MENU CLOSE

長野の外壁・屋根塗装専門店トラスト 品質にこだわりを持った塗装工事

見積り特典Quoカードプレゼント

0120-82-20009:00-17:30
年中無休
※GW・お盆・年末年始除く

活動ブログ - 施工例 塗装に関する豆知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 活動ブログ > 施工例

施工例の記事一覧

トラストの日々の活動を見てください!

2019.04.30 更新

タスペーサーについて|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

  こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラスト高池です。   今回はタスペーサーについてお話させていただきます。 タスペーサーとはどんなものかといいますと、この写真がタスペーサーになります。 見ただけですと何に使うかってわかりにくいですがこれが非常に重要なものなんですよ!! どういった場面で使うのかというと、スレート屋根の塗装の際に使います。   スレート屋根の塗装を行うと雨漏りがしてしまうことがあります。 屋根材の縦のつなぎ目から水が入り、横方向のつなぎ目から水が抜けるのですが 塗装をすると隙間を埋めてしまい水が抜けなくなってしまい、屋根裏から雨漏りがすることがあります。   そういったことを防ぐためにタスペーサーを屋根材一枚に対して一つ必ず入れます。 以前は塗装した後に隙間のところを切って隙間を確保していたのですが 塗装した後に傷をつけてしまいます。 このように入れることによって切ることなく 隙間を確保することができます。   結構地味なことなんですけどこれをするしないでは 塗装した後の影響が全く違ってくるんですよ!!         ★トラストは長野市で気軽に相談ができる《外壁・屋根塗装ショールーム》を展開しております★  外壁塗装・屋根塗装・雨樋・雨漏り・サイディングなどでお困りの方はお気軽にどうぞ! 優良店・口コミ評判店目指して頑張ります(^^)   【外壁・屋根塗装専門店トラスト】についてはコチラ!   【お問い合わせフォーム】はコチラ!!   【よくある塗装に関するご質問】はこちらにまとめさせていただきました。 【よくあるご質問】はコチラ!!        

続きはコチラ

活動日誌豆知識トラストのこだわり施工例屋根塗装

2019.03.08 更新

雨樋交換工事|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

  こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラスト足立です。   メールで問い合わせがあり、雨樋の交換工事へ行ってきました。   まずお話しを聞き、現地調査をさせていただきました。   玄関の脇の雨樋が壊れたとのことなので確認してみると   上合が壊れ、竪樋が外れています。       雪などの原因も考えられますが、1番は経年劣化による破損が考えられます。 エルボにもサビが進行し、穴が開いていました。     今回のお宅の雨樋は直径が50Φで、最近使われている雨樋(60Φ)よりも細いタイプでした。     50Φの雨樋を注文しようとしたところ今はもう取り扱ってなく、60Φでの施工となりました。   ただ、排水も50Φに合わせた太さだったので新しい雨樋はこのままでは嵌らないので、 ソケットを使い排水と繋げました。       工事完了     通常の雨樋の耐久性は20年程です。塗装をすれば錆の進行を防いだりと寿命も延びますが 雨樋は衝撃には弱いので、変形したり曲がってしまった場合は塗装では直すことはできないので交換になります。   積雪などの影響で雨樋が曲がってしまった場合は火災保険を使って直せることもあるので お気軽にご相談ください。           口コミをいただける優良店・評判店目指して頑張ります(^^)   ★トラストは長野市で気軽に相談ができる《外壁・屋根塗装ショールーム》を展開しております。★  外壁塗装・屋根塗装・雨樋・雨漏り・サイディングなどでお困りの方はお気軽にどうぞ!   【外壁・屋根塗装専門店トラスト】についてはコチラ!   【お問い合わせフォーム】はコチラ!!   【よくある塗装に関するご質問】はこちらにまとめさせていただきました。 【よくあるご質問】はコチラ!!        

