてはおおよその見当がついたと思います。 では、日射熱の入口である屋根に対して、 Q:塗装工事を通して具体的にどのような対策ができるのかというと・・・ A:日射熱の入口を狭くする事が可能です 入口を狭くするとはどういう意味でしょうか? 日射(熱)すなわち日光は、赤外線や可視光線、紫外線、・・・など様々な周波数帯成分が混ざった電磁波です。 日射が物体に照射されると、日射のエネルギーの一部が物体に吸収されます。 特に吸収されやすい、波長の長い赤外線成分が物質の熱運動へと変換され熱になります。 この時、日射のエネルギーの一部は吸収されますが、エネルギーの全てが吸収されることはありません。 それは“反射”が起こるためです。 (前置きが長くなりましたが)日射熱の入口を狭くする塗装の意味は、 遮熱塗料によってより多く反射させることで日射熱の侵入を減らす   ものになります。 トラストでは屋根の遮熱塗装ほかにも、外壁の遮熱塗装も用意しております。 お気軽にご相談下さい   ★トラストは長野市で気軽に相談ができる《外壁・屋根塗装ショールーム》を展開しております★  外壁塗装・屋根塗装・雨樋・雨漏り・サイディングなどでお困りの方はお気軽にどうぞ! 優良店・口コミ評判店目指して頑張ります(^^)   【外壁・屋根塗装専門店トラスト】についてはコチラ!   【お問い合わせフォーム】はコチラ!!   【よくある塗装に関するご質問】はこちらにまとめさせていただきました。 【よくあるご質問】はコチラ!!        

続きはコチラ

豆知識外壁塗装屋根塗装

2019.07.01 更新

高所作業車を使用しての塗装|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラスト増田です。 令和になって早2ヵ月、いかがお過ごしでしょうか? 今回は、高所作業車を使用しての塗装についてお話しさせていただきます。   屋根が急勾配などの場合、安全性を考え転落防止・屋根足場の設置、 もしくは下記の写真のような高所作業車を使用して塗装工事をさせていただく 場合がございます。   しかし先日、調査依頼いただいた外灯鉄柱は、上記の様なタイプの作業車が 立入ることが出来ないところに建っていました。しかも高さ6m、なかなかの高さです。 そこで、狭いところでも通行できる、小型の昇降型の高所作業車での お見積りで提案させていただきました。これで高さの問題もクリアできます。   当たり前ですが運転・操縦するのには、資格が必要です。 高所作業車技能講習を受け、合格しないと使用できません。   実は私、営業ではありますが、この資格を持っていて、 昇降型作業車をよく運転し作業していました。 しかし、現場を離れてだいぶたっていますので、ブランクがあります。 施工部の者で、有資格者が作業いたしますのでご安心ください。       ★トラストは長野市で気軽に相談ができる《外壁・屋根塗装ショールーム》を展開しております★  外壁塗装・屋根塗装・雨樋・雨漏り・サイディングなどでお困りの方はお気軽にどうぞ! 優良店・口コミ評判店目指して頑張ります(^^)   【外壁・屋根塗装専門店トラスト】についてはコチラ!   【お問い合わせフォーム】はコチラ!!   【よくある塗装に関するご質問】はこちらにまとめさせていただきました。 【よくあるご質問】はコチラ!!        

