MENU CLOSE

長野の外壁・屋根塗装専門店トラスト 品質にこだわりを持った塗装工事

見積り特典Quoカードプレゼント

0120-82-20009:00-17:30
年中無休
※GW・お盆・年末年始除く

活動ブログ - トラストのこだわり 塗装に関する豆知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 活動ブログ > トラストのこだわり

トラストのこだわりの記事一覧

トラストの日々の活動を見てください!

2019.04.30 更新

タスペーサーについて|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

  こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラスト高池です。   今回はタスペーサーについてお話させていただきます。 タスペーサーとはどんなものかといいますと、この写真がタスペーサーになります。 見ただけですと何に使うかってわかりにくいですがこれが非常に重要なものなんですよ!! どういった場面で使うのかというと、スレート屋根の塗装の際に使います。   スレート屋根の塗装を行うと雨漏りがしてしまうことがあります。 屋根材の縦のつなぎ目から水が入り、横方向のつなぎ目から水が抜けるのですが 塗装をすると隙間を埋めてしまい水が抜けなくなってしまい、屋根裏から雨漏りがすることがあります。   そういったことを防ぐためにタスペーサーを屋根材一枚に対して一つ必ず入れます。 以前は塗装した後に隙間のところを切って隙間を確保していたのですが 塗装した後に傷をつけてしまいます。 このように入れることによって切ることなく 隙間を確保することができます。   結構地味なことなんですけどこれをするしないでは 塗装した後の影響が全く違ってくるんですよ!!         ★トラストは長野市で気軽に相談ができる《外壁・屋根塗装ショールーム》を展開しております★  外壁塗装・屋根塗装・雨樋・雨漏り・サイディングなどでお困りの方はお気軽にどうぞ! 優良店・口コミ評判店目指して頑張ります(^^)   【外壁・屋根塗装専門店トラスト】についてはコチラ!   【お問い合わせフォーム】はコチラ!!   【よくある塗装に関するご質問】はこちらにまとめさせていただきました。 【よくあるご質問】はコチラ!!        

続きはコチラ

活動日誌豆知識トラストのこだわり施工例屋根塗装

2019.04.09 更新

折板屋根ボルトキャップとは|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラスト施工管理若杉です。 皆さん折板屋根という屋根をご存知ですか? こんな屋根のことです。 工場や倉庫等の大型な建物、長尺の建物によく使用されるトタン屋根です。 比較的安価で強度も十分ですが、トタンですのでやはり定期的な塗替えは必要です。 ただ、この折板屋根において一番危険な(雨漏りの心配につながる)箇所は・・・ そう、ボルト部分です! パッキンの劣化、ボルトの錆による腐食により雨漏りが発生します。 最近の折板屋根はこの問題を解決するために、締め付けを内部で行う「ボルトレス折板」が増えています。 では塗替え時にこのボルト部分をどうするのか。 現在塗装中の千曲市のお宅からご紹介します。 これは「ボルトキャップ」という折板屋根ボルト部をカバーする部材です。 写真は 下地処理→下塗り→上塗り1回目 後の写真です。 ボルトキャップ取付後「上塗り2回目」を行い完了となります。 ボルト部をコーキング等で補修して塗装しても問題はないですが、ほんの少しの費用でかなりの安心感です。 倉庫、車庫等の小規模な折板屋根でもお気軽にご相談くださいませ。         ★トラストは長野市で気軽に相談ができる《外壁・屋根塗装ショールーム》を展開しております★  外壁塗装・屋根塗装・雨樋・雨漏り・サイディングなどでお困りの方はお気軽にどうぞ! 優良店・口コミ評判店目指して頑張ります(^^)   【外壁・屋根塗装専門店トラスト】についてはコチラ!   【お問い合わせフォーム】はコチラ!!   【よくある塗装に関するご質問】はこちらにまとめさせていただきました。 【よくあるご質問】はコチラ!!        

