MENU CLOSE

長野の外壁・屋根塗装専門店トラスト 品質にこだわりを持った塗装工事

見積り特典Quoカードプレゼント

0120-82-20009:00-17:30
年中無休
※GW・お盆・年末年始除く

活動ブログ - 施工例 塗装に関する豆知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 活動ブログ > 施工例

施工例の記事一覧

トラストの日々の活動を見てください!

2013.12.07 更新

中野市ガイナ塗装工事|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

今年もついに師走ですね。雪の降る前に、素早くかつ丁寧な仕事を心がけていきます! 今回は「ガイナ」の施工事例を紹介します。 その前に「ガイナ」の簡単な説明を。 最近、テレビ等でも紹介されている塗料で、いわゆる「断熱塗料」の一つです。 ただし、製造元の日進産業は大手塗料メーカーではなく、下地処理・下塗り等は施工店に任せているため、しっかりとした技術・知識が必要です。 粘度が高く、通常の上塗り材と違い粒子が粗いので仕上げに技術が必要です。 価格は高いですが、非常に優れた断熱塗料です。 興味のある方はご相談くださいませ。 今回紹介する事例は、中野市のモルタル壁のお宅です。 モルタル壁は他の壁材と比べ断熱性が低いので、ガイナ塗装は適しているといえるでしょう。 まずは下地処理です。 大きめのクラックはUカット処理を行います。 Uカットとは、クラックを幅広にカットし、内部にコーキングを充填する工法です。 これにより、クラックが出にくくなり、水の侵入を防ぎます。 また、旧塗膜の密着の悪い箇所は出来る限り剥離します。 どんなに高価な材料を使用しても、こうした下地処理をおろそかにしては意味がありません。 その後、3回手塗り工程で仕上げていきます。 吹き付けの方が簡単ですが、飛散の心配がありますので、リフォームの場合は手塗りをお勧めします。 手塗りの場合は1区画ずつ丁寧に仕上げていきます。(ガイナは継ぎ目がムラになりやすいため) 塗りたては艶がありますが、すぐに艶はなくなります。 お施主様の要望で気抜き部分に金属網を取り付けました。 コウモリでお困りだったそうです。 また、一緒に倉庫の塗装も行わせていただきました。 ガイナは水系塗料ですので、弊社では鉄部への塗装はお勧めしません。 そのため倉庫は2液型シリコン塗料で仕上げました。 倉庫屋根のボルト部分から雨漏りする事例がよくあります。 塗装後ボルトキャップを設置しました。 仕上がりです。 きれいに仕上がりました。 なかなかやりがいのあるお宅で工期も長くなってしまいましたが、とても喜んでいただけました。 ありがとうございました。 若杉

続きはコチラ

トラストのこだわり外壁塗装施工例豆知識

2013.11.13 更新

中野市外装(屋根・外壁)塗装工事|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

今日は会社の周りで朝雪が降っていました。いよいよ秋から冬へと季節が変わっていきますね。工事の内容も霜が降り作業効率が悪くなるため屋根塗装より外壁塗装の方が多くなってきました。お陰さまで年内の工事はほぼ予約で埋まっております。現在来年の工事の予約を承っておりますので消費税の関係もありますのでご検討中の方はお早めに。 今回のお宅は最近お問い合わせが多くなってきた長野市のお隣中野市での工事です。築12年トタン屋根・窯業サイディングの塗り替えになります。 まずは窯業サイディングの要、コーキングの打ち替えです。 コーキングの打ち替えといっても 既存コーキング撤去 → コーキング接着性の向上のための専用プライマーの塗付 → コーキング充填 → コーキングのならし といくつもの工程があります。 今回のお客様のお宅ではこのコーキングの量が非常に多く、680mの交換を行いました。凹凸の量などによって同じ壁面積でもコーキングm数は1件1件違います。事前に正確な見積もりが必要になります。 上塗りの色に近い色で打ちかえたので交換した部分がわかりやすいですね。 目地の補修が終わり、高圧洗浄、養生を行い下塗りを行います。下塗りのプライマーは透明で浸透性なので塗装した部分がわかりづらくなる時があるのですが、 このくらい変わると違いがわかりやすいですね。プライマーには上塗りとの密着を高める効果があります。 その後上塗りを2工程、同時進行で屋根は3工程、付帯部の雨樋、破風板、軒天井などもすべて塗装を行います。 施工前退色が進んだ外装が、 見事にきれいに仕上がりました。 天候不良などによって工期が多少延びましたがきれいになってよかったです。ありがとうございました。 ㈱トラスト 船田

