MENU CLOSE

長野の外壁・屋根塗装専門店トラスト 品質にこだわりを持った塗装工事

見積り特典Quoカードプレゼント

0120-82-20009:00-17:30
年中無休
※GW・お盆・年末年始除く

活動ブログ - トラストのこだわり 塗装に関する豆知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 活動ブログ > トラストのこだわり

トラストのこだわりの記事一覧

トラストの日々の活動を見てください!

2021.04.19 更新

塗装って必要?|長野市、上田市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

長野県長野市、上田市のみなさん、こんにちは! 地域密着の外壁塗装・屋根塗装専門店トラストです! 今回のブログを執筆させていただく徳永です!   今日は「塗装はしなきゃいけないの?」 についてお話ししたいと思います。     まず塗装の役割についてですが   ★保護(お家を守る) ★美観(見た目)   の2点が大きな役割となります。   特に「保護」が重要で、塗装(保護)をしないことにより   ・屋根の錆を放置することで雨漏りの原因となってしまう。 ・外壁の塗装やコーキングの劣化を放置することで雨水が浸透し内部で  腐ってしまったりシロアリが発生する原因となってしまう。 などなど… 【劣化症状についての詳細はこちらをご覧ください】   劣化を放置することで大切な建物が様々なダメージを受けてしまいます。   私自身、塗装業界で働くまでは「家は建てたら終わり」だと思っていました。 建てた後に塗り替えなどのメンテナンスが必要になることなど全く知りませんでした。 塗装について学ぶ前は「じつは塗らなくても大丈夫なのではないか?」 とさえ思っていました。 そんな私でしたが、学んでいくにつれ 「塗装はとても重要!」 「建物を長持ちさせるためには必要不可欠!」 ということがわかりました。   そして塗装と歯の治療はとてもよく似ていると気付きました!         歯が痛くなれば歯医者さんに行くのと同じで 虫歯があれば治しに行く。 できれば虫歯が出来てしまう前に定期的にメンテナンスをし 最小限で食い止める。 ですが、虫歯を放置してしまうと…どうでしょうか。 歯がボロボロになってしまい、最悪抜歯をしなくてはならなく 見た目も良くないですし、治療の期間も長くなり精神的にも 金銭的にも負担が増え、良いことがひとつもありません。   屋根・外壁塗装も同様で   不具合が出れば、塗装屋さんに依頼をする。 できれば不具合が出来てしまう前に定期的にメンテナンスをし 最小限で食い止める。 ですが不具合を放置してしまうと…どうでしょうか。 屋根や外壁がボロボロになってしまい、最悪塗るだけでは 対応しきれなくなります。そうすると見た目も良くないですし 工期も長くなり、塗装の場合は何よりも金額が跳ね上がります。 こちらも良いことがひとつもありません。   屋根・外壁も歯も長持ちをさせるコツは   「メンテナンス」と「早めの修理(治療)」です。   せっかく建てたお客様の大切な建物を良い状態に保ち長持ちさせ 快適に暮らすお手伝いをさせていただきたいと心から思います。   どんな小さなことでも、気になることやわからないことがありましたら お気軽にトラストまでご連絡いただければ幸いです。   トラストは外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 長野県長野市、上田市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。   地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。       ★トラストは長野市で気軽に相談ができる《外壁・屋根塗装ショールーム》を展開しております★  外壁塗装・屋根塗装・雨樋・雨漏り・サイディングなどでお困りの方はお気軽にどうぞ! 優良店・口コミ評判店目指して頑張ります(^^) 【外壁・屋根塗装専門店トラスト】についてはコチラ! 【お問い合わせフォーム】はコチラ!! 【よくある塗装に関するご質問】はこちらにまとめさせていただきました。 【よくあるご質問】はコチラ!!

続きはコチラ

豆知識トラストのこだわり外壁塗装屋根塗装

2021.04.15 更新

研磨(ケレン)とは|長野市、上田市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

長野県長野市、上田市のみなさん、こんにちは! 地域密着の外壁塗装・屋根塗装専門店トラストです! 今回のブログを執筆させていただく小林和暉です!   今回は、研磨(ケレン)というものについてご説明いたします。   皆さん、”ケレン”とは何かご存じでしょうか? ケレンとは、素地調整を意味する言葉として使われます。   作業内容を簡単に説明しますと、、、 主に塗料を塗る前にさびている素地を磨き、綺麗に整えることで 塗料の食いつきを良くする作業です。   ↑屋根のケレンをしている写真です。   では、ケレンの”重要性”について説明いたします。 ケレンしないで塗装をした場合、塗ったばかりの頃は綺麗に見えますが しばらくすると、サバサバした状態になります。   ↑ケレンしている雪止めアングルとしていない雪止めアングルの写真です。   しっかりケレンをしないと、”機能性”、”美観性”が損なわれてしまいます。 その建物の機能と美しさを守るために、ケレンはとても重要な作業です。   弊社は、お客様の笑顔とありがとうのために、徹底した仕事をいたしますので 安心してお任せいただけたらと思っております。 屋根の施工事例はこちら         トラストは外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 長野県長野市、上田市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。   地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。       ★トラストは長野市で気軽に相談ができる《外壁・屋根塗装ショールーム》を展開しております★  外壁塗装・屋根塗装・雨樋・雨漏り・サイディングなどでお困りの方はお気軽にどうぞ! 優良店・口コミ評判店目指して頑張ります(^^) 【外壁・屋根塗装専門店トラスト】についてはコチラ! 【お問い合わせフォーム】はコチラ!! 【よくある塗装に関するご質問】はこちらにまとめさせていただきました。 【よくあるご質問】はコチラ!!