続きはコチラ

豆知識トラストのこだわり屋根塗装

2019.03.20 更新

長野市遮熱塗装工事|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラスト小林です。 長野市の外壁・屋根塗装工事で屋根塗装の紹介します。   屋根の種類は切妻屋根のウッドピース[段葺き]の遮熱塗装工事を 行いました。 最初に雪止めアングル【雪の落下を防止する金具】を外して撤去 しました。 次にマジックロンという表面を削る道具丁寧に擦りました。全体的擦り   苔などを削り落としてケレン処理終了。 次の工程は、高圧洗浄の作業です。   実は高圧洗浄は2種類のノズル《水の出方・汚れの落ち方》が違う工程で洗浄を行います。 最初にトルネードと呼ばれるノズル【水が竜巻状】に出る機械で洗浄します。 とても威力がありチョーキングなどを根こそぎ削り落として、 次にストレートと呼ばれる【水が直線状】に出るノズルで 隙間にある細かい砂とホコリなど全体的 洗い流して完了。   他の塗装屋さんはほとんど1回しか洗いません。   完全に乾かしてから下塗り【錆止め】の塗装工事が開始します。 今回は.アレスクールメタルプライマーを塗りました.色は白色です。 塗り残した所を手直して下塗り完了。   次の作業工程は上塗り【1回目⁾】を塗装しました。上塗りの塗料にアレスクール2液si フッ素で塗装しました。 上塗り色はアイビーグリーンです。 シンナーを少なく入れ.塗膜が厚く重ねながら塗装しました、塗り残っている箇所をチェック 施工管理者の検査を受けてOKが出れば、最後の上塗り【2回目】が出来ます。     私たちは手抜き工事のない良い品質でお客様に提供しています。 最後に塗ムラを無くして上塗りを掛けて塗装工事終了です。   普通の塗料より遮熱塗料は 夏に屋根表面が10℃以上(部屋で2~3℃程度)涼しくなります。 非是非お試しください。       今後も口コミをいただける優良店・評判店目指して頑張ります(^^)   ★トラストは長野市で気軽に相談ができる《外壁・屋根塗装ショールーム》を展開しております。★  外壁塗装・屋根塗装・雨樋・雨漏り・サイディングなどでお困りの方はお気軽にどうぞ!   【外壁・屋根塗装専門店トラスト】についてはコチラ!   【お問い合わせフォーム】はコチラ!!   【よくある塗装に関するご質問】はこちらにまとめさせていただきました。 【よくあるご質問】はコチラ!!        

続きはコチラ

活動日誌トラストのこだわり屋根塗装

2019.03.06 更新

瓦屋根はメンテナンスフリー?|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラスト船田です。   暖かくなって見積もりのお問い合わせも徐々に増えてきております。ありがとうございます。   見積を提出する前に必ず行うことが現地調査です。現在の建物の状態を確認し、メンテナンスプランを検討いたします。   そんな中でよくお聞きするのが 「うちは瓦だから屋根は大丈夫です。」というお言葉。   確かに、瀬戸物の瓦自体は基本的にメンテナンスフリーに近いです。現在の瓦の施工方法で特に不具合がなければ60年程度大丈夫だと先日瓦業者の方が言っておられました。お客様が言われる事にも一理あると思います。   ですが!! 瓦本体は大丈夫でも、屋根の形は複雑なため、ずれたり割れたりという不具合が出ることがあります。   今まであった瓦屋根の不具合をご紹介します。 谷樋の腐食です。谷樋がスチール製の場合は塗装をお勧めしています。   瓦の割れです。屋根にあがって初めてわかることも多いです。   棟板金の退色です。ここもスチール製ですので塗装をお勧めしています。   屋根の水の切れる部分にある板金材が腐食しています。雨樋があるため下からは腐食している部分が見えません。もちろん腐食が進む前に塗装した方がいい部分です。   瓦がずれています。一部下地のルーフィングに雨が当たる状態になっていました。幸い棟近くで入る雨量も少なかったので漏水まではしていませんでした。   棟部周辺の瓦のずれや、三日月漆喰の劣化です。そのまま劣化が進むと棟を固定する材料の劣化が進み、さらなるずれなどの原因となりますので劣化が軽微な状態でのメンテナンスをお勧めしております。   いかがでしたでしょうか?   瓦屋根でも上ってみてみないとわからない部分が多くありますので私たちは現地調査の際になるべく屋根の上まで確認をさせていただいております。その上で必要であればお見積もりの際に補修工事も含めてご提案いたします。   診断見積りは無料です。お気軽にご用命ください。   ★トラストは長野市で気軽に相談ができる《外壁・屋根塗装ショールーム》を展開しております★  外壁塗装・屋根塗装・雨樋・雨漏り・サイディングなどでお困りの方はお気軽にどうぞ! 優良店・口コミ評判店目指して頑張ります(^^)   【外壁・屋根塗装専門店トラスト】についてはコチラ!   【お問い合わせフォーム】はコチラ!!   【よくある塗装に関するご質問】はこちらにまとめさせていただきました。 【よくあるご質問】はコチラ!!        