続きはコチラ

活動日誌豆知識

2019.06.18 更新

モニエル瓦の塗装について ~施工編~|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラスト小山です。   前回に引き続きモニエル瓦(乾式洋瓦)の塗装についてになります。   今回は施工での注意事項になります。   前回にお話しさせていただいた様に、モニエル瓦は一番下のセメント層の上にスラリー層(着色剤)、表面に透明な塗装がされている作りになっています。     塗装を行う際にこのスラリー層を綺麗に取り除き行うことが必要になります。 なぜその必要があるのかと言いますと、劣化したスラリー層はとても剥がれやすくなっているのでその劣化したスラリー層の上にどんなに良い塗装を行っても剥がれしまう危険性が高いからです。   なのでトラストでは劣化したスラリー層をしっかりと取り除く為に 下地処理 に、より力をいれて施工を行います。   まず、業務用の高圧洗浄機でさらに強いトルネードノズルというものを使いゆっくりと丁寧に洗浄作業を行います。             高圧洗浄を行った後、さらに手作業で残っているコケや鉄部をサンドペーパーやワイヤーブラシを使って下地処理を行います。       モニエル瓦はこの様なしっかりと下地処理を行うことが塗装する上でとても重要になってきますので皆様をお気を付けください。   ★トラストは長野市で気軽に相談ができる《外壁・屋根塗装ショールーム》を展開しております★  外壁塗装・屋根塗装・雨樋・雨漏り・サイディングなどでお困りの方はお気軽にどうぞ! 優良店・口コミ評判店目指して頑張ります(^^)   【外壁・屋根塗装専門店トラスト】についてはコチラ!   【お問い合わせフォーム】はコチラ!!   【よくある塗装に関するご質問】はこちらにまとめさせていただきました。 【よくあるご質問】はコチラ!!        

続きはコチラ

豆知識

2019.06.02 更新

上田市菅平別荘塗装②|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラスト施工管理若杉です。 前回のブログ 別荘塗装① に引き続きご紹介させていただきます。   さて、今回は施工の様子をご紹介します。 お施主様の希望で浸透タイプ塗料での施工となりました。 まずは足場仮設です。 下地処理です。サンドペーパーで木目に沿って研磨していきます。 続いて養生です。 塗装1回目です。 塗装2回目です。 仕上がりです。 浸透タイプの塗料は、従来の木目を生かす美しい仕上がりを期待できます。   前回のブログでご紹介したように、塗料によって様々な仕上げが可能です。 こちらのお宅は「半造膜タイプ」の塗料で仕上げました。 別荘塗装、木部塗装でお悩みの方はお気軽にご相談ください。         ★トラストは長野市で気軽に相談ができる《外壁・屋根塗装ショールーム》を展開しております★  外壁塗装・屋根塗装・雨樋・雨漏り・サイディングなどでお困りの方はお気軽にどうぞ! 優良店・口コミ評判店目指して頑張ります(^^)   【外壁・屋根塗装専門店トラスト】についてはコチラ!   【お問い合わせフォーム】はコチラ!!   【よくある塗装に関するご質問】はこちらにまとめさせていただきました。 【よくあるご質問】はコチラ!!        

続きはコチラ

豆知識トラストのこだわり施工例木部

2019.06.01 更新

上田市菅平別荘塗装①|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラスト施工管理若杉です。 今回は以前お世話になった上田市菅平の別荘塗装を紹介します。 施主様は千葉県の方で、HPを通してご依頼いただきました。   築5~6年とのことです。 木目の風合いがとても美しい建造物です。   さて、木部の塗装には様々なタイプの塗料があります。 大きく分けて以下の2種類 ◎造膜タイプ・・・木材表面に塗膜を形成し保護   ◎浸透タイプ・・・木材内部に浸透し保護 です。 どちらが良いのでしょう? 様々なメリット・デメリットがありますが簡単にご説明致します。 対候性は、造膜タイプ>浸透タイプ です。 当然対候性の低い浸透タイプはメンテナンスサイクルが短くなってしまいます。 ただ、造膜タイプの大きなデメリットは「木材の質感(木目)」が失われることでしょう。 さらに言えば木材は伸縮するので、造膜タイプの塗料は後々割れ・膨れ・剥がれ等の塗膜異常が起きる可能性があります。   迷ってしまいますね。 個人的には 木目を生かしたい!→浸透タイプ 見た目はそこまでこだわらない→造膜タイプ かと思います。 最近は浸透タイプ、造膜タイプの中間の特性を備えた「半造膜タイプ」の塗料もあります。 状態、年数、仕上がり感、などその建物に適した仕様をご提案できればなと考えております。   長くなってしまいましたので、実際の施工内容は次回ご紹介します。 ⇒別荘塗装②     ★トラストは長野市で気軽に相談ができる《外壁・屋根塗装ショールーム》を展開しております★  外壁塗装・屋根塗装・雨樋・雨漏り・サイディングなどでお困りの方はお気軽にどうぞ! 優良店・口コミ評判店目指して頑張ります(^^)   【外壁・屋根塗装専門店トラスト】についてはコチラ!   【お問い合わせフォーム】はコチラ!!   【よくある塗装に関するご質問】はこちらにまとめさせていただきました。 【よくあるご質問】はコチラ!!        