続きはコチラ

外壁塗装施工例

2013.10.15 更新

セキスイハウス 塗り替え工事|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

増税の影響か、建設業界に活気がありますね。弊社も忙しい毎日を過ごしております。今日は午後から雨。現場作業も午前中で終わり、滞っていたブログを更新させていただきます! さて、今回はセキスイハウスの塗り替え工事を紹介します。数ある塗装屋さんの中から弊社を選んでいただき、まことにありがとうございます! このお施主様のようにいくつかの業者さんにお見積りをとる方が増えています。今後も選んでいただけるよう精進していきたいですね。 足場架設、高圧洗浄後、いつものように下地処理からです。 目地のパッキンがとれかかっています。 セキスイハウスはパッキンで目地を防水してあるお宅が多く見られます。経年で、サイディング材の伸縮についていけなくなり写真のように外れてしまうことがあります。 とれかかっているパッキンを数か所外し、通常のシーリング材で仕上げました。 パッキンはそのまま塗装すると剥れやすいので、アセトン(マニュキアの除光液にも使われます)等で丁寧に洗浄します。 このような下地処理が最も大切な工程です。見えなくなってしまう部分ですが、10年先を考え手は抜きたくないですね。 下地処理後、2液シリコン塗料3回塗り工程で仕上げました。 今回はお客様のご要望もあり、アルミ部分の塗装も行いました。(専用の下塗りが必要です!)錆びる事はほとんどありませんが、美観のための塗装です。 施工後です。色褪せた外壁や、ベランダパネル等が綺麗によみがえりました。 ハウスメーカーのお宅でも安心してお任せください。                                                                                             若杉

続きはコチラ

トラストのこだわり外壁塗装施工例豆知識

2013.07.09 更新

長野市上駒沢窯業サイディングクリヤー塗装工事|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

梅雨が例年より早く明けたかと思えば連日30度以上の真夏日です。梅雨も雨が少なかったようなのでこの夏はゲリラ豪雨が心配です。 さて、そんな梅雨時におこなっていた現場のご紹介です。今回はインターネットよりお問い合わせをいただきました。 最近の窯業サイディングは非常に多くの種類があり、技術の進歩とともに塗装に使われている色の数も多くなってきています。複数の色を使い複雑な模様が施されているサイディングはもちろん単色のサイディングよりパネル自体も高価になります。通常、経年劣化で色の褪せたサイディングを塗り替えるとそんなおしゃれなサイディングも単色で塗りつぶしてしまうことになります。せっかくの模様なども消えてしまいます。 そうならないように、今回は窯業サイディング用のクリア塗料を使用しました。複数のメーカーより発売されております。このクリヤ塗料を使用すれば既存の色も模様も残すことができます。ただし、表面の色褪せが進んでしまっていたり、クラックなどが多く出てきていると仕上がりにそのまま残ってしまいますので使用するのは築8年~10年程度がお勧めです。 工事の様子を見ていきましょう。 まずは足場を設置します。 足場設置後洗浄作業を行います。 洗浄作業も高圧すぎると表面の塗料が欠ける可能性がありますので圧をあげすぎず丁寧に行います。洗浄後再度汚れなどが残っていないかのチェックも行います。 次はサイディングの矯正作業です。 何をしているのかというと、今回のお宅は西面と北面で目地付近でサイディんの反りがみられましたのでそれを出来る限り戻してあげる作業です。反ったままでは模様が歪んで見える上、横目地の隙間から雨水が入るリスクも高まります。右の写真の真ん中より下側が矯正した部分です。わかりにくいかもしれませんが、数mm反りが戻っています。この数mmでも仕上がりの見た目は大きく変わります。目地のコーキング材は塗装しないためすべて事前に撤去済みです。 一緒に今回は劣化のひどかった南側の幕板も交換しました。 養生などの準備を行い、下塗りを行います。下塗りはクリヤー塗料の「つやあり」をまず塗っていきます。 塗った部分につやが出ているのがわかると思います。今回使用した材料はメーカーの標準仕様が2回塗りで、1回目に塗ったものをもう1度塗るか、つやをおさえた材料を塗るかで仕上がりの光沢を調整することができます。今回はつやをおさえた仕様を選びました。 壁面が仕上がった後に付帯部を塗装し、シーリングを新規で施工し、塗り残し・飛散のチェック、掃除を行い完了です。 施工前です。 施工後です。 クリヤー塗装は施工前と施工後で写真映えがしないのが残念ですが、実際近くで見ると全然違います。元のサイディングの状態がいいほどきれいな仕上がりが可能ですので今の外壁の模様などが気に入っておられる方は早めの施工をお勧めします。 船田