続きはコチラ

トラストのこだわり屋根塗装

2021.04.06 更新

一文字葺き屋根を塗装する際のポイント|長野市、上田市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

長野県長野市、上田市のみなさん、こんにちは! 地域密着の外壁塗装・屋根塗装専門店トラストです! 今回のブログを執筆させていただく営業部小林です!   今回は一文字葺き屋根の塗装についてのポイントをご紹介します!   まず初めに、一文字葺き屋根とは水平方向に鉄板の屋根材を下から重ねた屋根のことをいいます。 一般住宅の屋根では主流の葺き方となっております。 そして、一文字葺き屋根は屋根材の重なった部分の施工が非常に重要となってくるのです。 重なり部の施工をきちんとおこなわないと、施工後に重なり部で錆が発生して 錆びた雨水などが垂れて塗装された綺麗な屋根が台無しになってしまいます。   そのために塗装前は、このように重なり部を紙やすりできちんとケレンし、錆や汚れを削ります。     ケレン作業が終わったら、高圧洗浄機で削った錆や汚れを落としていきます。 ここまでが下地処理と呼ばれる工程です。次に塗装作業へと移ります。   塗装作業では初めに、プライマーと呼ばれる錆止めの下塗り塗料を刷毛で塗っていきます。 この際も、重なり部を先に丁寧に塗っていきます。     プライマーの塗装作業が終わったら、上塗り塗料を塗っていきます。 この際もプライマーと同じく、重なり部を丁寧に塗っていきます。   いかかでしたか? 一文字葺き屋根を施工する際は、とにかく重なり部の施工がその後の仕上がりに大きく関わってくるのです!   屋根の施工事例はこちら   トラストは外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 長野県長野市、上田市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。   地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。       ★トラストは長野市で気軽に相談ができる《外壁・屋根塗装ショールーム》を展開しております★  外壁塗装・屋根塗装・雨樋・雨漏り・サイディングなどでお困りの方はお気軽にどうぞ! 優良店・口コミ評判店目指して頑張ります(^^) 【外壁・屋根塗装専門店トラスト】についてはコチラ! 【お問い合わせフォーム】はコチラ!! 【よくある塗装に関するご質問】はこちらにまとめさせていただきました。 【よくあるご質問】はコチラ!!

続きはコチラ

トラストのこだわり屋根塗装豆知識

2021.01.29 更新

外壁塗装の耐候性はどのくらい?|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

長野県長野市・上田市のみなさん、こんにちは! 地域密着の外壁塗装・屋根塗装専門店トラストです! 今回のブログを執筆させていただく足立です!   外壁塗装の耐候年数はご存じでしょうか?耐用年数という事もあります。「車」や「家電製品」などにも寿命があるように外壁塗装にも寿命があります。外壁塗装の耐候年数とは次の塗替えまでの年数を指しています。今回は外壁の耐候年数や長持ちさせるポイントなどをご紹介していきます。   「外壁塗装の耐候年数はどのくらい?」 よく「この塗料は30年以上持つ」などと営業する訪問販売する業者もいますが、外壁塗装の耐候年数は長くても20年程度です。弊社で扱ってる塗料で1番高耐候の塗料でもやはり20年程度です。ただ、注意していただきたいのが耐候年数が過ぎるまで全く劣化しないというわけではありません。紫外線を受ける量だったり、台風など悪天候の影響を受ける環境にある住宅は耐候年数を待たずとも、劣化が進んでることもあります。屋根は雨や紫外線の影響を受けやすい為、外壁と同じ塗料で塗装しても耐候年数が低くなります。 また塗料によっても耐候年数は変わってきます。 ・アクリル塗料 3~5年・ウレタン塗料 5~8年・シリコン塗料 10~15年・無機塗料   15年~17年・フッ素塗料  15年~20年     外壁塗装の耐候年数が過ぎているか判断する方法 外壁の塗膜は紫外線や雨などの影響を受け、徐々に劣化していきます。外壁などの塗装面を手で触り、粉っぽくなってきていたら塗料の劣化が始まっていますので、塗替える際の一つの目安になります。これをチョーキング現象と言いますが、我々専門家でも外壁や屋根など診断するときは必ずチョーキング現象が起きてるかはチェックします。 チョーキング現象が起きていたら塗膜の防水性が低下していますので、放置しすぎると外壁材にも影響が及ぶ可能性もあります。 塗膜の防水性能が低下してくると「カビ」や「藻」も発生しやすくなりますので、北面など日当たりの悪い箇所をチェックしてみてください。   他には新築時と現在を比べて退色してたら塗膜の耐候年数が経過していますので見た目でも判断は可能です。     耐候年数を長く保つためのポイント では外壁の耐候年数を長持ちさせるにはどうしたらいいでしょうか?①高耐候の塗料を使う事フッ素や無機系塗料がオススメですが、当然高ランクの塗料になると耐候年数が上がるだけでなく、費用も掛かってきますので、予算に合わせて塗料を選びましょう。少なくともシリコン以上の塗料を選ぶことをお勧めいたします。 ②正しい塗装工事を行う事悪徳業者だと塗料の希釈量を守らなかったり、正しい塗布回数を行わなかったりということがあります。下地処理不足によって塗膜がすぐ剥がれることもあります。信頼できる業者選びをしましょう。 ③正しい塗料の選定塗装前にプロによる正しい診断が行われているかもポイントになります。外壁材や、以前塗装した面などと、塗替えを行う塗料の相性が悪いこともあります。間違った選定をするとフッ素塗料で塗装しても3年で剥がれや膨れが起きるということもあります。 さいごに 外壁塗装を長持ちさせるにはランクの高い塗料を使うだけでなく、正しい塗装工事を行うことも重要になってきます。「30年以上持つ塗料」など名前だけに騙されて失敗しないよう気を付けましょう。塗装は大事な住まいを美しく、長く持たせる為に大切な役割を果たします。外壁に気になる症状や心配なことがある方、診断だけでも可能です。是非お気軽にご相談ください。     トラストは外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 長野県長野市・上田市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。   地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。       ★トラストは長野市で気軽に相談ができる《外壁・屋根塗装ショールーム》を展開しております★  外壁塗装・屋根塗装・雨樋・雨漏り・サイディングなどでお困りの方はお気軽にどうぞ! 優良店・口コミ評判店目指して頑張ります(^^) 【外壁・屋根塗装専門店トラスト】についてはコチラ! 【お問い合わせフォーム】はコチラ!! 【よくある塗装に関するご質問】はこちらにまとめさせていただきました。 【よくあるご質問】はコチラ!!

