MENU CLOSE

長野の外壁・屋根塗装専門店トラスト 品質にこだわりを持った塗装工事

メールでお問い合わせ

見積り特典Quoカードプレゼント

026-222-10779:00-17:30
年中無休 ※GW・お盆・年末年始除く

活動ブログ - 板金工事 塗装に関する豆知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 活動ブログ > 板金工事

板金工事の記事一覧

トラストの日々の活動を見てください!

2018.06.13 更新

雨樋補修|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラスト増田です。   先日、長野市小柴見で、屋根塗装をお考えのお客様の現地調査をした際、 瓦屋根の銅製の雨樋の一部に穴があいており、修繕のお見積りもご依頼いただきました。   銅は通常、雨風で錆びることは考えにくく、 近年の大気汚染による酸性雨の影響や、瓦を焼く時に塗る薬品が銅と相性が悪く、 穴が開く原因のひとつと言われていますが、はっきりしたことは分からないのが現状です。   穴の規模や劣化状況によって、テープだけでは補修しきれないケースもあります。 今回のケースは、短く切った銅製の樋を充てて、コーキング補修する提案をさせていただきました。   銅製の屋根や樋は、老朽化による色(緑青)を楽しむのが目的ともいわれています。しかしながらメンテナンスに、気を遣うことも必要です。     板金工事・塗装工事をお考えの方は、専門店のトラストまで お問い合わせはコチラ    

続きはコチラ

活動日誌板金工事

2018.05.09 更新

折板屋根の雨樋について|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラスト湯本です。 今回は長野市松代のお客様の雨樋の劣化についてお話いたします。   築20年程のお宅で雨樋に穴が空いてしまったとの事で現地調査に行ってまいりました。 折板屋根についている雨樋です。 非常にしっかりと取付けられ外からはなんの異常も見受けられないようにみえます。 では実際に屋根に上がり雨樋の中を見てみました。 3日ほど前に雨が降りましたが、その後は晴天も続いて当日も良いお天気でした。 にもかかわらず雨水が溜まり雨樋から排水されていない状況でした。 また、長年の汚れもたまっている為、雨樋の底にさびの進行も見受けられました。   ではなぜ雨水が排水されないのか? 一般的な住宅では雨水が溜まらないように勾配をとるのが通常ですが、当時の折板屋根に 取り付ける雨樋は勾配を付けず雨樋を水平に取付けが一般的でした。 その為、長年の汚れや雨水の影響でサビが生じ鉄板に穴が空いてしまう事になります。   現在では勾配を調整できる金具があり、基材も厚くなっている為、汚れや雨水が溜まりにくく 雨樋に穴があいたりする心配はなくなりました。 現在、足場をかけ雨樋の交換を行っております。 普段中々気が付かない箇所ですが、雪の影響による雨樋の変形やつまりの異常などみうけられましたら、早めの点検をおすすめいたします。   雨樋などでお困りの方も、外壁塗装・屋根塗装専門店のトラストまで 長野市トラストの雨樋交換はコチラ! お問い合わせはコチラ!!      

続きはコチラ

活動日誌豆知識板金工事

2018.01.20 更新

落雪防止工事|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

雪が増えてくるこの時期に一緒に増えてくるお問い合わせがあります。   「雪止めの設置」に関してです。   屋根の雪が隣の家に落ちた。 カーポートの屋根が2階からの雪で壊れた。 車の屋根が凹んだ。 道路に雪が落ちて通行人に当たらないか心配。 などなど。   見積依頼をいただいたお客様の屋根の確認を行うと 軒先がこのようになっていました。一番下の雪止め金具から下の屋根に積もった雪による被害が多いです。   駐車場の上の部分だけスノーストップ(ステンレス製)の設置を行いました。   下から見るとこのような感じです。   1階の屋根はスノーネットの取付を行いました。 雪を止める効果は下がりますが、費用はスノーストップ(ステンレス製)に比べ約1/3程度に抑えることができます。   雪が降ってくるとお問い合わせが増える軒先の落雪防止工事ですが、屋根の上に積雪があると作業は出来ません。 お気になる方は早めにお問い合わせください。

続きはコチラ

活動日誌板金工事

2016.10.28 更新

雪止め金具が変形してしまったときは火災保険で交換費用が出る場合があります。|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