続きはコチラ

外壁塗装施工例

2013.06.16 更新

長野市若槻団地屋根塗り替え工事|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

今年は5月末に梅雨に入り一時はどうなる事かと思いましたが、ここ長野市では梅雨らしい天気の日はほとんどありません。私たちにとってはうれしい誤算ですが、やはりこれも異常気象なのでしょうか? さて、今日はインターネットより問い合わせをいただき、先日施工した屋根の塗り替えの様子を書きたいと思います。 施工前がこちらです。 今回が初めての塗り替えです。焼き付けの塗装もだいぶ劣化しています。 まずはケレン作業からです。 今回は錆などもほぼ見受けられなかったため、サンドペーパーによる目荒らしがメインです。トタンの折り返しの部分なども一つ一つケレンを行います。塗料の密着を高める大切な行程です。 その後、高圧洗浄です。 劣化した塗料がきれいに落ちました。塗り替えがしてある屋根ですとここまできれいには落とせません。これで塗装の下準備が終わりました。 今回は下地がガルバリウム鋼板ですので専用の錆止めを使用します。 一度艶消しグレーになりました。 中塗り後は 上塗り前に塗り残し等のチェックを行います。 どうしても刷毛で塗っていると折り返しの奥まで塗りきれない部分が出てくるので、その部分を上塗り前に確認して塗装します。 そして上塗り後 今回の屋根はお客様のご要望により、中塗りと上塗りの色を変更させていただきました。色も気に入っていただけよかったです。今後ともよろしくお願いいたします。

続きはコチラ

屋根塗装施工例

2013.05.25 更新

長野市信州新町外装塗装、板金工事|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

過ごしやすい気温の日があったかと思うと夏日に突入し、一気に初夏の陽気です。今年は春の陽気が少なかったように思いますね。 さて、そんな中信州新町で行ってた現場が無事に終わったので紹介したいと思います。 今回の現場の重点ポイントは モルタル壁のクラック補修 & 屋根の下地処理です。 モルタル壁の目地以外のクラックが目立ちます。 専用工具を使用し、あえてクラック部分を広げます。 カット後を確認するとやはり壁面深くまでクラックが入ってます。再度クラックが起こっても破断しないようコーキング材などにより補修を行い、その後周辺とのぼかし作業を行います。 補修跡がなるべく出ないよう丁寧に補修しました。 欠損部の大きい個所もありました。 補修材できれいに左官補修します。 屋根は立地柄草木の汚れが付着しているので、全体を電動工具でケレン処理します。 高圧洗浄後、3工程塗装を行いきれいに仕上がりました。 今回のお宅では雨樋の交換がありましたので、古い雨樋を外した際に破風板の板金を一緒に行いました。これで従来の木部に比べメンテナンスサイクルはぐっと長くなります。破風が木部で雨樋を交換される際は破風の板金をお勧めしています。 雨樋も以前より受け金具のピッチを短くし雪に対しても強くなりました。 お客様もきれいになったと喜んでいただけうれしかったです。もちろん、長期保証書も発行しております。今度ともよろしくお願いします。 ここ最近、来年の消費税増税に向けての質問や問い合わせが少しずつ増えてきております。施工の時期などご検討中のお客様はご希望に添えない可能性がありますので早めにお問い合わせください。 船田