続きはコチラ

トラストのこだわり外壁塗装豆知識

2021.01.25 更新

若槻屋根外壁塗装工事|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

長野県長野市・上田市のみなさん、こんにちは! 地域密着の外壁塗装・屋根塗装専門店トラストです! 今回のブログを執筆させていただく施工部主任の酒井です!     今回のブログは前回の続きのUカット補修をしたお宅の 塗装工事編です。 まずは屋根の塗装です。 下塗りを行います。 今回の屋根は既存ということで下塗り材は一液のさび止めを塗りました。 下塗りが終わったら上塗り一回目です。   上塗り材はトラスト一押しのビルドです。無機フッ素ハイブリッド塗料ですので屋根でも15年ほどの耐候性があります。 一枚一枚丁寧に段差の間を刷毛塗ります。(下塗りの時も同じです) 上塗り一回が終わったら塗り残しがないか確認(タッチアップ)をします。 そして最後に上塗り二回目(仕上げ)をします。 こちらが完成です。 トラスト自慢のビルドは艶もピカイチですね! 今回のブログはここまでです。           トラストは外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 長野県長野市・上田市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ★トラストは長野市で気軽に相談ができる《外壁・屋根塗装ショールーム》を展開しております★  外壁塗装・屋根塗装・雨樋・雨漏り・サイディングなどでお困りの方はお気軽にどうぞ! 優良店・口コミ評判店目指して頑張ります(^^) 【外壁・屋根塗装専門店トラスト】についてはコチラ! 【お問い合わせフォーム】はコチラ!! 【よくある塗装に関するご質問】はこちらにまとめさせていただきました。 【よくあるご質問】はコチラ!!      