続きはコチラ

活動日誌豆知識トラストのこだわり

2019.02.17 更新

長野市で【屋根塗装から10年が経過した屋根】の現地調査に行って来ました!|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラスト濱口です。   長野市で【屋根塗装から10年が経過した屋根】の現地調査に行かせて頂きました! 一昨年外壁も塗らせて頂いた大きなテナント様の屋根です。 ↑ 一昨年の写真です。   10年前は関西ペイントの最高ランクの屋根塗料が 一液型アクリルシリコン樹脂塗料「スーパーシリコンルーフ」でしたので、 当時はそれを使わせて頂きました。     当時の写真を見てみますと・・・ ↑ 写真はトラストが誇る《一級塗装技能士の中澤》です。 今では施工部の課長です!10年前ですので若い!笑       さて、今回調査の様子ですが    約1000㎡(住宅10棟分くらい)の大きな屋根です。   一言で調査結果を申し上げれば、 「全体的には良好な状態でしたが、経年劣化によりぼちぼち塗り替え」 といったところでしょうか。   細かいところを見ていきますと、 ↑ 数年前にエアコンの交換を行われたとのことで、 室外機を引きずってしまった傷がサビております・・・ これはいけません。   ↑ 雨樋のつまりも見受けられました。 ↑ 端部などに局所的な痛みも見受けられました。   以上ダイジェスト版で現地調査報告でした。     このようにトラストでは 定期的な点検や過去の施工履歴などの管理を徹底しております。 時間が経っても安心です!   また、プロのスタッフがこのブログよりもずーっと 詳細な診断報告書を提出させて頂きます!   《塗装工事は1回やって終わりではない》 という種類の工事になりますので、 ぜひアフターサービスも重視して頂けると安心です!     今回は、10年経ちランクアップした塗料でご提案させて頂くことにしました。   「専門店だから安心!」と言って頂けるような 口コミ優良店・評判店目指して頑張ります(^^)     ★トラストは長野市で気軽に相談ができる《外壁・屋根塗装ショールーム》を展開しております。★  外壁塗装・屋根塗装・雨樋・雨漏り・サイディングなどでお困りの方はお気軽にどうぞ!   【外壁・屋根塗装専門店トラスト】についてはコチラ!   【お問い合わせフォーム】はコチラ!!   【よくある塗装に関するご質問】はこちらにまとめさせていただきました。 【よくあるご質問】はコチラ!!        