続きはコチラ

活動日誌施工例板金工事

2019.03.05 更新

スレート屋根のカバー工法|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラスト増田です。 春はもうすぐそこまで来ていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか? 今回はスレート屋根のカバー工法についてお話させていただきます。   先日、長野市篠ノ井のお客様よりご依頼いただき、スレート屋根の現地調査をさせていただいた際、 屋根全体、広範囲にわたって、クラック(ひび割れ)、欠損が見受けられました。    日当たりの良い南面の傷みが特に目立ちました。   スレート屋根材に打ち付けてある釘が浮いた状態になっています。 ここから雨水が浸入し、下地を傷めてしまう可能性があります。   傷んだ箇所を差し替え、補修後に塗装することも可能ですが、 現在の状態から数年後、別の面・箇所からもクラック、欠損の発生が予想されますので、 屋根材の葺き替え、カバー工法をお勧めいたしました。   カバー工法(重ね葺き)とは、既存の屋根の上に金属製の屋根を重ねて張る施工法です。 大まかな工事の流れとしては、まず屋根棟を撤去し、      ①既存の屋根に野地板を敷いていきます。  ②その上にルーフィング(防水シート)を (※屋根材を撤去する場合もあります。)  取り付けます。    ③ガルバリウム鋼板と呼ばれる鉄板を    ④仕上がりです。   施工していきます。   カバー工法のメリットとしては、張り替えるよりも工期は短く、価格を抑えられるケースも 多いですし、施工中の雨漏りなどの心配はありません。 しかし屋根が重くなるので、どうしても建物に負担がかかってしまいます。 状況によっては、屋根を葺き替える方が良いケースもあります。   状況は様々ですが、常に最善の提案ができるよう心掛けております!!     ★トラストは長野市で気軽に相談ができる《外壁・屋根塗装ショールーム》を展開しております。★  外壁塗装・屋根塗装・雨樋・雨漏り・サイディングなどでお困りの方はお気軽にどうぞ!   【外壁・屋根塗装専門店トラスト】についてはコチラ!   【お問い合わせフォーム】はコチラ!!   【よくある塗装に関するご質問】はこちらにまとめさせていただきました。 【よくあるご質問】はコチラ!!        

続きはコチラ

活動日誌施工例

2019.03.01 更新

鉄骨の塗装!|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラスト小林です。 今回は鉄骨階段の塗装塗り替え工事を行いました。工事内容は、アパートのバルコニーの鉄骨の手摺と中、外の通過にある鉄骨階段、2階建てなので2階部分の木、鉄のデッキの塗装工事でした。建物がかなり古いので鉄骨の傷みが激しく特に内部中央の鉄骨階段がボロボロでした。最初に養生から始めて窓と仕上げ物などビニールで囲む作業してからケレンがスタートです。 外の手摺はカワスキと言う道具で浮いている塗膜を削りマジックロンと言うタワシに似た道具とサンドペーパーでゴシゴシ擦り塗料の密着を良くして手触りがツルツルになるなで擦りました。次に2階部分の木と鉄のデッキのケレンの作業を始めました鉄のデッキは波状(折半の屋根)みたいな形でした剥がれが酷い所は電動のグラインダーで削りました。木部は傷みが少ないのでマジックロンでゴシゴシ擦り完了。最後に中にある通過の鉄骨階段のケレンをしました。一番傷みが激しいので電動工具で念入りに削り細かい所はサンドペーパーで擦り完了。削りカスを掃除してケレン作業も完了。次に錆び止め(下塗り)の作業です。今回は1液の錆び止め塗料を使用しました(下地の種類で塗料が変わる)塗料にシンナー少なく入れて塗膜が厚く付くように刷毛で手摺を塗り、デッキと階段の裏はローラー塗り塗り残しを見直して完了。 次に上塗り1回目(中塗り)2液のクリーンマイルドシリコンを塗ります。錆び止めと同じで塗料にシンナー少なく入れ塗膜が厚く付くように刷毛、ローラー塗りしました。塗り残しがないか見ながら作業終了。最後に上塗り(2回目)の工事を行います。細かい所とかの塗り残しや塗膜が厚くなるのとムラが無くなるように塗装して完了。養生撤去、掃除検査、出直して塗装工事完了。         口コミをいただける優良店・評判店目指して頑張ります(^^)   ★トラストは長野市で気軽に相談ができる《外壁・屋根塗装ショールーム》を展開しております。★  外壁塗装・屋根塗装・雨樋・雨漏り・サイディングなどでお困りの方はお気軽にどうぞ!   【外壁・屋根塗装専門店トラスト】についてはコチラ!   【お問い合わせフォーム】はコチラ!!   【よくある塗装に関するご質問】はこちらにまとめさせていただきました。 【よくあるご質問】はコチラ!!    

