MENU CLOSE

長野の外壁・屋根塗装専門店トラスト 品質にこだわりを持った塗装工事

見積り特典Quoカードプレゼント

0120-82-20009:00-17:30
年中無休
※GW・お盆・年末年始除く

活動ブログ - 外壁塗装 塗装に関する豆知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 活動ブログ > 外壁塗装

外壁塗装の記事一覧

トラストの日々の活動を見てください!

2018.11.03 更新

外壁の耐久性能について|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラストの湯本です。 日本の歴史的に、木造建築を長持ちさせる技術はすでに完成されていて 奈良飛鳥時代の法隆寺は建立から1300年がたっております。 これらの建物はいかに木部を雨水等に当てないかが重要で、それは軒の出がとても重要です。 塔のように背の高い建物は軒を複数に増やし三重、五重にすることにより、壁や柱などの木部に雨水等があたらないようにしたのが三重の塔や五重の等として完成されました。 このように、雨水等から構造体を守るために軒を迫り出すこととなました。 現在の建物では構造的・環境的に軒の出を塔のように軒を迫り出すことは困難です。 では、いかにしてこの現代の建物を雨水等から防いでいけばよいのでしょう。 木造住宅においては、雨水だけではなく躯体内に発生する結露も考えなければなりません。 一般的に木材は含水料が30%を超えると、腐れの危険度が大きくなるといわれております。 木材が腐るためには、空気、温度、水です。この内の1つででも欠けるだけで腐食を抑える事ができます。 では、どのように防ぐか? 現在技術的に可能な方法は水にあてない事です。 内部の結露水には通気層や透湿防水シート、外部には高い撥水性のある塗装があります。 このように、単に美観だけでなく、建物を守るために塗装は大変重要になります。     塗装でお困りの方は、外壁塗装・屋根塗装専門店のトラストまで お問い合わせはコチラ!!

続きはコチラ

豆知識外壁塗装

2018.10.27 更新

クリアー塗装後編&木部漂白(アク洗い)塗装|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラスト施工部の酒井です。 今回のブログはクリヤー塗装の後編ですね!と言っても大体前回お話ししてしまったので仕上がりの写真だけのせます。 新築のように仕上がりました!キレイです。 以上クリヤー塗装後編でした。   さあ今回のブログは木の塗装についてです。まず黒ずんだ木を漂白(アク洗い)します。カビスケ(漂白材)を塗り、濡れた布でカビスケを拭き取ります。漂白の手順はまずは柱から落とします。次に横柱を落としそれから天井です。落としが甘いところはもう一度カビスケを塗って拭き取ります。カビスケはとても強烈な匂いがします。強烈すぎてご飯の味が2日くらいしなくなります。カビスケ作業が終わったら塗る作業に入ります。     落ちましたね。 続いて塗りの作業です。今回使った材料はガードラックアクアと言う材料です。気を付けるポイントはやはり刷毛の継ぎ目めです。なので柱などは、しっかり上から下までしっかり通して(継ぎが出ないように一気に)塗ることです。あまりタッチアップがきかない材料なので時間をかけてしっかり塗ります。 仕上がりがこちらです。とてもキレイですね。以上Trust 酒井でした。     塗装工事をお考えの方は、外壁塗装・屋根塗装専門店のトラストまで お問い合わせはコチラ!!      

続きはコチラ

活動日誌外壁塗装木部

2018.10.06 更新

三分艶?五分艶?塗料の艶について|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラスト施工部の正村です。 雨の日が続いてジメジメしていますね。 風邪などに気を付けましょう!   今回は、塗料の「艶」についてお話します。 特に外壁塗装ではいろいろと選べることも多くあります。   艶とは、塗料を塗った時に出る光沢のことです。 艶は、塗料によって有るものも、無いものもありますが 塗装作業をする際に、艶調整してある塗料は扱いが難しです。 なぜかと言うと、基本的に塗料は刷毛とローラーで塗ります。 艶調整してある、半艶や三分艶の場合重ねれば重ねるほど 光沢が出てしまいます。 三分艶の塗料を二回塗ると少しですが四分、五部に近づいていきます。 ですので、刷毛とローラーを分けてやることが難しいです。 特に夏場の熱い時などは、直ぐに乾いてしまうので余計ムラが出やすいです。 刷毛も本当に細かいところだけにして、ローラーですべて塗るくらいでやらないと 刷毛を塗ったところとローラーがかぶってしまうと そこだけ付くなってしまうので光沢が出て目立ってしまいますので十分に気を使って 塗らなければいけません。   以上職人から見た三分艶、五分艶の注意点でした。     塗装工事をお考えの方は、外壁塗装・屋根塗装専門店のトラストまで お問い合わせはコチラ!!      