続きはコチラ

活動日誌トラストのこだわり

2019.02.05 更新

工事中のコミュニケーション|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラスト施工管理若杉です。 今回は施工管理の内容を一部ご紹介しようと思います。 「仕事(用事)があるから工事中留守にしてまっても大丈夫?」 お客様は工事発注の際に心配してくださいます。 そんなときのために 「コミュニケーションボード」を用意しております。 お留守のお客様とも円滑にコミュニケーションがとれるように、通常玄関付近に設置させていただきます。 何かご不明な点等あれば遠慮なく記入してください! もちろん、作業員又は施工管理に直接お伝えくださっても大丈夫です。 特に初めての塗装工事を発注のお客様はたくさんの疑問・不安をお持ちだと思います。 ただそうは言っても、忙しそうに作業するスタッフには声をかけづらいかもしれません。 もしかしたら一生懸命に作業する姿が怖く見えるときもあるでしょう。 ですが、疑問点を残したまま工事を終えてしまい、 「満足できなかった」 ではお客様だけではなく私たちも悲しいので、気軽に声をかけてください! 私たちはプロです。 ですが一人の人間ですからミスしてしまうこともあります。 お客様から「ありがとう」「ご苦労様」と言ってもらえたらとてもうれしいです。 良好なコミュニケーションはどんなときでも大切ですね。   「コミュニケーションボード」は評判が良いようです。 工事中毎日のようにボードでやり取りを行ったお客様もいらっしゃいます。 最終的にお客様に「ありがとう」をもらえるように私たちも尽力いたします。     口コミをいただける優良店・評判店目指して頑張ります(^^)   ★トラストは長野市で気軽に相談ができる《外壁・屋根塗装ショールーム》を展開しております。★  外壁塗装・屋根塗装・雨樋・雨漏り・サイディングなどでお困りの方はお気軽にどうぞ!   【外壁・屋根塗装専門店トラスト】についてはコチラ!   【お問い合わせフォーム】はコチラ!!   【よくある塗装に関するご質問】はこちらにまとめさせていただきました。 【よくあるご質問】はコチラ!!        

続きはコチラ

トラストのこだわり

2019.01.21 更新

病院様の外壁塗装!ケレン・高圧洗浄しました。|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラスト小林です。   建物の長持ちは下地処理で決まる! 今回は、痛みのあるのALC(軽量気泡コンクリート)の外壁塗装の様子をお伝えいたします。 実はいつもお世話になっている病院様の工事です。 この建物は東面がだいぶ痛んできており、チョーキングと塗膜が薄くなってました。 最初の作業工程はいつもの作業!ケレンです。 塗装工事の基本ですね。今回はアルミの笠木.手摺、鉄の縦トヨ.鉄骨の柱.パネル鋼板の外壁。いつものように紙ヤスリとマジックロンと言うケレン道具で擦るべし!擦るべし!!擦るべし!!! 下地材に細かなキズを付けると塗料の食い付きが良くなり、手触りツルツルにして作業完了です。 次に高圧洗浄で水洗い。ALCの外壁は、チョーキングと苔.埃を丁寧に洗います。この時期はカッパ着てないとかなり寒い😵‼️ 以上、下地処理の一部(ケレン・高圧洗浄)でした! 良い口コミ・評判を頂けるようがんばります!     ★トラストは長野市で気軽に相談ができる《外壁・屋根塗装ショールーム》を展開しております★  外壁塗装・屋根塗装・雨樋・雨漏り・サイディングなどでお困りの方はお気軽にご相談下さい!   【外壁・屋根塗装専門店トラスト】についてはコチラ!   【お問い合わせフォーム】はコチラ!!     【よくある塗装に関するご質問】はこちらにまとめさせていただきました。 【よくあるご質問】はコチラ!!