続きはコチラ

外壁塗装施工例板金工事

2013.05.07 更新

軽井沢別荘塗装工事|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

ここ数日暑かったり寒かったりと服装選びが難しい日が続きます。こういう日が続くとこたつやストーブの片づけ時期の見極めが難しいですよね。 さて、そんな中4月に行った工事の一つをご紹介します。今回はインターネットより問い合わせをいただいた軽井沢のお客様です。普段は住んでおられない建物ということで毎日の作業内容や写真などをメールで送らせていただきながら作業を進めさせていただきました。普段住んでおられない建物や遠方にお住まいの方でも安心して作業を任せていただけるよう努めておりますのでお気軽にご相談ください。 森の中という立地がら施工前の屋根は コケと細かい枝葉に覆われていました。ゆっくり時間をかけて高圧洗浄を行い 汚れもきれいに落ちました。その後部材に適した下塗りを行います。今回スレート部分は材料の劣化具合から判断して下塗りプライマーを2回塗ることにしました。その後このように 屋根材同士が塗料で密着し排水や通気を阻害しないよう通気部材を挿入し、上塗りを2回行い、 このようにきれいに仕上げることができました。 外壁はもともとの色に近い色を艶調整して塗装しましたので写真では少しわかりにくいかと思います。外壁面塗装以外も普段はなかなか掃除ができない 高窓の清掃なども行い、雨戸なども塗装し、完成です。 すごくきれいに仕上がりました。もちろん長期保証書も発行しております。お客様にもきれいになったと喜んでいただけうれしかったです。ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。 船田

続きはコチラ

外壁塗装施工例

2012.09.05 更新

長野市法人様社屋塗装工事|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

毎日見る天気予報によって予報が違うので非常に天気がよみにくく、雨マークがついている割には雨が少ないような気がします。業種的に私達は助かりますが、関東地方では貯水量がだいぶ少なくなってきていますし、農作物にも影響が出ているそうです。少なすぎるのも困ったものですね。 さて、今日はお盆前に施工した法人様の社屋塗装工事の様子をご紹介します。 施工前です。上の方に塗膜の剥離が見られます。高所での作業ですので仮設足場を設置し作業を行います。 まずは剥離した塗膜を除去し、高圧洗浄を行います。 はがした塗膜を見ると今まで何回も塗り替えをされたようで非常に厚ぼったい膜になっています。厚い膜になってしまうと塗膜を除去した部分と密着している塗膜との境が非常に目立ってしまいます。そこで急遽施工面の上半分に密着している塗膜も除去することにしました。スクレーパーを用い少しずつはがしていきます。 きれいにはがしました。 細かいクラックまでも含め補修を行い、密着性をあげるためシーラー処理を行います。写真は浸透性シーラーを塗っているところです。 今度ははがした部分とはがさなかった部分で仕上がりの模様が変わってしまうため吹き付けによる模様付けを行います。今回は何度も塗り重ねられているため、下塗りにリシンを吹き付け、その後タイルを小粒で吹きつけました。写真は2回目のタイル吹きです。 ここまできてようやく上塗りを行います。塗らない面と色があまり変わらないようにメーカーに特注で調色してもらいました。当初の予定では工事は完了しているはずなのですが、お客様に随時状況は説明させていただき、工期が延びることも了承いただきました。写真は中塗り(上塗り1回目)です。 この上にもう一度同じ塗料を重ね塗りして完了です。一緒に窓枠の鉄部も塗装してあります。 施工後です。 周りの面とも違和感なく仕上げることが出来ました。ありがとうございました。 船田