続きはコチラ

活動日誌外壁塗装

2018.09.30 更新

好評カラーシミュレーション!|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは。トラストの船田です。今日はトラストで喜ばれているサービスの一つ、カラーシュミレーションのご紹介です。   ショールームをオープンするにあたり、導入したカラーシミュレーションですが、ご希望のお客様には無料でご用意させていただいております。   ショールームオープン以前にもあるにはあったのですが、1つのシミュレーションを行うのに数時間を要し、とても気軽に安請け合い出来るようなものではありませんでした。現在は専門店として専用のシステムを導入しておりますので以前より大幅に時間短縮と精度アップが図られております。それでも写真をお持ちいただいてその場ですぐにというわけにはいきませんのでシミュレーションご希望の方は事前にお申し付けください。   今回シミュレーションしたのは妙高のお客様なのですが、施工前がこちら   そこまで色味を変更しないでということでしたので、そのうえで用意したシミュレーションがこちら   施工が終わってお客様にご報告に伺った際に撮った写真がこちら   いかがでしょうか?とる時間によって若干の色味の違いは出てしまいますが、この程度の差異でシミュレーションができます。ツートンなどの色分けも可能です。 なかなか今の色と違ってこんな色にしたら・・・。と思っていてもいざ塗ってみて後悔・・・。なんてことにならないように事前にシミュレーションを行って雰囲気を感じていただければと思います。   色選びでお困りの方は、外壁塗装・屋根塗装専門店のトラストまで お問い合わせはコチラ!!      

続きはコチラ

活動日誌豆知識トラストのこだわり外壁塗装

2018.09.30 更新

外壁クリヤー塗装

皆さんこんにちは、トラスト施工部酒井です。 さあ今回のブログは外壁クリヤー塗装についてです!まずはみなさんご存知いつも通り洗浄して養生をします。それからメジをアセトンシンナーで清掃します。 メジからはみ出ないようにアセトン拭きをしていきます。アセトン拭きが終わったらいよいよクリヤー塗装の始まりです。 まずクリヤー1回目です!クリヤーを塗るときに気をつけることは、色が透明な塗料なのでいつものように塗っていると塗り残しが見つけずらいのでしっかりと確認しながら塗るのが大事です。 キレイですね!さて2回目にいきましょう。2回目も1回目と同じように確認しながら塗ります。しかし、1回目と同じ塗料なのでさらに塗り残しが見つけにくいです。なので、少しスピードを緩めてしっかりと確認して塗ります。と言う流れで塗っていきます。このお宅はまだ作業の途中なのでまた来月のブログで仕上がりの写真を載せたいとおもいます。以上Trust 酒井でした。 次回、、、クリア塗装完結編。   (○○でお困りの方は)塗装工事をお考えの方は、外壁塗装・屋根塗装専門店のトラストまで お問い合わせはコチラ!! <内容に連動した誘導リンクを入れる(事例、メニュー、会要、ショールームなど)>    

続きはコチラ

活動日誌外壁塗装

2018.08.31 更新

長野市で窯業系サイディングの塗装下地補修をしました。|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは、施工部の小林です。 長野市で外壁塗装中のアパートで外壁補修作業をしました。 最初の作業工程のケレンからスタートです。壁の剥がれや、浮いている箇所を見つけ徹底的に擦りました。足場の廻りをぐるぐる廻り、やり残しが無ければケレン完了次に洗浄の工程入ります。高圧洗浄で徹底的に汚れや苔、蜘蛛の巣など吹き飛ばしながら丁寧に洗って完全に乾かし完了。段差と形が無い、穴が開いている箇所を見つけカチオンで補修しました。既存の壁に近づけて完了。 最後にサンドペーパーで形を整えて補修が終わり下塗り、中上塗りで完了です。 窯業系サイディングは張替えを行うこともありますが、サイディング自体の柄や形状の変化が数年周期であるため、補修で対応することも多くあります。 上手に補修すればだいぶ目立たなくなります。     塗装工事をお考えの方は、外壁塗装・屋根塗装専門店のトラストまで お問い合わせはコチラ!!    