続きはコチラ

活動日誌施工例鉄部

2018.11.20 更新

基礎部保護塗装

こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラスト増田です。   先日、外壁塗装工事をさせていただいた、長野市稲里のO様の基礎部補修塗装が 「チチブワンウェイコート」という“ポリマーセメント系”の製品を使用した工法で 施工させて頂きましたので施工工程をご紹介したいと思います。   特徴として ①工期短縮:開始から終了まで1日で施工可能(天候等の条件により変わります) ②一材化:仕上げは1工程の簡単施工 ③ポリマーセメント系:耐久性に優れたセメントを主剤としています   施工要領  →  ①基礎壁面が劣化し剥がれが目立ちます。   ②剥がれた箇所を削り落とし、モルタル                       で補修します。  →  ③乾燥後、研磨して不陸調整します。     ④クラック(ひび割れ)をシーリング補修 します。                        →  ⑤シーラー(下塗剤)を塗布します。     ⑥砂骨ローラーでネタ配りを行います。        ⑦仕上がりです。   仕上がり具合にお客様も大変満足されたご様子でした。   こちらの仕上げ塗材は、意匠性・美観性に優れた住宅基礎部の専用塗装材です。 お客様宅の外壁とマッチして、高級感のある意匠性が実現できました。   お客様のご希望される条件に合わせ、ご満足いただけるようなプランを 提案させていただきます。   塗装工事をお考えの方は、外壁塗装・屋根塗装専門店のトラストまで 【お問い合わせ】はコチラ!!     【よくある塗装に関するご質問】をまとめさせていただきました。 【よくあるご質問】はコチラ!!  

続きはコチラ

活動日誌施工例

2018.09.01 更新

長野市屋根の現地調査に行ってきました。|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは 長野市壁塗装・屋根塗装専門店 株式会社トラストの湯本です! 長野市から西に向かった少し山沿いのお宅の屋根です。 屋根は一文字葺きで20年近くメンテナンスはされていないとの事でした。 早速屋根に上がり現状の測量から診断を始めました。 20年経っているだけあり、元々のお色はすっかり薄くなっており 所々にサビが見受けられました。 サビは重なりの奥まで進行していない為、ケレン処理・高圧洗浄・サビ止め・上塗り2回 通常通りの塗装で機能性と美観を取り戻すことができます。 あとこの一文字葺きの屋根では重なりの奥までサンドペーパーなどを使いしっかりとケレンし重なりの奥もしっかりと塗装する事がとても大切です。 その他気になった箇所は雪止め金具です。 雪止め金具が変形しておりました。 これは雪の重みよる変形です。 山間部ですので、雪が沢山降るとこのように変形してしまう事が あります。 雪止め金具のピッチが約90cm(間隔)は通常通りですが、雪が多い地域では もう少しピッチ(間隔)を狭くして雪止め金具を取り付ける必要がありますね。   雪止め金具は変形だけでなく屋根材を引っ張る様子が見受けられました。 ではどのように雪止め金具を直していくかですが、やり方は2種類ございます。 1つ目は屋根材をめくりあげ、変形している雪止め金具を外し、新規で新しい金具を 取り付ける方法(この時に雪止め金具を増やし取付けをいたします) このやり方は熟練した職人でなければ中々難しい作業なのと、費用が多くかかる 場合がございます。 ではもう一つの方法はと申しますと、既存の雪止め金具を屋根との根本で切断し ボルト止めの雪止め金具を取り付ける方法がございます。 工期も短縮できますし、費用も抑えられるやり方ですのでこのやり方おすすめして おります。   雪止め金具がぐにゃぐにゃですね。 雪は重いんですね! 金具が変形し屋根に穴まで開いてしまう事も! 変形した雪止め金具を電動工具で切断 穴が空いてしまった箇所は補修いたします。 上の写真は豪雪地帯でしたので45.5cm間隔で雪止め金具を 取付けております。 大屋根と下屋根の雪止めの数の違いが一目瞭然です。 雪が多い年もありますので、一度点検してはいかがでしょうか? このような雪による傷みや破損があった場合、雪害保険が適用になる場合が ありますので、保険に入っている方はご確認してみて下さい。 屋根塗装工事や外壁塗装、板金工事などでお困りの方は、屋根・外壁塗装専門店の (株)トラストまで是非お問合せ下さい。 お問い合わせはコチラ!!    