続きはコチラ

豆知識トラストのこだわり施工例木部

2019.06.01 更新

鳥よけ・コウモリ侵入防止防ネットなど|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラスト増田です。 今回は塗装以外で、時々ご相談いただく件についてお話しさせていただきます。   お客様から 「ベランダに鳥が来て、巣をつくって困る」 「コウモリが天井裏に浸入して糞尿被害で悪臭が・・・」 「塗装する時に、何か対策できない?」等、時々お聞きします。 せっかく塗装したところを、すぐに汚されてはいい気持ちはしませんよね。   コウモリは足が掛けられれば、写真のような外壁と軒天井の僅かな隙間(通気用)でも 侵入してしまいます。   また野鳥は、エアコン室外機の裏側に巣をつくったり、手すりにとまってフンをしたりします。     しかし、巣を駆除できるのは、巣を作り始めた時だけで、卵やヒナがいるとできません。 「鳥獣保護法」という法律があって、市町村の許可を得ず駆除すると、法律違反になります。   巣をつくられてしまったら、再度つくられないうように、ネット等で隙間や穴を塞いだり、 トゲのようなものがついた鳥よけを設置することをお勧めいたします。 (ホームセンター等で販売しています。) ※どうしても設置が難しい場合は、各市町村に連絡して専門の業者に依頼しましょう!   私共も簡易的なものであれば、塗装工事の際、併せて対応させていただきます。 (※仮設足場を設置していれば高い場所も可能)       ★トラストは長野市で気軽に相談ができる《外壁・屋根塗装ショールーム》を展開しております★  外壁塗装・屋根塗装・雨樋・雨漏り・サイディングなどでお困りの方はお気軽にどうぞ! 優良店・口コミ評判店目指して頑張ります(^^)   【外壁・屋根塗装専門店トラスト】についてはコチラ!   【お問い合わせフォーム】はコチラ!!   【よくある塗装に関するご質問】はこちらにまとめさせていただきました。 【よくあるご質問】はコチラ!!        

続きはコチラ

活動日誌豆知識

2019.05.21 更新

豪雪地帯の現地調査に行ってきました|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラスト湯本です。 基礎部塗装の現地調査に行ってまいりました。 豪雪地帯で通常よりかなり基礎は高めになっております。 雪の影響によりコケや藻が多く見受けられました。 塗装でのご希望でした。 通常の外壁を塗装する塗料では膨れや剥がれの心配がされる為 選定する塗料には思案が必要です。 そこで、たどり着いたのが日本ペイントの水性シリコン浸透ガードです。 この材料は、コンクリート用浸透吸水防止塗料です。 ●遮水※効果と超薄膜化により膨れや剥がれの心配がなく ※汚水などが外部に染み出すのを防ぐことを遮水といいます。 ●吸水防止効果もあります。 ●透湿性にも優れている為、結露から建物を守ります。 ●シリコンの保護膜により中性化※防止にもなります。 ※コンクリートがアルカリ状態を失っていき、酸性へと傾くことをコンクリートの  中性化といい、コンクリート劣化の大きな原因の1つです。 ●防藻・防カビ効果もあります。 ★コンクリートのガレージ壁、住宅基礎などにはお勧めです。   次回、施工写真を公開いたします。   ★トラストは長野市で気軽に相談ができる《外壁・屋根塗装ショールーム》を展開しております★  外壁塗装・屋根塗装・雨樋・雨漏り・サイディングなどでお困りの方はお気軽にどうぞ! 優良店・口コミ評判店目指して頑張ります(^^)   【外壁・屋根塗装専門店トラスト】についてはコチラ!   【お問い合わせフォーム】はコチラ!!   【よくある塗装に関するご質問】はこちらにまとめさせていただきました。 【よくあるご質問】はコチラ!!        