続きはコチラ

トラストのこだわり屋根塗装施工例活動日誌

2021.01.18 更新

鉄筋コンクリートを考える ~第5話(前編):ウチは木造なんだけど…あまりに身近なRC~ 長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラスト施工部です。 大好評を頂いております鉄筋コンクリートを考えるシリーズ ~第5話(前編):ウチは木造なんだけど…あまりに身近なRC~ をお届けします。  これまで、RCの意味や2つのRC構造のシステムについての話、クラックと雨仕舞の話、そして第4話コンクリートの中性化問題に至るまで、幅広くRCについてお話をさせていただきました。 今回は”躯体としてのRC構造”から着眼点を離れて、木造や鋼構造、軽量鉄骨造…などあらゆる用途の建築物全般を足元から見つめ直してみたいと思います。 またこれまでにご意見ご感想を頂戴してまいりましたので、Q&A方式でいくつか紹介・ご回答させていただきます。  0.Q &Aコーナ Q1:「鉄筋コンクリート構造、RCの意味(鉄筋で補強してあるコンクリートの構造)とは知らなかった。…(中略)とても勉強になったが、我が家は築38年の在来軸組工法の木造のためRCラーメンや壁式RCの話はあまり参考にはならなかった…」 A1: RCについての理解を深めていただきありがとうございます。ご指摘を頂きました、建物の構造がRCではないケースについて本編で詳しく説明させていただきます。 Q2:「築50年ぐらいの木造家屋だが、コンクリートのような外壁面にクラックがあるのはどうしたらいいか」  (補足:推定伝統工法寄りの在来軸組木造、湿式工法モルタル外壁のクラック部分) A2: 木造家屋モルタル壁のクラックと考えられます。RCのクラックと同様に雨仕舞を悪化させてしまいますので、RCで言うところの鉄筋ではありませんが雨水の侵入によって、モルタル下地のメタルラス(金網)または木摺(木材)を侵食して最悪の場合、モルタルが面的に剥がれ落ちる可能性があります。トラストでは外壁塗装工事の他にも、このケースのような部分的な補修から下地交換を含めた本格的な左官工事まで、必要に応じた工事を提案させて頂いております。お気軽にお問い合わせください。 Q3:「築32年の鉄筋コンクリート構造の事務所だけど、バブルのころに流行った打ち放しコンクリートで、いくつか気になるクラックがある。雨仕舞や中性化の話が気になるから一度診てもらいたい。」 A3: RC躯体に生じたクラック部の鉄筋の降伏は心配ありませんが、築年数もさることながら外壁の仕様(打ち放し仕上げ)もあいまあって、雨仕舞の悪化やコンクリートの中性化といった経年変化は確実に進行しています。 この様な建築物への塗装工事は、高圧洗浄・クラック補修の後に、打ちっぱなし仕上げを維持する場合は無色透明な疎水材・クリヤー類の塗装を、あるいは打ちっぱなし仕上げを変更して、新たに色や凹凸模様つきの外壁仕上げとするご提案もさせていただきます。どちらのケースもカラーシュミレーションをご用意できますので、お気軽にお問い合わせください。  Ⅰ.建築物の定義 一般に言う建築物について、建築基準法(以下、法と表記)の定義をひもも解きつつ、整理してみたいと思います。 法第2条第1号  建築物  土地に定着する工作物のうち,屋根及び柱若しくは壁を有するもの(これに類する構造のものを含む。),これに附属する門若しくは塀,観覧のための工作物又は地下若しくは高架の工作物内に設ける事務所,店舗,興行場,倉庫その他これらに類する施設(鉄道及び軌道の線路敷地内の運転保安に関する施設並びに跨線橋,プラットホームの上家,貯蔵槽その他これらに類する施設を除く。)をいい,建築設備を含むものとする。 一般に私たちが口にする”建築物”は必ずしも”法の定義による建築物”とは限らないことを認識いただけたかと思います。 建築物である必要条件として、まず”土地に定着する工作物”である必要があります。 ここで一つ想像してください。 あなたは走行可能なキャンピングカーを土地へ定着させることなく(固定資産税課税対象外?)生活している生粋の放牧民です。戸籍上の住所(土地)はあっても、走行可能なキャンピングカーを所有し居住空間として、日本各地を放牧しながら生活しています。 この想定において、あなたの所有するキャンピングカーは、居住の途にようする事実上の住宅であっても、土地への定着が認められません。従って建築物ではありません。 キャンピングカー×遊牧民の想定はあまりに極端でありリアリティを欠く例えでしたが、逆に土地に定着している付随する門や塀…そして建築設備を含むものとあるように、法の定義によるところの『建築物』に該当する工作物が多い事には驚かされますね。 ではこの時、工作物と大地(土地)はどの様にして定着という関係を築いているのでしょうか。  Ⅱ.土地への定着機構 基礎 工作物を建築物か否か判断するに重要な基準の一つが土地への定着の有無でした。 基礎という言葉は建築の専門用語に限らず広く耳にします。ここでは土地への定着を担う機構を“基礎”といいます。基礎にも直接基礎と杭基礎の二種類がありますが、これについて木造建築に限って基礎(直接基礎)の変遷をたどってみましょう。 いにしえの竪穴式住居は礎石や礎版(基礎)を用いらず土中へ直接柱を埋め込む“掘立て柱”が採用されていました。工作物の柱脚は土中へ埋設され、木材(柱)と大地が密に接触しているため湿気を吸い上げてしまい、柱脚の腐れ・腐食は避けることはできません。そこで腐れ対策や小動物の侵入防止などから、時代が進むにつれて高床式建築が一般化するようになります。高床式では柱と大地との間には、石で作られた礎石や木製の礎版が築かれて縁切りがされるようになりました。この縁切りシステムが基礎の原型と言えます。更に中世の寝殿造りや武家屋敷建築、社寺・城郭…や歴史的な震災を経て、現代の木造建築に欠くことのできない“土台”が用いられるようになります。土台は建築物が水平力に対してより強固な構えとなるように平面的に連続する柱の柱脚(端部)同士を接続する部材です。現在の木造建築の基礎(直接基礎)はこの土台があることを前提として主に次の代表的な3つに大別することができます。 1つ目は布基礎と呼ばれる長さ方向に連続した基礎です。丁字をひっくり返した断面形状で木造の建築物には最もポピュラーな基礎の形態でしたが、今日では3つ目のべた基礎に取って代わられつつあります。 2つ目は独立基礎です。場合によっては束石や礎石と呼ばれる事もあります。1本の柱に対して1つの独立基礎が築かれます。システムとしては布基礎と同じもので、長さ方向に極めて短く連続しないものと考えることができます。 3つ目はべた基礎です。別名浮き基礎とも呼ばれる事があります。布基礎や独立基礎が土台か柱の下部分だけからの大地の反力を期待して部分的に築かれるのに対して、べた基礎は建築物が建築されている全ての地面から反力を得るシステムとなっています。大地からの反力を得る面積が広いため液状化などによる不等沈下(建築物の歪みの原因)のリスクは布基礎に比べて小さくなります。その反面コンクリートの使用量が多くなって高価になりがちです。(布基礎はコンクリートの使用量を抑えることはできても、入組んだ型枠や配筋の手間といった施工にかかるコストを抑える事は容易でない) そして、土地に定着する工作物である建築物に不可欠な基礎はというと… ほとんどが 鉄筋コンクリート(RC)造 です。 (上に示した3つタイプの木造建築の基礎に限っては100%RCと言っても過言ではありません) Ⅱ´.ここまでのまとめ 建築物は土地に定着する工作物である必要があります。基礎は土地への定着機構であって工作物か建築物かの判定基準です。そして木造建築の代表的な3種類の基礎を例にあげて、いずれの基礎もRC構造である事がわかったところで、第5話(前編)はいったんここまでとします。 この続きは第5話(後編)へ、乞うご期待! 鉄筋コンクリートを考える ~第5話(前編):ウチは木造なんだけど…あまりに身近なRC~ をお届けしました。 ★トラストは長野市で気軽に相談ができる《外壁・屋根塗装ショールーム》を展開しております★  外壁塗装・屋根塗装・雨樋・雨漏り・サイディングなどでお困りの方はお気軽にどうぞ! 優良店・口コミ評判店目指して頑張ります(^^)   【外壁・屋根塗装専門店トラスト】についてはコチラ!   【お問い合わせフォーム】はコチラ!!   【よくある塗装に関するご質問】はこちらにまとめさせていただきました。 【よくあるご質問】はコチラ!!        