続きはコチラ

活動日誌豆知識トラストのこだわり施工例屋根塗装板金工事

2017.04.18 更新

須坂市の外壁塗装工事、現場入りに立ち会ってきました。|長野市外壁屋根塗装専門店トラスト

須坂市明徳の外壁塗装工事、現場入りに立ち会ってきました。   過去に屋根でお世話になっているお客様です。明徳団地はご縁があるようで、時々施工時させて頂いております。 今回のお宅は現状がモルタル砂壁調の仕上げの部位と、金属サイディングの部位がメインのお宅になります。 いつもの現場入り光景です。 現場調査した担当+現場職長+監督といった組み合わせです。 当社ではかなり入念な現地調査をしているのですが、それでも足場をかけて隅から隅まで見ていくと新しい痛みが見つかったりするものです。 もちろん当社ではそんな場合も補修しますので、ご安心ください。 話は戻りまして今回のポイントは・・・・ クラック(ヒビ)の補修です。 今回は圧入・状況によりUカットという工法で補修する予定です。 同じ雰囲気がご希望ということでしたので、今回の仕上げは同様の模様で砂壁調仕上げ(エスケー化研、アートフレッシュ)を手塗りで行います。 当時はアクリル樹脂の砂壁調仕上げしかありませんでしたが、今ですとシリコン樹脂で手塗りできる商品があります。 この商品は薄付けの塗料ですので下地補修の跡が出やすいのが難点です。 ですので補修がポイントです。 このように塗装と言っても様々なやり方・商品・施工ポイントなどが山ほどあります。 お気になることがある方は、専門店のトラストまでどうぞお気軽にお問い合わせください。 濱口

続きはコチラ

豆知識トラストのこだわり施工例外壁塗装

2017.03.16 更新

商業施設の看板撤去・塗装工事|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは、株式会社トラスト 営業一課の湯本壮一です。 今回お話いたしますのは、1月末より行っております工事の進行状況です。 足場を建て、看板撤去作業を行いました。 仮設足場 電球を1つ1つ手作業で外しました。 工具等を用い看板本体を解体していきます。 解体した看板です。 解体後の外壁の状態です。 全体で塗膜の剥がれや浮きに加えクラックが多く見受けられます。 クラックの補修から数年後また亀裂が入っておりました。このようなクラックからも雨水等が入り外壁の劣化を 進行させてしまいます。 外壁上部笠木のシーリングの劣化・・・シーリングの劣化は劣化部より雨水等が入り 表面の塗膜や躯体内までも傷めてしまう恐れがございます。 このような状態をどのようにして、塗装を行っていくか見ていきましょう。 先ずはこの剥がれていたり、浮いている塗膜をできる限り取り除いていきます。 手工具や電動工具を用い剥がしていきます。 丁寧な作業を行う為手間がかかるだけでなく、この上に塗装を施す上で非常に重要で大切な工程になります。 8割から9割ほど旧塗膜を剥がすことが出来ました。元々の外壁はセメントのリシンで仕上げてあります。

続きはコチラ

トラストのこだわり施工例外壁塗装

2017.02.25 更新

木部クリアー塗装について。|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

木部クリアー塗装について書きたいと思います。 木目を生かしたまま木部を強力に防水するにはクリアー塗装が必要になります。 昔はなかなか持ちの良い外部用クリアーというものがなかったのですが、最近は結構いいものが出てきています。 弊社でお勧めするものの一つが日本ペイントのファインウレタンU100です。 2液型のポリウレタン樹脂の塗料です。 臭いはとてつもなく強いです。笑 4年前に塗装させて頂いたお宅に行って来ましたので写真を撮ってきました。 4年前の施工後写真がこれ ↓ です。 うーん、違いが分からないですね。 すばらしくピカピカでした。 実はこちらのお宅は裏技で4回~5回くらい上塗りしてます。(メーカー指定は2回) このくらい塗っとくと持ちがグンと良くなりますね。 ちょっと長持ちしすぎな気もしますが、通常で5年程度を目安で塗り替えをお勧めさせて頂いております。 内部用などを使うと1~2年で大きく劣化することもありますので注意が必要です。 木部はなかなか手がかかることも多く、技術のない職人には難しい仕事になります。 クリアー仕上げで剥がれやシミが大きくなると、 ⓵塗膜を剥離 ⓶薬品でアク洗い ⓷オイルステイン着色 ⓸クリアー仕上げ という工程が必要になります。 特に⓵番が手間がかかります。 状況により⓵~⓸をそれぞれ何回も行います。 剥離中 ↓ ですのでメンテナンスを考えると ⓷木材保護塗料(一般的にオイルステインと呼ばれる事も多い、ツヤ・膜があまりない) で仕上げると剥離等もなく楽な部分もあります。 同じお宅のオイルステイン仕上げ ↓ クリアー仕上げでもあまり傷んでいなければ剥離せずに上から再度クリアーを塗装も可能です。 結局 定期的なメンテナンス、早めのメンテナンスが費用もかからずきれいに保つコツになります。 ちょっと専門的で失礼いたしました。濱口 木部塗装工事をお考えの方は、外壁塗装・屋根塗装専門店のトラストまでお問い合わせください。 お問い合わせはコチラ!!