続きはコチラ

活動日誌豆知識その他工事

2019.05.18 更新

モニエル瓦の塗装について 知識編|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラスト小山です。     今回はモニエル瓦(乾式洋瓦)の塗装についてになります。   まずは簡単にモニエル瓦がどういうものなのかについて知って頂ければと思います。     モニエル瓦とは、セメント瓦の一種でセメントと川砂を混ぜ合わせて作られるものになります。主な成分がセメントであるため、塗装しなければ瓦自体に防水機能はありません。     セメント瓦の一種ではあるのですが、瓦の表面処理が特殊なため普通のセメント瓦とは少し違います。     成形されたモニエル瓦には、まず着色スラリーという着色材が塗装されています。さらにその上に透明なクリヤー塗料で保護されているような作りになっています。     性能面では雨や風にも強く、断熱性や耐震性能にも優れたとても有能な屋根材になっております。     ですが、モニエル瓦は塗装のメンテナンスを行う上では他の屋根材に比べてもとても難しいものになります。   次回、「モニエル瓦の塗装について ~施工編~」でお会いしましょう。           ★トラストは長野市で気軽に相談ができる《外壁・屋根塗装ショールーム》を展開しております★  外壁塗装・屋根塗装・雨樋・雨漏り・サイディングなどでお困りの方はお気軽にどうぞ! 優良店・口コミ評判店目指して頑張ります(^^)   【外壁・屋根塗装専門店トラスト】についてはコチラ!   【お問い合わせフォーム】はコチラ!!   【よくある塗装に関するご質問】はこちらにまとめさせていただきました。 【よくあるご質問】はコチラ!!        

続きはコチラ

豆知識

2019.05.10 更新

太陽熱温水器の解体|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラスト足立です。   皆さん太陽熱温水器はご存じですか?   今は太陽光発電やガスなども普及が進みそんなに聞かなくなったモノですが、1970年代頃に話題となり多くのご家庭で設置されていました。 太陽熱温水器とは名前の通り、太陽熱で水を温め、温水に変える設備です。   昔は現代のようにお湯の蛇口をひねればお湯が出てくるわけじゃなかったのです。瞬間湯沸かし器や、太陽熱温水器でお湯を作っていることが多かったです。 今では使っているご家庭も少なくなってきたのではないでしょうか。   太陽熱温水器ですが耐久年数も20年程度です。 壊れたり、使わなくなって屋根の上に放置したままのお宅もよく見かけます。 因みに、重さは300㎏近くあります。 何十年も放置されているとなると温水器を支えているワイヤーも当然劣化しますし最悪ワイヤーが切れる恐れもあります。 そうなると地震や台風で温水器も動きますし、家への負担もさらに大きくなります。   撤去費用(足場台、クレーン、処分代等)は掛かってしまいますが、自宅への負担を考えるともう必要がなければ撤去した方が安全・安心でしょう。   先日、温水器の撤去に伺った様子です。       今回は屋根の背も低いこともあり簡易足場で撤去作業は行えましたが、 通常ですと足場も必要になってきます。   温水器の撤去をお考えの方、外壁塗装と一緒にいかがでしょうか?       ★トラストは長野市で気軽に相談ができる《外壁・屋根塗装ショールーム》を展開しております★  外壁塗装・屋根塗装・雨樋・雨漏り・サイディングなどでお困りの方はお気軽にどうぞ! 優良店・口コミ評判店目指して頑張ります(^^)   【外壁・屋根塗装専門店トラスト】についてはコチラ!   【お問い合わせフォーム】はコチラ!!   【よくある塗装に関するご質問】はこちらにまとめさせていただきました。 【よくあるご質問】はコチラ!!        