続きはコチラ

トラストのこだわり外壁塗装豆知識

2020.12.21 更新

意外と知らない外壁からの雨漏り|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

長野県のみなさん、こんにちは! 地域密着の外壁塗装・屋根塗装専門店トラストです! 今回のブログを執筆させていただく足立です!     屋根からの雨漏りはよく耳にする方も多いと思いますが、外壁からも雨漏りがすることをご存じですか?雨漏りは原因の特定が難しいとよく言われるのも、僅かな隙間からでも雨水は屋内に侵入してしまうのです。屋根からの雨漏りは雨染みなどで気づくことも多いのですが、外壁からの雨漏りは目に見てわかる症状が出ないことも多く、気づいたときには外壁内部の躯体などが腐食してしまっている。といったケースも中にはあります。今回はそんな外壁からの雨漏りをご紹介いたします。     意外と知らない外壁からの雨漏りとその原因 外壁のひび割れ(クラック)からの侵入 外壁のひび割れから雨水が侵入することも非常に多いです。特に外壁がモルタルの場合ひび割れが入りやすく、注意が必要です。窯業サイディングの場合でもビスの周りからひびが入ることが多いです。      修繕方法 2㎜以上のひび割れの場合はUカット工法を行います。    ひび割れを電動工具でカットし、コーキング打設、その上に樹脂モルタルを均し、研磨・不陸調整という工程になっており非常に手間と費用がかかります。ですが防水上は理にかなった丁寧で確実な工法です。   2㎜以下のひび割れの場合はエポキシ樹脂を圧入し、補修します。 2㎜以下のクラックはカットせずに1液弾性エポキシ樹脂を圧力をかけて注入していきます。   ⇒詳しい施工方法はコチラ   コーキングの劣化によるサイディングの板間からの侵入 コーキング材は劣化してくると痩せてきたり、ひび割れたりします。そうするとサイディングとの間に隙間ができ、雨水の侵入する恐れがあります。        修繕方法 既存のコーキングを全て撤去し、新しいコーキング材を充填していきます。コーキングにもランクがありますので注意が必要です。   部分的なコーキングの打ち替えもできますが、2階など背の高い箇所は足場が必要になる場合もあります。       サッシ周りからの侵入 窯業サイディングやALCの場合サッシ周りもコーキングが打ってあります。板間のコーキングと同様で、劣化してくると隙間が空き雨水の侵入の恐れがあります。特にサッシ枠の上は雨水や雪も溜まりやすいので注意が必要です。        修繕方法    既存のコーキングを全て撤去し、新しいコーキング材を充填していきます。       なぜ外壁からの雨漏りは気づきにくいのか     屋根が原因の雨漏りの場合は天井に雨染みができたり、雨水が垂れてきたりと症状が分かりやすいのですが、外壁からの雨漏りは外壁材の内部に侵入し、室内に症状が出ないことも多く、症状が出た時には大規模な改修が必要になってしまう事もあります。     というのも、外壁から侵入した雨水も防水シートが守ってくれます。防水シートが破れ、更に中に侵入してきたとしても断熱材があり、部屋の中まではなかなか侵入してくることはありません。もし、部屋の中の壁に雨染みができたとしたら、雨漏りが発生してからかなりの時間が経っている可能性があります。       外壁からの雨漏りを発見するためには   雨漏りは原因の特定が非常に難しく、ほかの業者に見てもらっているけどなかなか直らないという方も多いと思います。トラストでは実績豊富なプロによる無料雨漏り診断を行っています。雨漏り発生箇所からあらゆる可能性を想定し、特定していきます。目視調査で原因の特定が難しい場合には、散水試験や赤外線調査を行い原因の追究をいたします。そして再度雨漏りしないような工事内容をご提案いたします。ご相談だけでも受け付けておりますので是非一度お問い合わせください。 ⇒トラストの無料雨漏り診断         トラストは外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 長野県北信地域(長野市・須坂市・千曲市・高山村・小布施町・飯綱町・信濃町・中野市・山ノ内町・飯山市)地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。   地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。       ★トラストは長野市で気軽に相談ができる《外壁・屋根塗装ショールーム》を展開しております★  外壁塗装・屋根塗装・雨樋・雨漏り・サイディングなどでお困りの方はお気軽にどうぞ! 優良店・口コミ評判店目指して頑張ります(^^) 【外壁・屋根塗装専門店トラスト】についてはコチラ! 【お問い合わせフォーム】はコチラ!! 【よくある塗装に関するご質問】はこちらにまとめさせていただきました。 【よくあるご質問】はコチラ!!