営業部の船田です。最近上の娘(5歳)がひらがなを覚えだし、会社から帰るとお手紙がおいてあり、それを読むのが楽しみです。 さて、北信地方では他の地域に比べ鋼板屋根のお宅が多いです。鋼板屋根の場合、降った雪を意図的に落とす場合を除いてはだいたい雪止め措置がされています。 そんな雪止めには様々なタイプがあるのですが、今日はそんな中でも横葺で使用される先付けタイプ(屋根を新設するときに葺きながら取り付けるタイプ。屋根が出来上がってから取り付ける後付けタイプもあります。)についてのお話です。 塗装の見積もりを行う際に当社では出来るだけ屋根に上って確認を行います。そんなときに雪止め金具などについてももちろん確認を行います。 先付けタイプでよくある損傷は変形です。 変形が進むと破断することもあります。 変形が進む過程で屋根が持ち上がると冬季の積雪により水が逆流し雨漏りにつながることもあります。 それではなぜ持ち上がったり破断したりするのでしょうか? 正常な金具はこのような形をしています。屋根の納まりに合わせてS字に曲がっています。これが変形すると 先端の三角は変形し、S字も下に引っ張られることにより伸びてしまいます。伸びたときに屋根を持ち上げてしまうのです。 一度変形してしまうと戻すことは難しく、交換するしかありません。 変形したり破断した状態で放っておくと他の健全な金具に負担がかかり、さらなる破損を招く可能性があります。 このような雪による屋根の損傷は加入されている火災保険により修理費用が認められることが多いです。 屋根の勾配などによっては下からこのような細かい部分が確認できないためなるべく上って確認を行います。 外装の塗装はメンテナンスサイクルの長い修繕のため、同時に行うべく修繕は併せてご提案できるように努めております。 塗装メンテナンスの業者を選ばれる際はただ塗り替えるだけではなく、お家の健康状態をよく確認し、必要なメンテナンスを提案してくれることが私は大切だと思います。

続きはコチラ

豆知識トラストのこだわり板金工事

2016.10.22 更新

以前ブログに掲載した屋根の葺き替え現場に行ってきました。|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは。営業部の和田です。 朝晩めっきり寒くなりましたね。鍋も美味しい季節になりました。 今回は、以前信濃町・野尻のお客様で屋根の塗装のご相談があり屋根の状態を見させて頂く中で 葺き替えをご提案させて頂きご注文頂いたお客様の工事現場に行ってきました。 屋根を見させて頂いた時の状態です。 一文字葺きの重なり奥までサビが出ておりこのまま塗装しても数年でサビが出てくる可能性が高い と判断し張り替えを提案させていただきました。。 競合数社が全て塗装で見積りをしてくる中、現場調査の内容や実績から張り替えでご注文を頂きました。 現場に入る前日に北・南に転落防止の足場を組みました。 既存屋根を剥がしたのですがやはり!思った通り一文字葺きの重なり奥や裏がサビておりました。 この状態ですと奥までケレン処理しても裏まではケレン処理出来ず間違いなく 1・2年でサビが出てくる事になったと思われます。野地板はしっかりしておりました。 ルーフィングを敷き・耐摩カラーGLという鋼板で葺き替えしました。北側については塗装を予定しております。 無事に葺き替え完了しました。やはり現状の状態をきちんと把握し原因を追究し提案し それを約束通りに実行していく事がお客様に喜んで頂けるものと信じております。

続きはコチラ

トラストのこだわり板金工事

2016.10.17 更新

長野市 篠ノ井で物置の基礎・板金工事現場に行ってきました。|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは。営業部の和田です。 やっと秋らしい陽気になりましたね。 朝晩は冷え込みますので風邪には注意して下さいね。 さて今回は先日から工事しております篠ノ井のお客様の物置基礎・板金工事の現場に行ってきたので 少しお話ししたいと思います。 今回は外壁塗装・雨樋・破風板金工事がメインですが長年使っている物置の壁のトタンがサビて土間の中に 雨水が浸入するとの事で何とかして欲しいとのご要望でした。 そのお客様はご年配で以前自営業をされていらした時の大切な思い出の品物がしまってあるとの事でしたので ただ張り替えるだけでは問題解決にはならない為工夫しました。 現状はトタン壁の地面に近い箇所にサビが多く見受けられ、物置の土間が中まで雨水が浸入しておりました。 昔の建物に多いのですが、壁が地面に接していると壁の下部からサビが発生しトタンを侵食してしまいます。もちろん基礎が地面と同じ高さであることが土間の中まで濡れてしまう原因でした。 改修前の物置です。 改修前の物置下部です。 そこで土間の基礎を高く嵩上げし水切りを付ける事で解消出来ると考え工事を行いました。 土間基礎嵩上げ工事後です。 水切り板金工事後です。 工事完了後です。 お客様からは大変喜ばれました。トタンの色も気に入って頂けました。最後に、物置の鉄骨も塗装させていただきました。 お客様の大切な思い出の品もこれで傷めず保管できる事でしょう。