続きはコチラ

活動日誌豆知識その他工事

2019.05.02 更新

雨樋・破風板|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラスト施工部の正村です。 今回は、破風板と雨樋についてお話いたします。 破風板とは、屋根の先端にある板金のことです。 ↓この画像右側の板金が破風板です。 破風板は、板金の物もあれば、木だったり塩ビだったりと色々種類があります。 それぞれの物にあった塗料、工法をします。 次に雨樋です雨樋は屋根の先端についている屋根から流れてくる雨水を キャッチして、下に流す物です。 イメージとしては、流れてきた雨を地面に流す通路です。 ↓横樋です                ↓縦樋です     古い家ですと、樋が劣化でさびてしまいそこから穴が空くことがあります。 なので定期的な診断をお勧めいたします。 以上、破風板・雨樋についてでした。       ★トラストは長野市で気軽に相談ができる《外壁・屋根塗装ショールーム》を展開しております★  外壁塗装・屋根塗装・雨樋・雨漏り・サイディングなどでお困りの方はお気軽にどうぞ! 優良店・口コミ評判店目指して頑張ります(^^)   【外壁・屋根塗装専門店トラスト】についてはコチラ!   【お問い合わせフォーム】はコチラ!!   【よくある塗装に関するご質問】はこちらにまとめさせていただきました。 【よくあるご質問】はコチラ!!        

続きはコチラ

豆知識

2019.04.30 更新

タスペーサーについて|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

  こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラスト高池です。   今回はタスペーサーについてお話させていただきます。 タスペーサーとはどんなものかといいますと、この写真がタスペーサーになります。 見ただけですと何に使うかってわかりにくいですがこれが非常に重要なものなんですよ!! どういった場面で使うのかというと、スレート屋根の塗装の際に使います。   スレート屋根の塗装を行うと雨漏りがしてしまうことがあります。 屋根材の縦のつなぎ目から水が入り、横方向のつなぎ目から水が抜けるのですが 塗装をすると隙間を埋めてしまい水が抜けなくなってしまい、屋根裏から雨漏りがすることがあります。   そういったことを防ぐためにタスペーサーを屋根材一枚に対して一つ必ず入れます。 以前は塗装した後に隙間のところを切って隙間を確保していたのですが 塗装した後に傷をつけてしまいます。 このように入れることによって切ることなく 隙間を確保することができます。   結構地味なことなんですけどこれをするしないでは 塗装した後の影響が全く違ってくるんですよ!!         ★トラストは長野市で気軽に相談ができる《外壁・屋根塗装ショールーム》を展開しております★  外壁塗装・屋根塗装・雨樋・雨漏り・サイディングなどでお困りの方はお気軽にどうぞ! 優良店・口コミ評判店目指して頑張ります(^^)   【外壁・屋根塗装専門店トラスト】についてはコチラ!   【お問い合わせフォーム】はコチラ!!   【よくある塗装に関するご質問】はこちらにまとめさせていただきました。 【よくあるご質問】はコチラ!!        

続きはコチラ

活動日誌豆知識トラストのこだわり施工例屋根塗装

2019.04.21 更新

外壁の面積|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラスト湯本です。 今回は外壁の面積についてお話いたします。 塗装をお考えの方は一番わからない事と言えば、金額や塗料の種類、工事の仕方 などわかりにくい事が多いですね。 というように、専門家に見てもらわなければ何もわからないままですよね。 そこで、皆様でもできる外壁の面積の出し方がございます。 お家のつくりやサッシの大きさなど様々ですので、おおよその外壁の面積や金額を だせる計算式になります。(窓周など塗らない部分を除いた計算式です)   ㎡計算式は 延べ床総面積×1.2~1.5です。 坪での計算式は 延べ坪×3.3×1.2~1.5です。 例えば:総2階建てのお宅ですと  1階床面積が56㎡(17坪×3.3)+2階床面積が56㎡(17坪×3.3)=112㎡(34坪×3.3)  112㎡×1.2=134㎡  112㎡×1.4=156.8㎡  ※大きなお宅の場合は1.2~1.3 中くらいの大きさのお宅の場合は1.4~1.5を   かけるとより近い数量になります。  上記のお宅を実際に弊社で測量して窓など塗らない箇所は引いて積算した数字は  157.6㎡でほぼ同じ位の面積になりました。  ※窓の大きさ形状により大きく変わる場合がございます。 次に、 この数字に塗料の価格をかけていただければ、おおよその外壁のお値段を出すことが できます。 例えば:先程の計算式で出した156.8㎡におおよその塗装代金※3000円位を掛けますと  470,400円になります。  ※塗装代金は樹脂の種類やメーカー等により変わります。  ※足場代、補修代、コーキング工事、その他塗装する箇所の金額は含まれません。  実際に弊社で計算した測量数量で塗装代金を掛けた金額は  460,000円位(諸経費・税別)でした。 面積も金額も大体同じくらいになりました。   たまに、外壁面積を大きく出す業者や適性価格でない金額の場合もあるらしいので・・・   皆様でも簡単に外壁のおおよその面積と金額を出すことができますので、 事前に計算してみてはいかがでしょうか? 詳しくは☟☟☟☟☟ ★トラストは長野市で気軽に相談ができる《外壁・屋根塗装ショールーム》を展開しております★  外壁塗装・屋根塗装・雨樋・雨漏り・サイディングなどでお困りの方はお気軽にどうぞ! 優良店・口コミ評判店目指して頑張ります(^^)   【外壁・屋根塗装専門店トラスト】についてはコチラ!   【お問い合わせフォーム】はコチラ!!   【よくある塗装に関するご質問】はこちらにまとめさせていただきました。 【よくあるご質問】はコチラ!!        