続きはコチラ

トラストのこだわり外壁塗装

2018.12.19 更新

積雪地での幕板の凍害について|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは。長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店トラストの船田です。 現地調査で壁面の劣化はそこまで進んでいない場合でも局所的な劣化が見られる場所があります。今日はその一つをご紹介します。 その場所がこちら 家の壁の中段に化粧部材としてよく使われる「幕板・帯板」などと呼ばれる部分です。   幕板の上部と外壁部にはコーキングが打設されていることが多いのですが、コーキングが劣化すると破断し、雨水が侵入します。 また、積雪地域は上部に雪が積もり凍害が発生しやすいです。 上部のみ劣化しているとなかなか劣化に気付きにくい部分でもあります。   ちなみにサイディングメーカーでは積雪地域の場合、幕板上部に水切りを取り付けるよう記載があります。 <引用:KMEW サイディングカタログ> しかし、実際には水切りが取り付けられていない家の方が多いのが現状です。 現地調査の際に劣化が大きくみられた場合は塗装の際に水切りの取付をお勧めしております。   劣化した個所を補修して塗装しても補修した個所が再度劣化しやすいですし、また、劣化が大きく見られた部分は建物の構造上劣化しやすい場合が多いので、塗装のメンテナンスだけでは次のメンテナンスまで健全な状態を維持できないと考えるからです。   本来は外壁や幕板を張る前に取り付けるべきなのですが、後付けでも施工可能です。 上部に鋼板があるため水を幕板が吸水することもなく、水切れが良いです。   劣化が大きく補修では出来ない場合は幕板の交換、もしくは幕板の上に板金仕上げを行うことも可能です。 上の写真は板金仕上げを行った写真です。幕板の凹凸まで再現することはできませんが、交換するよりも安価でのメンテナンスが可能です。   外装のメンテナンスは高所の場合が多く、部分的に補修する場合でも足場が必要になることが多いです。 家の劣化しやすい部分を次のメンテナンスまで維持するにはどうすればいいか? メンテナンスをご提案する際には常にそのことを意識してご提案するようにしています。 点検、見積だけでもお気軽にお問い合わせください。   (塗装でお困りの方は、壁塗装・屋根塗装専門店のトラストまで お問い合わせはコチラ!!

続きはコチラ

活動日誌豆知識トラストのこだわり

2018.12.03 更新

塗膜の剥がれは危険のサイン!?|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラスト小山です。 先日千曲市に現地調査へ行ってまいりました。  そのお宅の屋根がこの写真のように表面の塗膜が剥がれてしまっている箇所が多くみられる状態 でした。 何故この様な状態になってしまっているかというと そのお宅によって様々なのですが、主に考えられる原因として ・紫外線などによる経年劣化(30年程の屋根にみられる場合が多い) ・塗装を行う際の下地処理不足 ・表面の塗膜が塗り重ねにより厚くなってしまった ということが考えられます。 このお宅の場合は、塗り重なった塗膜が厚くなり屋根の暑さや寒さによる 伸び縮みする動きについていけず塗膜が剥がれてしまっていました。      この様な状態になってしまうと通常の塗装でのメンテナンスが困難になってしまいます。 なぜかといいますと、今ある塗膜の上に新しい塗装を行っても弱っている古い塗膜から剥がれてきてしまう恐れがある為 一度古い塗膜を専用の工具で剥がしてから塗装を行う「剥離工法」という施工方法を行う必要があります。      ↑ この様にに一度綺麗に剥がしてから塗装を行います。   この剥離作業がとても重要な作業で長持ちに繋がります。 塗膜の剥がれで心当たりがある方は、メンテナンスをおすすめします。   塗装工事をお考えの方は、外壁塗装・屋根塗装専門店のトラストまで お問い合わせはコチラ!!    

続きはコチラ

トラストのこだわり屋根塗装

2018.12.01 更新

長野市の外壁現調調査に行ってまいりました|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラスト湯本です。 先日、長野市内のお客様より外壁お塗り替えのご依頼があり 現地調査に行ってまいりました。 現在の外壁材は石調塗材が吹き付けられその上にクリア層が所々に見受けられました。 あまり多くない外壁塗材で、私も以前に1、2件見させていただいた事がありましたが 通常の塗料でのお塗り替えは非常に難しいです。  (鍾乳洞のようですね クリア層に気泡が見えます、この上に塗装をすると膨れの原因になる可能性がございます)   このような外壁の劣化の特徴はクリア層が劣化し全体的に艶がなくなり コケや藻類が見受けられます。     後は、ひび割れです。ひび割れや剥がれが非常に多く見受けられます。   なぜひび割れや剥がれが発生するかと申しますと、クリア層が劣化しクリア層のひび割れより石材調塗材内部に雨水等がしみこんでいきます。 その中に閉じ込められた水分が熱で温められ、温められた水分は膨張し塗材のひび割れや剥がれを引き起こします。 ではどのように塗替えをしていったらよいのでしょうか? クリア層の劣化だけであればクリアのみを塗装する、更に劣化がすすんでしまった外壁は 先ずクリア層を取り除き、セメント―フィーラーを吹き付け、その後透水性の高い塗材を吹き付けるなど、その他違う方法もございますが、費用面ではかなり高額になるものがほとんどです。 また、費用を極力抑えた方法であっても通常の塗装よりはやはり高額で、耐候性も短くなる 事がございます。加えて重ねて塗材を吹き付けますので重量も増えお家への負担もかかります。 中々、難しい外壁ですので、先に申し上げてまいりました石目調塗材だけでなくその他外壁材でも、普段から点検をして、早めにメンテナンスを行っていくことが大切です。   実際にこのような外壁の塗り替えの施工事例もございますので、シヨウ―ルームへ お気軽にご相談ご来店下さい。 施工例 高圧洗浄でコケや藻類等の除去 電動工具により表面のクリア層を削り 段差の大きな部分は不陸調整 下塗り後、全体にセメントフィーラーを吹き付け 基礎吹き1回、仕上げ吹き1回で仕上げました。 <施工前>   <施工後>         塗装でお困りの方は、壁塗装・屋根塗装専門店のトラストまで お問い合わせはコチラ!!      