続きはコチラ

活動日誌トラストのこだわり外壁塗装

2018.08.21 更新

和風の砂壁調仕上げ(アートフレッシュ)|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラスト施工部酒井です。 今回のブログは和風の家の壁の塗り替えです!まずはいつも通り洗浄して養生です。養生が終わったら下塗りです。 今回の下塗りは強溶剤のシーラーを使います。匂いがとてもきつい匂いになってます。透明なので塗り残しがないようによく確認してぬります。 下塗りが終わったら上塗り1回目です。 今回の上塗りの材料は水性の砂壁調仕上げの材料(エスケー化研、アートフレッシュ)です! 和風のお宅などにはカッコいい仕上げなのですが・・・乾くのがとても速いので目地から目地まで必ず繋いで塗るのが重要ですよね!材料自体の伸びも悪いので塗るのが少し大変な材料です! 次は上塗り2回目です! 1回目と同様に目地から目地は繋いで塗ります。1回目と同じ色なので塗り残しがないようにしっかり確認して塗ります。 こちらが仕上がりです。うまくいきましたね! 暑い日が続きますが、こまめに休憩を挟んだり水分補給をしっかりして夏を乗り越えようと思います。皆さんは暑さ対策はどのようにしてますか?熱中症には気をつけましょう!以上Trust 酒井でした。     塗装工事をお考えの方は、外壁塗装・屋根塗装専門店のトラストまで お問い合わせはコチラ!!      

続きはコチラ

活動日誌外壁塗装

2018.07.27 更新

下地調整で吹付|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラスト施工部の正村です。 今回は、今やってる現場の下地調整についてお話ししたいと思います。 今やっている現場の壁がリシンが吹付してあり   ※「リシン吹付とはモルタル外壁に用いられる表面化粧材の一種です」 それが、古くなったり、日に当たったりして 手で触っただけでボロボロと落ちてしまうようになっていました。 そう言った場合は、掻き出しを行います。 掻き出しとは、表面についたリシンをかわすきなどで落としいく作業です。 その後洗浄できれいにします。 ある程度落とせたら、水性シーラーを塗り表面のリシンを固めます。 そして、また新しリシンを吹き壁の下地調整を行います。   ↓リシンの吹付を行っているところです。 下地調整をきっちりやることによって耐候年数などが変わっていきます 下地調整ができてないとすぐ剥がれてしまったりするのでとても大事な工程です。 目に見えない所こ気を配ってやっていきたいと思います。         塗装工事をお考えの方は、外壁塗装・屋根塗装専門店のトラストまで お問い合わせはコチラ!! <内容に連動した誘導リンクを入れる(事例、メニュー、会要、ショールームなど)>    

続きはコチラ

活動日誌外壁塗装

2018.03.16 更新

モルタル壁の塗装|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラスト湯本です。 今年の1月半ば過ぎより商業施設の一部壁面の塗装をさせて頂きました。 築年数も40年ほど経過しており、ひび割れ(クラック)が多く見受けられました。 屋根や庇のない垂直の壁面の為、ひび割れの箇所より雨水等が入りやすく剥がれも 多く見受けられました。 また、モルタル内よりの湿気などの影響もございましたので、塗料の選定、補修方法 塗装方法など慎重に検討し施工をいたしました。 <施工前> 先ず表面の塗膜をスクレーパーや電動工具を使用し隔離いたしました。高圧洗浄で洗浄いたしました。   次にクラックの補修 Uカット工法と圧入工法(弾性エポキシ樹脂注入(圧入工法)で補修いたしました。 <Uカット補修> 主に0.3mm以上の構造クラックで使う方法です。丁寧な工法ですが、工程に手間が かかります。 <圧入工法> 2mm以下のクラックでカットせずに1液弾性エポキシ樹脂を圧力をかけ、注入していきます。 補修後が目立ちにくく、作用性も良いです。(ノンブリード、水性、濡れても施工可能) 補修後セメントフィーラーの吹き付けをし不陸調整をいたしました。 下塗りシーラーを塗り 今回はSK化研シポカケン(水性)を使用し吹き付け仕上げをいたしました。 飛散等がございますのでしっかりと養生をし吹き付けいたしました。 <施工後>       塗装工事をお考えの方は、外壁塗装・屋根塗装専門店のトラストまで お問い合わせはコチラ!!  