続きはコチラ

トラストのこだわり豆知識雨漏り

2020.12.01 更新

無機塗料について|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

長野県のみなさん、こんにちは! 地域密着の外壁塗装・屋根塗装専門店トラストです! 今回のブログを執筆させていただく湯本です! 近日ショールームの展示替えをいたしました。 無機塗料のMUGAと展示コーナーを増設!! こちらの商品MUGAは PUREMATEX プレマテックス株式会社 オフィシャルパートナーズ 認定証のあるお店のみとなります。 北信では弊社だけです。   無機塗料とは? 無機塗料とは、塗料の原料に無機物を配合した塗料のことです。 無機物とはレンガ・ガラス・石など有機物を含まない物質で 紫外線による劣化がほとんどありません。 つまり無機物は半永久的に耐久していきます。 しかし、無機物100%の塗料は存在しておりませんし、無機物は固すぎて塗料になりません。 しれゆえ無機物の耐久性を活かし、合成樹脂などの有機物を含ませることによって 塗料として使用できるのが無機塗料です。 MUGAはハイグレードな無機素材+多重ラジカル制御技術が大切な住宅を長く守り続けます。 ラジカルとは? 塗料の顔料に含ま紫外線れている酸化チタン(白顔料)が 紫外線や酸素・水などに接触することで発生する劣化因子のことです。 人の肌や塗料の樹脂のような有機物を破壊し 外壁の塗膜の劣化原因になっています。 MUGAは5つのステージコントロール技術によりラジカルを制御し 従来のフッ素樹脂塗料を超える超耐候性を実現した塗料です。 「5つのステージコントロール」 1.厚い多重構造無機バリアで酸化チタンをコートし紫外線の侵入を防ぐ 2.発生してしまったラジカルも多重構造無機バリアで封じ込めラジカルの増殖を抑制 3.HALS(光安定剤)により発生したラジカルを更に抑制 4.紫外線吸収材(UVA)により紫外線を吸収し熱などのエネルギーに転換して放出 5.樹脂にはガラスと同じ珪石を原料とする紫外線に強い合成樹脂を採用 大切なお住いの価値を次世代までつなぐために- 変わらないものを目指し、研究・開発された 「無機で家をガードする」次世代の高機能無機塗料 それがMUGAです。 その他 無機系塗料、ラジカル制御型塗料おすすめ商品もございます。 トラストは外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 長野県北信地域(長野市・須坂市・千曲市・高山村・小布施町・飯綱町・信濃町・中野市・山ノ内町・飯山市)地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。   地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。       ★トラストは長野市で気軽に相談ができる《外壁・屋根塗装ショールーム》を展開しております★  外壁塗装・屋根塗装・雨樋・雨漏り・サイディングなどでお困りの方はお気軽にどうぞ! 優良店・口コミ評判店目指して頑張ります(^^) 【外壁・屋根塗装専門店トラスト】についてはコチラ! 【お問い合わせフォーム】はコチラ!! 【よくある塗装に関するご質問】はこちらにまとめさせていただきました。 【よくあるご質問】はコチラ!!

続きはコチラ

お知らせトラストのこだわり外壁塗装屋根塗装活動日誌

2020.11.01 更新

【トラスト女子】長野市で外壁塗装工事の現場検査に行って来ました!|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

長野県のみなさん、こんにちは! 地域密着の外壁塗装・屋根塗装専門店トラストです! 今回のブログを執筆させていただく濱口です!   今日は「トラスト女子」(塗装女子)と長野市御厨の外壁・屋根塗装現場の検査に行って来ましたので、その様子をお伝えします! 施工管理【齋藤】と営業【松原】です!! 手前味噌ではございますが、2人とも仕事熱心でとっても笑顔が素敵です。   一枚目・・・     何をやっているのでしょうか? そうです!換気フードをスマホ撮影しています。   何で??と思われるかもしれませんが、 換気フードの網にホコリが詰まって上手く換気できなくなること があります。 ご覧ください!!   足場がないと確認が難しい箇所も多くあります。 お客様から依頼を受けたわけではないそうです。   今回は無償で換気フードを交換させて頂きました。 気き利いたいい仕事してますね(^^)/     次の一枚・・・     屋根で土下座??ではございません。 一文字葺きガルバリウム鋼板屋根の ハゼ(重なりの隙間)部分の塗り残しをチェックしています!   この一文字屋根塗装の一番のポイントですね! とっても大事です!   齋藤はというと・・・     真剣に補修状況をチェックしていました! 私に言わせて頂ければ、 きちんと塗るのは当たり前で、補修や下地処理が何より大切です! すぐにひび割れたり、剥がれてしまっては何の意味もありません。   やはり5年後10年後を考えた施工が大切だと思います。   トラストでは女性はもちろん新卒採用にも力を入れ、例年大卒の方も数名入社します。 女性も男性も若者もベテランも輝ける、そんな会社を目指しております! 一歩ずつではありますが、年々面白く活気ある会社に近づいていると感じています。   トラストは技術&人で勝負と思っております。 外壁塗装や屋根塗装などをお悩みの方はお気軽にご相談ください!       最後に松原とお客様の篠ノ井店ショールームでのツーショットです!     とっても素敵なお客様でした!I様、ありがとうございました!       トラストは外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 長野県北信地域(長野市・須坂市・千曲市・高山村・小布施町・飯綱町・信濃町・中野市・山ノ内町・飯山市)地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。   地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。       ★トラストは長野市で気軽に相談ができる《外壁・屋根塗装ショールーム》を展開しております★  外壁塗装・屋根塗装・雨樋・雨漏り・サイディングなどでお困りの方はお気軽にどうぞ! 優良店・口コミ評判店目指して頑張ります(^^) 【外壁・屋根塗装専門店トラスト】についてはコチラ! 【お問い合わせフォーム】はコチラ!! 【よくある塗装に関するご質問】はこちらにまとめさせていただきました。 【よくあるご質問】はコチラ!!