続きはコチラ

会社の様子豆知識外壁塗装

代表からのメッセージ

株式会社トラスト

代表取締役社長 濱口 祐樹

分かりやすい!選びやすい!相談しやすい!
【ずっと安心の塗装専門店】を目指して。

豆知識での外壁・屋根塗装をご検討なら、ぜひ株式会社トラストにご相談ください!

皆様こんにちは。トラスト代表の濱口と申します。
当サイトをご覧いただきありがとうございます。

まだまだ塗装業界はわかりづらく、買いにくい業者が多く、不安と感じられる方が多い状態です。

そんな業界に一石を投じることができればとトラストは創業しました。
「わかりやすい!買いやすい!安心!」を目指し、さまざまな独自の取り組みを行っております。
自社職人・最長12年保証・専門ショールーム・お客様アンケートなどはその一例です。

トラストとは「信用・信頼」の意味であり、お客様に喜んでいただくことが私たちの使命です
ご不明な点やご相談など、どうぞ安心してお問い合わせください。
真心をこめて対応させて頂きます。

皆様のお越しをお待ちしております!!

外壁塗装・屋根塗装工事 対応エリア

エリア地図
長野県北信地域対応!お気軽にお問い合わせ下さい!

長野市・須坂市・千曲市・高山村・小布施町・飯綱町・信濃町・中野市・山ノ内町・飯山市

※営業エリア外のお客様でも柔軟に対応いたしますのでお気軽にご相談ください。

トラストのホームページをご覧の皆様へ
  • 屋根・外壁塗装価格表
  • トラストの無料建物診断・お見積り

北信地域密着のトラストです

2020年5月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
株式会社トラストのCM動画

北信地域密着のトラストです

会社名の「トラスト」とは「信用・信頼」という意味です。仕事を繰り返し頼んでいただける会社、安心して一生付き合えるパートナーのような会社を目指します。

  • 見積無料
  • 相談無料

まずは相談してみる

0120-82-2000電話受付時間 9:00-17:30 (日曜定休)

現場ブログ

チラシ・HPでも公開しない必読の情報満載 塗装をする前に是非ご一読ください! トラストが長年蓄積した塗装のイロハ 資料請求はこちら 株式会社トラストの元気な朝礼 アパート・マンションの外壁塗装149万円~

施工エリア

トラストは長野県の北信地域を中心に塗装リフォームサービスを展開しています。

施工エリア図

長野県北信地域対応

長野市・須坂市・千曲市・高山村・小布施町・飯綱町・信濃町・中野市・山ノ内町・飯山市

※営業エリア外のお客様でも柔軟に対応いたしますのでお気軽にご相談ください。

  • 株式会社トラストの元気な朝礼
  • トラストはキャッシュレス消費者還元事業に参加しています
  • 各種クレジットカード・電子決済をご利用下さい!