続きはコチラ

トラストのこだわり外壁塗装施工例

2012.08.19 更新

長野市川合新田乾式洋瓦屋根(モニエル瓦)塗りかえ工事|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

無事にお盆休みも終え、長野市では毎日のように夕方夕立があります。多少の雨は涼しくなっていいのですが、最近は局所的でなおかつすごい勢いなので車を運転していても怖いくらいです。これも温暖化の影響なのかな?と考えてしまう今日この頃です。 さて、先日行ったモニエル瓦の塗り替えの様子をご紹介します。モニエル瓦とは重量コンクリート(セメント)瓦の代表的な材料の一つです。この瓦のウィークポイントは表面のクリアー層下の脆弱なスラリー層と言われる部分で、非常にもろく、塗料の密着を妨げてしまいます。 まずはその劣化したスラリー層の除去から行います。鉄部や細かい部分をケレンし、 高圧洗浄を行います。 高圧洗浄ではトルネードノズルを使用し、1枚1枚丁寧に洗浄作業を行います。 洗浄作業前 洗浄作業後 劣化した塗膜がきれいに落ちました。こすっても手に色がほとんどつかなくなる状態が理想です。 周囲に汚れが飛散しますので汚れた箇所は一緒に水洗いを行います。もちろん、事前に近隣の住民の方へのあいさつも行っています。 劣化した塗膜の除去が終われば下塗りです。 今回は乾式洋瓦専用の下塗り材です。 先に鉄部には錆止めが塗ってあります。 黒い部分が鉄部です。 今回の下塗り材は2回塗りが基本工程ですが、今回劣化のすすんでいた南面と、東面に関しては更に2回塗装させていただきました。 下塗り後です。 塗れたようなつやが出ています。しっかり上塗りを行う準備が出来ました。 その後上塗りを行います。これも2回塗りです。今回は黒を塗装しました。 塗装後です。 全体では 施工前です。 施工後は 屋根の色が変わるだけでおうち全体の印象が変わりますね。お客さまもすごく喜んでいただけて、非常にうれしかったです。今回のお客さまは以前別の屋根の塗装でお世話になったお客様です。再度ご注文いただきありがとうございました。これからも引き続きよろしくお願いします。 船田

続きはコチラ

屋根塗装施工例

2012.06.26 更新

長野市稲葉外装塗りかえリフォーム完成|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

約3週間かかった塗りかえ工事もいよいよ終盤です。今日は外壁工事の様子をご紹介します。 目地シールの打ち替えが終わり、乾燥させたのち、養生を行います。 その後下塗りからスタートです。 浸透性のプライマーを塗ります。上から塗る塗料との密着を高める効果があります。透明な液体で塗るとつやがでます。 次に中塗りです。 仕上がりの色になっていきます。今回は建てた当時の色調というご希望でしたので色あせの少なかった北側の壁で色を合わせました。基本色以外の色でも基本金額は変わりありません。 そして、最後に上塗りです。 しっかり厚みをつけて塗っていきます。 最初 このようにつやがなかった壁が 日陰でもわかるくらいつやがでています。仕上がりのつやを調節することも可能です。ご相談ください。 全体では 施工前 施工後です。きれいに仕上がりました。ありがとうございました。 船田

続きはコチラ

外壁塗装施工例

2012.06.25 更新

長野市稲葉外装塗りかえリフォーム③|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

梅雨入りした割にはあまり雨が降っていないので非常に助かっています。今日は先日より行っている現場の屋根塗装編です。 今回の現場も勾配が急なため屋根足場による塗装作業です。 現場調査の際には屋根にのぼることが出来なかったのですが、足場で登ってみるとやはり 多少の錆が見られました。年数の割には状態はよかったです。 まず最初に大切な下地調整です。 こすって こすって ひたすらこすります。 さびてるところはもちろん、さびていないところも塗料との密着を高めるため目荒しを行います。 さんざんこすった後に 洗います。高い水圧で汚れ、旧塗膜などを一気に洗い流します。 これでようやく塗る準備が出来ました。 エポキシ系の錆止めを全面に塗り、 刷毛を使いすきまもなるべく奥まで塗装します。(錆止めももちろん同じように塗ってます。) 広い部分はローラーを使い塗ります。 乾燥後最後にもう一度全面を塗装し完成です。 足場の足の下も同じように塗装し、解体の際についた傷もタッチアップを行いながら解体を行います。 これで屋根は完成です。外壁も徐々に完成に近づいてきました。 つづく 船田