続きはコチラ

トラストのこだわり会社の様子活動日誌

2020.10.04 更新

下塗り|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

長野県のみなさん、こんにちは! 地域密着の外壁塗装・屋根塗装専門店トラストです! 今回のブログを執筆させていただく施工部正村です!   今回は、信濃町で屋根塗装を行ったのでそのお話をしたいと思います。 今回の屋根は、フッ素鋼板の一文字葺きと塩ビ鋼板の屋根でした。 ↓下の写真右が一文字葺き、左が塩ビ鋼板です。 ※今回の重要なこと・・ 【フッ素鋼板そして塩ビ鋼板どちらとも下塗りは2液の強溶剤を使用します。】 なぜ2液の強溶剤なのか それは2液の強溶剤というのは塗料の中で最も強い、密着する塗料です。 【フッ素鋼板の場合】 フッ素鋼板はとにかく滑りがよく雪滑りやゴミなどが溜まりにくい為 非常に高寿命と言われています。それだけ滑りが良いのですから 塗料の密着も悪いです。その密着性を補うために 塗料の中で最も密着性が高い物を使用します。 【塩ビ鋼板】 塩ビ鋼板は鋼板の上に塩ビシートが貼ってあるものです。 塩ビシートには、柔軟性を高めるために可塑剤が入っています。 可塑剤は、定年劣化で可塑剤が表面に出てきます。 可塑剤が表面に出るとベタベタしてきてゴミがくっついて汚くなります。 その可塑剤を止めるために2液の強溶剤を使用します。   使用されている下地材を見極めて適切な塗料を塗るのが大切です。       トラストは外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 長野県北信地域(長野市・須坂市・千曲市・高山村・小布施町・飯綱町・信濃町・中野市・山ノ内町・飯山市)地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。   地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。       ★トラストは長野市で気軽に相談ができる《外壁・屋根塗装ショールーム》を展開しております★  外壁塗装・屋根塗装・雨樋・雨漏り・サイディングなどでお困りの方はお気軽にどうぞ! 優良店・口コミ評判店目指して頑張ります(^^) 【外壁・屋根塗装専門店トラスト】についてはコチラ! 【お問い合わせフォーム】はコチラ!! 【よくある塗装に関するご質問】はこちらにまとめさせていただきました。 【よくあるご質問】はコチラ!!

続きはコチラ

トラストのこだわり屋根塗装施工例活動日誌豆知識

2020.09.26 更新

秋ですね🍎塗装のベストシーズンです|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

長野県のみなさん、こんにちは! トラスト総務部の飯島です。町田です。 暑い暑い夏が終わり、やっと秋めいてきましたね。 リンゴの話題もニュースで紹介されるようになり、秋の味覚満載な信州を満喫したいものですね。   今回は塗替えの”色”の話   工事後のお客様の感想、アンケートなどで「カラーシミュレーションがあったので参考になった」とのご意見を頂くことが多いです。 【現在とはガラッと雰囲気を変えてみたい。】【1階と2階で2色に色分けしてみたい。】 色選びのお悩みは楽しみでもありますが、難しい面もあります。色は無限にあるので、「グレー」と言っても何色も存在します。お客様の「グレー」を私共が正確に感じ取ることは出来ないかもしれません。そんな時はパソコンのシミュレーション機能を使って、イメージを膨らませてはいかがでしょう。   シミュレーション機能を使っても、表現しきれない色調もございますが、雰囲気を感じ取って頂けますので、是非ご利用ください。 お客様からお預かりした写真や、弊社スタッフが撮影した写真を、パソコンでぬり絵のごとく作成しております。   パソコンでのシミュレーション機能や、色見本などを参考にご希望の”色”が決まります。 実際の施工前後の写真をご覧ください。 塗り替える色によっては随分とイメージが変化しますね。 素敵な色を見つけられてはいかがでしょうか。   余談ですが、11月16日は<いいいろ>のごろ合わせで、 いいいろ塗装の日です。もうすぐですね。ちなみに、8月8日は屋根の日だそうです。   長野県北信地域(長野市・須坂市・千曲市・高山村・小布施町・飯綱町・信濃町・中野市・山ノ内町・飯山市)地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。   地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。       ★トラストは長野市で気軽に相談ができる《外壁・屋根塗装ショールーム》を展開しております★  外壁塗装・屋根塗装・雨樋・雨漏り・サイディングなどでお困りの方はお気軽にどうぞ! 優良店・口コミ評判店目指して頑張ります(^^) 【外壁・屋根塗装専門店トラスト】についてはコチラ! 【お問い合わせフォーム】はコチラ!! 【よくある塗装に関するご質問】はこちらにまとめさせていただきました。 【よくあるご質問】はコチラ!!