続きはコチラ

会社の様子豆知識トラストのこだわり施工例木部

2016.12.02 更新

一文字屋根の塗装が完成いたしました。|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

(株)トラスト 営業一課の湯本壮一です。 今回は、屋根一文字葺きの塗装が完了いたしました。 今回は中野市の北部のお宅で何度か塗り替えをしている屋根です。 塗膜の透けやサビが見受けられました。 雪止め金具の下や雪止めアングルの下は注意が必要です。 汚れはもちろん、サビが発生している事が非常に多いです。 一文字葺きで最も重要な箇所 重なりの部分です。重なりの奥までケレンをしないと剥がれの原因や完全に錆びてしまうと改修が難しくなります。サンドペーパー等で奥までしっかりケレンし、塗装する必要があります。 何が大切か!!! 良い塗料を使う事? しっかりと下地処理(サビや旧塗膜の研磨・目粗し・高圧洗浄)をし、希釈量を守り、適量を塗装することが大切です!!! まずはケレン 重なりの箇所はなるべく奥までサンドペーパー等を使いケレンいたします。 カワスキ等で雪止め金具の汚れ・サビを落とします。 面の部分はグラインダーでケレンしていき、高圧洗浄いたしました。 傷みやすい唐草も同様に施工していきます。 棟や必要部分はシーリングで補修を行い塗装いたしました。 重なりや雪止め金具の下(サビが多き部分や傷みやすい箇所は2回サビ止めを塗ります)などもしっかりとサビ止めを塗っていきます。 シリコン塗料 上塗り1回目 重なりの部分に刷毛で塗っていきます。 上塗り2回目 サビ止め1回、上塗り2回の計3回塗りで仕上がりとなります。 完成です。

続きはコチラ

豆知識トラストのこだわり施工例屋根塗装

2016.11.14 更新

お客様の声を頂きました。(須坂市Y様、外壁塗装・木部アク洗い 他)|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

<担当営業について> 工事に入る前にしっかり説明してもらって納得いきました。 <施工について> 朝も帰りも挨拶して気持ち良かった。 雨がときどき降り工期が長引いたので大変だったと思う。 <担当営業より> この度は、外壁、木部の塗装のご依頼を頂き誠にありがとうございます。 また、何度か訪問させていただき、細かなお打合せなどでお時間を頂きありがとうございます。 施工に関しては、長雨が続き長くかかってしまいましたが、お気持ちよくご協力を賜り誠にありがとうございました。 感謝と御礼申し上げます。 今後共、末長いお付き合いの程、宜しくお願いいたします。 施工前木部 施工前木部は木のアクやシミが見られましたが、ケレン、アク洗い剥離を行い浸透性木部専用保護塗料で仕上げました。 野外木部保護塗料は耐候性、撥水力に優れ、鮮明な色合いを保ちます。また、薬効成分が内部に浸透し、害虫(白アリetc.)・腐れ・カビなどから木材を護ります。 施工後 木部塗装においてきれいな仕上がりにする為には、下地調整など丁寧な仕事が大切です。お時間と手間がかかります。 新築時のようとお誉めの言葉を頂きました。 誠に、ありがとうございます。