続きはコチラ

活動日誌豆知識トラストのこだわり外壁塗装

2018.11.07 更新

現地調査に行ってきました。|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラスト営業部の足立です。   長野市、川中島へ屋根の現地調査へ行ってきました。 10年前に外壁と共に塗り替えはしてあるとお聞きしました。 心配されてる箇所などお聞きしたところ、屋根の退色やサビが酷いので診断・見積もりを依頼してくださったとのことです。 さっそく屋根に登って測量・診断を開始いたしました。   大屋根です。     一文字葺きですね。全体的にサビ止めが透けてきています。 もう一つ気になるのが、サビの流れ方です。     屋根材の間から出てくるサビは非常にやっかいで、重なりの奥までサビが進行してしまうと塗装での改修が困難になってきます。 重なりの奥を一枚ずつ覗いて確認しましたが、奥まではサビが進行しておりませんでしたので安心しました。 ですが施工する際は、サンドペーパーを使い一枚一枚奥までケレンすることが重要です。   下屋根です。 大屋根同様錆止めの透けや、所々にサビが発生しているのが見受けられました。   北面を見てみると 雨樋の下は苔が生えていました。 北面は陽の当たりが少ないので、南面と比べると塗膜の劣化は進行しにくい場合が多いのですが、 湿気もたまりやすく苔などは非常に生えやすいです。 施工する際は高圧洗浄できれいに洗い流す必要があります。       後は、こういった端部のコーキングの切れ等も、雨水や雪などにより雨漏りを引き起こす可能性もあるので 他にもコーキングの切れがないか細かくチェックしていきました。   約1時間ほど屋根の診断・測量をさせて頂きました。   診断が終わり、簡単に状況の説明をさせていただき、次回報告書としてお写真と共にお渡しいたします。   トラストではプロとしての品質へのこだわりがあります。その一つが「診断・提案」です。 独自の細やかで正確な診断を行い、そして提案させて頂きます。   ショールームでも実物サンプルや施工事例などもご用意してありますので是非お越しください。     塗装工事をお考えの方は、外壁塗装・屋根塗装専門店のトラストまで お問い合わせはコチラ!!      