続きはコチラ

屋根塗装施工例

2012.06.18 更新

長野市稲葉外装塗りかえリフォーム②|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

梅雨に入りましたが比較的天気がいい日が続いているので助かります。 先日お伝えした会社近くの現場の続編です。 まず安全に作業をすすめるため足場を組みます。(写真は工事の途中で撮ったものです。) もちろん工事の前には近隣の住民の方にあいさつを行い、今回は敷地の関係で近くにお客様用の駐車場を確保しました。もちろんすべてこちらで行います。 すべての工程を写真入りでお伝えしたいのですが、ページの関係で少し割愛します。 金属部の目あらし、洗浄作業の後、目地シーリングの撤去を行います。今回はサッシの周りもすべて撤去しました。 その後、劣化した木部に板金加工を施しました。 このように塗装の剥がれた木部が このようになりました。前回まではお客様自身で塗装されていたそうですが、他の部分に比べ木部の塗装は耐久性が低いため今後のメンテナンススケジュールを考え、板金という方法をとらせていただきました。使用した材料は耐久性の高いガルバリウム鋼板です。 板金をかぶせた後シーリング処理を行っていきます。まだまだ先は長いです。 つづく 船田

続きはコチラ

外壁塗装施工例板金工事

代表からのメッセージ

株式会社トラスト

代表取締役社長 濱口 祐樹

分かりやすい!選びやすい!相談しやすい!
そんな塗装専門店を目指して。

施工例での外壁・屋根塗装をご検討なら、ぜひ株式会社トラストにご相談ください!

皆様こんにちは。トラスト代表の濱口と申します。
当サイトをご覧いただきありがとうございます。

まだまだ塗装業界はわかりづらく、買いにくい業者が多く、不安と感じられる方が多い状態です。

そんな業界に一石を投じることができればとトラストは創業しました。
「わかりやすい!買いやすい!安心!」を目指し、さまざまな独自の取り組みを行っております。
自社職人・最長12年保証・専門ショールーム・お客様アンケートなどはその一例です。

トラストとは「信用・信頼」の意味であり、お客様に喜んでいただくことが私たちの使命です
ご不明な点やご相談など、どうぞ安心してお問い合わせください。
真心をこめて対応させて頂きます。

皆様のお越しをお待ちしております!!

外壁塗装・屋根塗装工事 対応エリア

エリア地図
長野県北信地域対応!お気軽にお問い合わせ下さい!

長野市・須坂市・千曲市・高山村・小布施町・飯綱町・信濃町・中野市・山ノ内町・飯山市

※営業エリア外のお客様でも柔軟に対応いたしますのでお気軽にご相談ください。

トラストのホームページをご覧の皆様へ
  • はじめての塗替えをお考えの方へ
  • 業者選び お悩みの方はこちら!!
  • スミタイが選ばれる4つの理由
  • 屋根・外壁塗装価格表
  • スミタイの無料建物診断・お見積り

北信地域密着のトラストです

2019年12月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
株式会社トラストのCM動画

北信地域密着のトラストです

会社名の「トラスト」とは「信用・信頼」という意味です。仕事を繰り返し頼んでいただける会社、安心して一生付き合えるパートナーのような会社を目指します。

  • 見積無料
  • 相談無料

まずは相談してみる

0120-82-2000電話受付時間 9:00-17:30 (日曜定休)

現場ブログ

チラシ・HPでも公開しない必読の情報満載 塗装をする前に是非ご一読ください! トラストが長年蓄積した塗装のイロハ 資料請求はこちら 株式会社トラストの元気な朝礼

お客様の声

施工エリア

トラストは長野県の北信地域を中心に塗装リフォームサービスを展開しています。

施工エリア図

長野県北信地域対応

長野市・須坂市・千曲市・高山村・小布施町・飯綱町・信濃町・中野市・山ノ内町・飯山市

※営業エリア外のお客様でも柔軟に対応いたしますのでお気軽にご相談ください。

                       
  • トラストはキャッシュレス消費者還元事業に参加しています
  • 各種クレジットカード・電子決済をご利用下さい!