続きはコチラ

活動日誌トラストのこだわり外壁塗装

2018.02.23 更新

外壁モルタルについて|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラスト湯本です。 外壁の仕上げについてお話いたします。 外壁仕上げ工法の種類は大きく分けて2種類ございます。 湿式工法と乾式工法があります。 まず、湿式工法についてですが文字通り湿らせて工事を行う工法です。 モルタル壁やしっくい壁などが代表的です。 モルタル塗りに関しましては下地にラス(鉄網)を留め付け、水とセメント、砂を混ぜ合わした モルタルを塗る工法です。 モルタル上塗りの表面は主に塗装で仕上げます。ローラー仕上げや吹き付けなどを用い様々な表情を出すことができます。  適正な工法(下塗り4~9mm・むら直し0~9mm・中塗り6mm・上塗り6mm)調合(セメント:砂=1:2.5~3)により適正な厚み(20mm以上)を付けないと大きなクラック(ひび割れ)の原因につながる恐れがあります。   耐久性に優れ、防火性能も高い素材ですが、5年から10年を過ぎてきますと、表面塗装の防水性の低下、経年劣化や地震などによるひび割れなどがでてきますので、メンテナンスが必要となります。 特にひび割れは躯体の下地材の腐食や雨漏れ等の原因になる場合がございますので注意が必要です。   サッシ下等、雨水による影響で塗膜の剥がれの原因になります。 ひび割れの補修方法、メンテナンスサイクルに合わせた塗料選びなど様々ございますので、 専門家の適正な外壁診断・点検をおこない、大切なお家のメンテナンスをいたしましょう。   塗装工事をお考えの方は、外壁塗装・屋根塗装専門店のトラストまで お問い合わせはコチラ!!        

続きはコチラ

豆知識外壁塗装

2017.05.28 更新

外壁塗装について|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

㈱トラスト 営業部 湯本壮一です。 外壁には様々な種類があり、それぞれに特徴がございます。 よく耳にする、サイディングと言っても窯業系、金属系、木質系、 その他にモルタル塗装壁、タイル、レンガ、セラミック、ALCなどがあります。 また、地域によって定期的なメンテナンス期間もあります。 沿岸部、豪雪地帯、高温多湿など住んでいる地域により差はあります。 寒暖差が大きい地域ですと、凍結、融解を繰り返し外壁のダメージも大きくメンテナンス期間も早まります。 点検を行い、状態による補修方法もことなります。 コーキングの補修、部分塗装、全面塗装、一部張り替え、全部張替えなど 状態にお応じた提案をさせていただき、その際にはイニシャルコストとメンテナンスコストの ことをご説明しご納得いただく必要がございます。 例えば、一番安くできる補修でも、10年後、20年後をまで想定した場合メンテナンスコストを考えると 高くついてしまう事があるんです。 全面塗装が必要な場合、比較的に安価アクリル塗装(5年~6年)を選択し塗装してもすぐに再塗装が必要になりますから 耐候性の良いシリコン塗装(10年~15年)、フッソ塗料(15年~20年)などをご予算に合わせメンテナンス計画を立てる 事が大切です。 また、塗装工事の際は、下地処理が正しく施工されているか否かで、耐用年数が3~5年ほど変わってくると思います。 屋根の塗装においても同じことがいえるでしょう。