続きはコチラ

板金工事その他工事

2016.10.09 更新

長野市篠ノ井、バルコニー・ベランダ屋根の張り替え現場に行ってきました。|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは。営業部の和田です。 朝夕寒さも増してきました。体調管理はしっかりして下さいね。 このところ天候も悪く現場はなかなか予定通りいかない日々が続いておりますが、 篠ノ井の外壁塗装・板金工事のお客様の板金工事があった為朝から行ってきました。 板金工事の中でも今日は1・2階テラスの波板屋根の張り替えでした。 元々は塩ビ波板と言う材質で、紫外線や劣化により変色や割れが起きるものでした。 お客様も今回の外壁塗装工事にあたり最初は一部だけ張り替えを希望しておられましたが、 工事途中で綺麗になった外壁をご覧になり全て張り替えて欲しいとの事になりました。 又、塩ビ波板を外した際にテラスの野縁の上部(波板と接している部位の木部)も塗装ができることをお話しさせて頂いたところ、是非との事でした。 ポリカーボネートは変色や劣化に強い材質で、最近塩ビ波板に代わり多く用いられてきています。 表面の形状も透明なタイプや擦りガラス(エンボス)タイプがあり色もクリア・ブラウン・ホワイト・アイスブルー等があり今回は、擦りガラス調のアイスブルーになりました。 比較的施工数の少ない新しい色でしたが、とても喜んで頂けた様で良かったです。 施工前の塩ビ波板屋根です 施工後のポリカーボネート波板屋根です。もちろん木部も塗装しました。

続きはコチラ

施工例板金工事木部その他工事

2016.09.11 更新

信濃町・野尻の現地調査に行ってきました。|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは。営業部の和田です。 今回は、雪が多い地域のお客様の屋根の現地調査に行ってきました。 お客様も塗装が良いのか、葺き替えが良いのか悩まれておりました。 屋根は一文字葺きで登ってみると一文字葺きで一番重要な重なり部にサビがありました。 通常この重なり部の奥・或いは裏側までサビが回るとケレン作業でもサビを落としきれない事があります。 今回は裏側までサビが回っている可能性が高く慎重に確認しました。 もちろん、しっかり重なりの奥までケレン処理し塗装する事も可能ですが、当社の保証条件を満たすことが出来ずその旨をお客様にお伝えいたしました。 数年以内にこの重なり部からサビが出る可能性が高かったのです。 塗装はこの下処理であるケレン作業をいかにしっかり行うかで塗装の持ちも違って来る程とても重要なのです。 今回のお客様の場合は重なりの奥、更には裏側までサビが出ている可能性が高い為 板金張り替えでご提案させて頂きました。 ちなみに、上の写真の裏面屋根(下がり)は状態が良かった為もちろん塗装させて頂く事になりました。 複数社でのお見積りとなりましたがしっかり現状をお話させて頂き、唯一板金でご提案させて 頂いた当社でご採用頂きました。嬉しい限りです。

続きはコチラ

屋根塗装板金工事

2016.09.08 更新

雪止め金具の交換に立ち会ってきました。(飯綱町福井団地)|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

皆さん、こんにちは。営業部の和田です。 久しぶりの投稿になります。 さて、先日、屋根を塗装される飯綱町・福井団地のお客様の雪止め金具交換に立ち会って参りました。 お客様の地域は冬は雪が多くその雪の重みで雪止め金具が伸びてしまっていました。 今回塗装するにあたり必要ない箇所は金具を外し、必要な箇所は丈夫な金具に交換し、更に金具の取り付け数を増やす工事内容でした。 台風の影響がある天候の中、午前中に足場を組みました。 まだ風も吹いていたた為ネットなどはたたんでおきました。 今回の屋根は一文字葺きで金具を外すにあたり一部屋根を剥ぐ作業がありました。 金具を撤去する箇所は14カ所ありましたので屋根を剥いで少し持ち上げて作業しました。雪止め金具は垂木にクギを使い取り付けてありました。 全て金具を外した後、今後必要のない箇所はそのまま剥いだ屋根を戻し、交換箇所は新しい丈夫な金具を取り付けました。 今回伸びた金具を実際に手に取って見る事が出来ました。 金具が屋根に付いている状態ではなかなかわかりずらい箇所なのでいかに雪は重いのか、、、と改めて実感しました。 写真では、上が正常な金具で、下が伸びてしまった金具です。 更に雪で引っ張られると曲がった所から破断(切れて)してしまう事もあるので交換が必要なのです。 無事に全ての作業は終了しました。次は塗装の施工に入っていきます。