続きはコチラ

活動日誌トラストのこだわり

2018.10.20 更新

屋根の種類|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラスト施工部の正村です。 最近雨が多いですねー風邪をひかないように気をつけて仕事をして行きましょう! 今回お話しするのは、屋根の種類の中から3つご紹介したいと思います!まず1つ目は、一文字葺きの屋根です!一文字は聞いたことがある方が多いのでわないでしょうか。一文字とは、平板を段々にした様な屋根の作り方のものです。 一文字です↓ 一文字は、一枚一枚隙間があるのでそこをきっちりとケレンしゴミを出してから塗ることが大事です!続いて、セメント瓦です。セメント瓦とは、その名の通りセメントを砂利と混ぜたモルタルでできた、瓦のことです。 セメント瓦は、汚れ、コケが酷いケースが多いです。洗浄作業「水洗い」がとても大事になってくる屋根です。セメント瓦も、スレートと同様に下塗りを二回行い、上塗りも二回行うことが多いです! セメント瓦です↓ 最後に瓦棒です。瓦棒も、よく耳にする屋根ではないでしょうか瓦棒とは一文字とはちがい一文字は、横葺きと行って屋根に対して横に鉄板が貼られていますが瓦棒は、逆で縦に一枚鉄板が貼られています。 瓦棒です↓ 瓦棒では、ケレン、錆止めも大事ですが、瓦棒の天辺にある穴を補修してあげることが大事です。塗り替えになりますとそこに打ってあったコーキングが劣化して、割れていたり、取れていたりと不備が起きていることが多々あります。なのでそれを補修するのが大切です。 今言った大事なことは、全ての屋根に当てはまることですが、特にという意味で書かせていただきました。 大事な点を踏まえて後輩にも教えていける様努力します! 屋根塗装工事をお考えの方は、外壁塗装・屋根塗装専門店のトラストまでお問い合わせはコチラ!!    

続きはコチラ

豆知識トラストのこだわり屋根塗装

1 / 812345...最後 »

代表からのメッセージ

株式会社トラスト

代表取締役社長 濱口 祐樹

「わかりやすい!買いやすい!そして安心!」
そんな塗装専門店を目指して!

トラストのこだわりでの外壁・屋根塗装をご検討なら、ぜひ株式会社トラストにご相談ください!

皆様こんにちは。トラスト代表の濱口と申します。
当サイトをご覧いただきありがとうございます。

まだまだ塗装業界はわかりづらく、買いにくい業者が多く、不安と感じられる方が多い状態です。

そんな業界に一石を投じることができればとトラストは創業しました。
「わかりやすい!買いやすい!安心!」を目指し、さまざまな独自の取り組みを行っております。
自社職人・最長12年保証・専門ショールーム・お客様アンケートなどはその一例です。

トラストとは「信用・信頼」の意味であり、お客様に喜んでいただくことが私たちの使命です
ご不明な点やご相談など、どうぞ安心してお問い合わせください。
真心をこめて対応させて頂きます。

皆様のお越しをお待ちしております!!

  • トラスト外壁塗装・屋根塗装専門ショールーム

    • 外壁塗装・屋根塗装専門ショールーム
    • 外壁塗装・屋根塗装専門ショールーム

    〒380-0914 長野県長野市稲葉母袋 696-4 オフィスYAビル1F

    TEL:026-222-1077 FAX:026-222-1078

外壁塗装・屋根塗装工事 対応エリア

エリア地図
長野県北信地域対応!お気軽にお問い合わせ下さい!

長野市・須坂市・千曲市・高山村・小布施町・飯綱町・信濃町・中野市・山ノ内町・飯山市

※営業エリア外のお客様でも柔軟に対応いたしますのでお気軽にご相談ください。

チラシ・HPでも公開しない必読の情報満載 塗装をする前に是非ご一読ください! トラストが長年蓄積した塗装のイロハ 資料請求はこちら

トラスト活動ブログ

株式会社トラストのCM動画 株式会社トラストの元気な朝礼

北信地域密着の トラストです

会社名の「トラスト」とは「信用・信頼」という意味です。仕事を繰り返し頼んでいただける会社、安心して一生付き合えるパートナーのような会社を目指します。

  • 見積無料
  • 相談無料

まずは相談してみる

0120-82-2000受付時間 9:00-17:30
年中無休
※GW・お盆・年末年始除く

メールでご相談

お色の色選びで迷ったら…カラーシミュレーション

お客様の声

スタッフ紹介

北信の住宅塗装は
私達にお任せ下さい!

施工エリア

トラストは長野県北信地域を中心に塗装リフォームサービスを展開しています。

施工エリア図

長野県北信地域対応

長野市・須坂市・千曲市・高山村・小布施町・飯綱町・信濃町・中野市・山ノ内町・飯山市

※営業エリア外のお客様でも柔軟に対応いたしますのでお気軽にご相談ください。