続きはコチラ

豆知識トラストのこだわり外壁塗装屋根塗装

2017.04.18 更新

須坂市の外壁塗装工事、現場入りに立ち会ってきました。|長野市外壁屋根塗装専門店トラスト

須坂市明徳の外壁塗装工事、現場入りに立ち会ってきました。   過去に屋根でお世話になっているお客様です。明徳団地はご縁があるようで、時々施工時させて頂いております。 今回のお宅は現状がモルタル砂壁調の仕上げの部位と、金属サイディングの部位がメインのお宅になります。 いつもの現場入り光景です。 現場調査した担当+現場職長+監督といった組み合わせです。 当社ではかなり入念な現地調査をしているのですが、それでも足場をかけて隅から隅まで見ていくと新しい痛みが見つかったりするものです。 もちろん当社ではそんな場合も補修しますので、ご安心ください。 話は戻りまして今回のポイントは・・・・ クラック(ヒビ)の補修です。 今回は圧入・状況によりUカットという工法で補修する予定です。 同じ雰囲気がご希望ということでしたので、今回の仕上げは同様の模様で砂壁調仕上げ(エスケー化研、アートフレッシュ)を手塗りで行います。 当時はアクリル樹脂の砂壁調仕上げしかありませんでしたが、今ですとシリコン樹脂で手塗りできる商品があります。 この商品は薄付けの塗料ですので下地補修の跡が出やすいのが難点です。 ですので補修がポイントです。 このように塗装と言っても様々なやり方・商品・施工ポイントなどが山ほどあります。 お気になることがある方は、専門店のトラストまでどうぞお気軽にお問い合わせください。 濱口

続きはコチラ

豆知識トラストのこだわり施工例外壁塗装

1 / 512345

代表からのメッセージ

株式会社トラスト

代表取締役社長 濱口 祐樹

「わかりやすい!買いやすい!そして安心!」
そんな塗装専門店を目指して!

外壁塗装での外壁・屋根塗装をご検討なら、ぜひ株式会社トラストにご相談ください!

皆様こんにちは。トラスト代表の濱口と申します。
当サイトをご覧いただきありがとうございます。

まだまだ塗装業界はわかりづらく、買いにくい業者が多く、不安と感じられる方が多い状態です。

そんな業界に一石を投じることができればとトラストは創業しました。
「わかりやすい!買いやすい!安心!」を目指し、さまざまな独自の取り組みを行っております。
自社職人・最長12年保証・専門ショールーム・お客様アンケートなどはその一例です。

トラストとは「信用・信頼」の意味であり、お客様に喜んでいただくことが私たちの使命です
ご不明な点やご相談など、どうぞ安心してお問い合わせください。
真心をこめて対応させて頂きます。

皆様のお越しをお待ちしております!!

  • トラスト外壁塗装・屋根塗装専門ショールーム

    • 外壁塗装・屋根塗装専門ショールーム
    • 外壁塗装・屋根塗装専門ショールーム

    〒380-0914 長野県長野市稲葉母袋 696-4 オフィスYAビル1F

    TEL:026-222-1077 FAX:026-222-1078

外壁塗装・屋根塗装工事 対応エリア

エリア地図
長野県北信地域対応!お気軽にお問い合わせ下さい!

長野市・須坂市・千曲市・高山村・小布施町・飯綱町・信濃町・中野市・山ノ内町・飯山市

※営業エリア外のお客様でも柔軟に対応いたしますのでお気軽にご相談ください。

チラシ・HPでも公開しない必読の情報満載 塗装をする前に是非ご一読ください! トラストが長年蓄積した塗装のイロハ 資料請求はこちら

トラスト活動ブログ

株式会社トラストのCM動画 株式会社トラストの元気な朝礼

北信地域密着の トラストです

会社名の「トラスト」とは「信用・信頼」という意味です。仕事を繰り返し頼んでいただける会社、安心して一生付き合えるパートナーのような会社を目指します。

  • 見積無料
  • 相談無料

まずは相談してみる

0120-82-2000受付時間 9:00-17:30
年中無休
※GW・お盆・年末年始除く

メールでご相談

お色の色選びで迷ったら…カラーシミュレーション

お客様の声

スタッフ紹介

北信の住宅塗装は
私達にお任せ下さい!

施工エリア

トラストは長野県北信地域を中心に塗装リフォームサービスを展開しています。

施工エリア図

長野県北信地域対応

長野市・須坂市・千曲市・高山村・小布施町・飯綱町・信濃町・中野市・山ノ内町・飯山市

※営業エリア外のお客様でも柔軟に対応いたしますのでお気軽にご相談ください。