続きはコチラ

トラストのこだわり板金工事

2016.06.11 更新

瓦棒葺き(トタン屋根)の弱点と劣化時の改修について。|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは濱口です。 本当に暑い日が続きますね。暑さに負けず頑張りましょう! 今日は「瓦棒葺きトタン屋根の弱点」とその対策についてお伝えしたいと思います。裏技もお伝えします。 瓦棒葺きは何十年も前からある葺き方で、一文字葺きが出てくる前は一世を風靡した葺き方と言えます。今でも使われている葺き方で、見たことがない方はいらっしゃらないと思います。 詳しくはここでは書きませんが、縦に長尺(長い一枚物の板金)で葺かれているため、防水力が高く緩い勾配でも葺くことができます。しかし、弱点があるんです・・・   それは、キャップ(瓦棒の先端、コグチ)部分です。広い意味で軒先・カラクサと言い換えても良いかもしれません。 軒先は雨が降るたびに水が切れる箇所ですので、どのような葺き方でも傷みやすい箇所と言えます。 写真からもお分かりのように、瓦棒葺きの場合は構造上どうしても水が滞留・浸入しやすく痛みやすい箇所になります。スガモリ等の原因にもなりやすいです。 特に雪の多い地方では痛みやすいので注意が必要です。   こうなってしまわないために、最善の予防としては適切な時期に塗り替えを行い、その都度しっかりとケレン(研磨)・サビ止め・上塗りを行うことです。 カラクサやキャップ(コグチ)は塗りにくい箇所ですので、ケレン作業やサビ止め塗装を行わないなんて業者さんも多くいらっしゃいます。一見分かりにくい部位ですがこういう個所を1回1回の塗装でしっかり施工しておくと痛み方が全く違ってきます。   さて、本題に入ります。軒先が写真のように大きく痛んでしまった場合です。 葺き替え(張り替え)しかないと思われている方も多いと思いますが、実は「軒先のみ張り替え」という裏技があるんです。 軒先を切断→必要に応じ下地補修→ルーフィング敷き→カラクサ取り付け→一文字葺き→瓦棒ジョイントつかみ ちょっと専門的ですが、こんな流れです。 写真からもお分かりのようにキャップ部位がなくなり、一文字葺き一段分以上が瓦棒葺きの下に入っていることになりますので、防水力面でも安心です。 それなりに技術のある職人でないとできない工事になります。 軒先だけが顕著に傷んでいる場合はおススメの方法と言えます。全面張り替えより格段に費用が安くなります。   こちらのお客様は屋根の塗り替えも合わせて行わせて頂きました。 このような工事は塗装だけではなく板金の知識や経験も必要になってきます。どうしても提案できる業者は限られてきてしまいます。 もし同じような状況でお困りの方はお気軽にお問い合わせください。

続きはコチラ

豆知識板金工事

2013.05.25 更新

長野市信州新町外装塗装、板金工事|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

過ごしやすい気温の日があったかと思うと夏日に突入し、一気に初夏の陽気です。今年は春の陽気が少なかったように思いますね。 さて、そんな中信州新町で行ってた現場が無事に終わったので紹介したいと思います。 今回の現場の重点ポイントは モルタル壁のクラック補修 & 屋根の下地処理です。 モルタル壁の目地以外のクラックが目立ちます。 専用工具を使用し、あえてクラック部分を広げます。 カット後を確認するとやはり壁面深くまでクラックが入ってます。再度クラックが起こっても破断しないようコーキング材などにより補修を行い、その後周辺とのぼかし作業を行います。 補修跡がなるべく出ないよう丁寧に補修しました。 欠損部の大きい個所もありました。 補修材できれいに左官補修します。 屋根は立地柄草木の汚れが付着しているので、全体を電動工具でケレン処理します。 高圧洗浄後、3工程塗装を行いきれいに仕上がりました。 今回のお宅では雨樋の交換がありましたので、古い雨樋を外した際に破風板の板金を一緒に行いました。これで従来の木部に比べメンテナンスサイクルはぐっと長くなります。破風が木部で雨樋を交換される際は破風の板金をお勧めしています。 雨樋も以前より受け金具のピッチを短くし雪に対しても強くなりました。 お客様もきれいになったと喜んでいただけうれしかったです。もちろん、長期保証書も発行しております。今度ともよろしくお願いします。 ここ最近、来年の消費税増税に向けての質問や問い合わせが少しずつ増えてきております。施工の時期などご検討中のお客様はご希望に添えない可能性がありますので早めにお問い合わせください。 船田