続きはコチラ

トラストのこだわり会社の様子

2020.09.04 更新

スレート葺きの塗装について|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラスト、施工部三宅です。   今回は、スレート葺屋根を塗装する際の施工方法に関してお話ししたいと思います。   まずケレンの作業をします。この作業を行うことで、塗料の食いつきがよくなり耐候年数にも大きく違いが出てきます。   次に屋根を洗浄していきます。 その時にスレートにとくに生えやすいコケ、カビ等を丁寧に洗い流していきます。 日の当たらない北側の屋根は特にコケ、カビがはえやすいので丁寧に洗浄していきます。   洗浄が完了し屋根が乾いたら、プライマーを塗布していきます。 スレート屋根にそのまま塗料を塗ってしまうとスレートの性質上、塗料の吸い込みが激しく、これを抑えるために先程のプライマーを塗布します。 その後、通常通り上塗り一回目(中塗り)、上塗り二回目の工程を行います。   そして上塗り二回目を行う前に、タスペーサーという通気部材をスレート瓦一枚一枚に差し込んでいきます。タスペーサーを入れることで瓦と瓦の間に隙間をつくり、湿気や水気を逃がして屋根の劣化を防止します。     こうして上塗り二回目の工程を経て施工完了となります。       ★トラストは長野市で気軽に相談ができる《外壁・屋根塗装ショールーム》を展開しております★  外壁塗装・屋根塗装・雨樋・雨漏り・サイディングなどでお困りの方はお気軽にどうぞ! 優良店・口コミ評判店目指して頑張ります(^^)   【外壁・屋根塗装専門店トラスト】についてはコチラ!   【お問い合わせフォーム】はコチラ!!   【よくある塗装に関するご質問】はこちらにまとめさせていただきました。 【よくあるご質問】はコチラ!!        

続きはコチラ

トラストのこだわり屋根塗装活動日誌

代表からのメッセージ

株式会社トラスト

代表取締役社長 濱口 祐樹

分かりやすい!選びやすい!相談しやすい!
【ずっと安心の塗装専門店】を目指して。

トラストのこだわりでの外壁・屋根塗装をご検討なら、ぜひ株式会社トラストにご相談ください!

皆様こんにちは。トラスト代表の濱口と申します。
当サイトをご覧いただきありがとうございます。

まだまだ塗装業界はわかりづらく、買いにくい業者が多く、不安と感じられる方が多い状態です。

そんな業界に一石を投じることができればとトラストは創業しました。
「わかりやすい!買いやすい!安心!」を目指し、さまざまな独自の取り組みを行っております。
自社職人・最長12年保証・専門ショールーム・お客様アンケートなどはその一例です。

トラストとは「信用・信頼」の意味であり、お客様に喜んでいただくことが私たちの使命です
ご不明な点やご相談など、どうぞ安心してお問い合わせください。
真心をこめて対応させて頂きます。

皆様のお越しをお待ちしております!!

外壁塗装・屋根塗装工事 対応エリア

エリア地図
長野県北信地域対応!お気軽にお問い合わせ下さい!

長野市・須坂市・千曲市・高山村・小布施町・飯綱町・信濃町・中野市・山ノ内町・飯山市

※営業エリア外のお客様でも柔軟に対応いたしますのでお気軽にご相談ください。

トラストのホームページをご覧の皆様へ
  • 屋根・外壁塗装価格表
  • トラストの無料建物診断・お見積り

北信地域密着のトラストです

2021年4月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
株式会社トラストのCM動画

北信地域密着のトラストです

会社名の「トラスト」とは「信用・信頼」という意味です。仕事を繰り返し頼んでいただける会社、安心して一生付き合えるパートナーのような会社を目指します。

  • 見積無料
  • 相談無料

まずは相談してみる

0120-82-2000電話受付時間 9:00-17:30 (日曜定休)

ついにトラスト上田店OPEN

現場ブログ

チラシ・HPでも公開しない必読の情報満載 塗装をする前に是非ご一読ください! トラストが長年蓄積した塗装のイロハ 資料請求はこちら 株式会社トラストの元気な朝礼 アパート・マンションの外壁塗装149万円~ ドローン点検

施工エリア

トラストは長野県の北信地域を中心に塗装リフォームサービスを展開しています。

施工エリア図

長野県北信地域対応

長野市・須坂市・千曲市・高山村・小布施町・飯綱町・信濃町・中野市・山ノ内町・飯山市

※営業エリア外のお客様でも柔軟に対応いたしますのでお気軽にご相談ください。

  • 株式会社トラストの元気な朝礼
  • ドローン点検
  • 各種クレジットカード・電子決済をご利用下さい!