続きはコチラ

豆知識トラストのこだわり施工例外壁塗装木部

2016.10.09 更新

長野市篠ノ井、バルコニー・ベランダ屋根の張り替え現場に行ってきました。|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは。営業部の和田です。 朝夕寒さも増してきました。体調管理はしっかりして下さいね。 このところ天候も悪く現場はなかなか予定通りいかない日々が続いておりますが、 篠ノ井の外壁塗装・板金工事のお客様の板金工事があった為朝から行ってきました。 板金工事の中でも今日は1・2階テラスの波板屋根の張り替えでした。 元々は塩ビ波板と言う材質で、紫外線や劣化により変色や割れが起きるものでした。 お客様も今回の外壁塗装工事にあたり最初は一部だけ張り替えを希望しておられましたが、 工事途中で綺麗になった外壁をご覧になり全て張り替えて欲しいとの事になりました。 又、塩ビ波板を外した際にテラスの野縁の上部(波板と接している部位の木部)も塗装ができることをお話しさせて頂いたところ、是非との事でした。 ポリカーボネートは変色や劣化に強い材質で、最近塩ビ波板に代わり多く用いられてきています。 表面の形状も透明なタイプや擦りガラス(エンボス)タイプがあり色もクリア・ブラウン・ホワイト・アイスブルー等があり今回は、擦りガラス調のアイスブルーになりました。 比較的施工数の少ない新しい色でしたが、とても喜んで頂けた様で良かったです。 施工前の塩ビ波板屋根です 施工後のポリカーボネート波板屋根です。もちろん木部も塗装しました。

続きはコチラ

施工例板金工事木部その他工事

1 / 512345

代表からのメッセージ

株式会社トラスト

代表取締役社長 濱口 祐樹

「わかりやすい!買いやすい!そして安心!」
そんな塗装専門店を目指して!

施工例での外壁・屋根塗装をご検討なら、ぜひ株式会社トラストにご相談ください!

皆様こんにちは。トラスト代表の濱口と申します。
当サイトをご覧いただきありがとうございます。

まだまだ塗装業界はわかりづらく、買いにくい業者が多く、不安と感じられる方が多い状態です。

そんな業界に一石を投じることができればとトラストは創業しました。
「わかりやすい!買いやすい!安心!」を目指し、さまざまな独自の取り組みを行っております。
自社職人・最長12年保証・専門ショールーム・お客様アンケートなどはその一例です。

トラストとは「信用・信頼」の意味であり、お客様に喜んでいただくことが私たちの使命です
ご不明な点やご相談など、どうぞ安心してお問い合わせください。
真心をこめて対応させて頂きます。

皆様のお越しをお待ちしております!!

  • トラスト外壁塗装・屋根塗装専門ショールーム

    • 外壁塗装・屋根塗装専門ショールーム
    • 外壁塗装・屋根塗装専門ショールーム

    〒380-0914 長野県長野市稲葉母袋 696-4 オフィスYAビル1F

    TEL:026-222-1077 FAX:026-222-1078

外壁塗装・屋根塗装工事 対応エリア

エリア地図
長野県北信地域対応!お気軽にお問い合わせ下さい!

長野市・須坂市・千曲市・高山村・小布施町・飯綱町・信濃町・中野市・山ノ内町・飯山市

※営業エリア外のお客様でも柔軟に対応いたしますのでお気軽にご相談ください。

チラシ・HPでも公開しない必読の情報満載 塗装をする前に是非ご一読ください! トラストが長年蓄積した塗装のイロハ 資料請求はこちら

トラスト活動ブログ

株式会社トラストのCM動画 株式会社トラストの元気な朝礼

北信地域密着の トラストです

会社名の「トラスト」とは「信用・信頼」という意味です。仕事を繰り返し頼んでいただける会社、安心して一生付き合えるパートナーのような会社を目指します。

  • 見積無料
  • 相談無料

まずは相談してみる

0120-82-2000受付時間 9:00-17:30
年中無休
※GW・お盆・年末年始除く

メールでご相談

お色の色選びで迷ったら…カラーシミュレーション

お客様の声

スタッフ紹介

北信の住宅塗装は
私達にお任せ下さい!

施工エリア

トラストは長野県北信地域を中心に塗装リフォームサービスを展開しています。

施工エリア図

長野県北信地域対応

長野市・須坂市・千曲市・高山村・小布施町・飯綱町・信濃町・中野市・山ノ内町・飯山市

※営業エリア外のお客様でも柔軟に対応いたしますのでお気軽にご相談ください。