続きはコチラ

施工例外壁塗装板金工事

2012.10.06 更新

外壁金属サイディング張り工事|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

朝晩だいぶ冷え込むようになってきました。我々外仕事の人間にとっては、すごく過ごしやすい季節ですね。 先日アップした耐震補強工事を行ったお宅です。 耐震工事の際に壁をはがすなら、全部新しくしたいとのご要望をいただきました。 施工前です。 胴縁(壁材を取り付けるための下地材)を取り付け、 金属サイディングを取り付けていきます。 その他板金処理(水切り、窓枠、雨樋交換等)を行い、 既存の破風板等は塗装し、玄関のドアは新しく取り換えました。 施工後です。 入念に打ち合わせを行い、モダンな雰囲気でかつ和風住宅に合う壁材を選びました。 お施主様も「これで地震来ても安心だし、新築みたいになってよかった」と喜んでいました。 ありがとうございました。 若杉

続きはコチラ

板金工事

1 / 212

代表からのメッセージ

株式会社トラスト

代表取締役社長 濱口 祐樹

心から安心して頼める塗装専門店として
品質・サービスにこだわり続けます!

板金工事での外壁・屋根塗装をご検討なら、ぜひ株式会社トラストにご相談ください!

皆様こんにちは。トラスト代表の濱口と申します。
弊社は「塗装専門店」として長野市母袋で創業し11年になります。地域の皆様に可愛がっていただき成長してくることができました。本当にありがとうございます。
塗装業界は未成熟でバラツキも多く、本当に分かりにくい業界です。情報や業者が溢れ、「どこに頼んだらいいのか分からない。」とおっしゃる方に多くお会いします。
弊社は専門店です。心から安心して頼める店を目指し「品質・サービス」を徹底的にこだわり続けてきました。自社職人・自社試験・お客様アンケート・ショールームなどもその一環に過ぎません。
トラストとは「信用・信頼」の意味です。「社名通りだね!」と言われることが私たちの誇りです。

皆様のお越しをお待ちしております!!

  • トラスト外壁塗装・屋根塗装専門ショールーム

    • 外壁塗装・屋根塗装専門ショールーム
    • 外壁塗装・屋根塗装専門ショールーム

    〒380-0914 長野県長野市稲葉母袋 696-4 オフィスYAビル1F

    TEL:026-222-1077 FAX:026-222-1078

外壁塗装・屋根塗装工事 対応エリア

エリア地図
長野県北信地域対応!お気軽にお問い合わせ下さい!

長野市・須坂市・千曲市・高山村・小布施町・飯綱町・信濃町・中野市・山ノ内町・飯山市

※営業エリア外のお客様でも柔軟に対応いたしますのでお気軽にご相談ください。

チラシ・HPでも公開しない必読の情報満載 塗装をする前に是非ご一読ください! トラストが長年蓄積した塗装のイロハ 資料請求はこちら

トラスト活動ブログ

株式会社トラストのCM動画 株式会社トラストの元気な朝礼

北信地域密着の トラストです

会社名の「トラスト」とは「信用・信頼」という意味です。仕事を繰り返し頼んでいただける会社、安心して一生付き合えるパートナーのような会社を目指します。

  • 見積無料
  • 相談無料

まずは相談してみる

026-222-1077受付時間 9:00-17:30
年中無休 ※GW・お盆・年末年始除く

メールでご相談

お色の色選びで迷ったら…カラーシミュレーション

お客様の声

スタッフ紹介

北信の住宅塗装は
私達にお任せ下さい!

施工エリア

トラストは長野県北信地域を中心に塗装リフォームサービスを展開しています。

施工エリア図

長野県北信地域対応

長野市・須坂市・千曲市・高山村・小布施町・飯綱町・信濃町・中野市・山ノ内町・飯山市

※営業エリア外のお客様でも柔軟に対応いたしますのでお気軽にご相談ください。