MENU CLOSE

長野の外壁・屋根塗装専門店トラスト 品質にこだわりを持った塗装工事

見積り特典Quoカードプレゼント

0120-82-20009:00-17:30
年中無休
※GW・お盆・年末年始除く

活動ブログ - 活動日誌 塗装に関する豆知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 活動ブログ > 活動日誌

活動日誌の記事一覧

トラストの日々の活動を見てください!

2018.12.01 更新

アパート屋上で意外なものを発見|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラスト矢澤であります。   本日は、長野市のアパート屋上へ現地調査へ行ってきました。 依頼内容は、室内に水漏れが発生しるので防水補修していただきたいとのことでした。 実際に屋上へ行ってみると。。。 ババン!!防水床の浮きやひび割れがあちらこちらに見受けられました。 こうなってしまうと、どこから水漏れしたか追跡が困難なため、部分補修は難しいです。 したがって、価格は高くなってしまいますが防水層全体の張り替えが必要です。   さらに、この現場で衝撃のものを発見しました! ↓ こちらになります ↓ なんと3階建てアパートの屋上で立派な木が育ってしまっていたのです… 1メートル以上は、ありましたね   砂や塵がたまりやすいドレン周りは、草やコケが発生していることはよくあります。 しかし、今回のように木が成長しているケースは、初めて見ました。 なんと言いますか、自然の生命力を感じました(笑)   定期的にドレン周りの清掃をしていれば、こんなことにはならなかったはずです。 早期発見できれば、工事費用も安く済むことが多いです。 あなたのアパートでも、知らないうちに木を育てているかもしれません。 定期的に点検することをオススメします!     塗装工事をお考えの方は、外壁塗装・屋根塗装専門店のトラストまで お問い合わせはコチラ!!

続きはコチラ

活動日誌

2018.11.25 更新

雨漏り検証|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは。トラストの船田です。トラストでは塗装専門でいつもご紹介しておりますが、雨漏り診断にも力を入れております。   先日お世話になってる方から知り合いのお宅で雨漏りが発生しているからと検証を依頼されました。 天窓周辺で強い雨が降ると漏るとのことです。 天井裏に入らせていただきました。 天窓の水下の野地板に漏水の形跡が見られました。 屋根に上ってみます。このお宅は築15年だそうです。 洋瓦の部分には割れやズレは見られません。サッシの下の鉛のエプロンが怪しいです。 よーく見ると釘の頭が一部出ていたり、一部裂けたりしていました。 ここからも雨は入っているでしょうが、下地のシミの位置と少しずれています。 これ以上の確認は周辺の瓦を外す必要がありますのでお客様に調査費用をお伝えし、瓦職人さんに周辺の瓦を外していただきました。 サッシ際には雨水が流れる板金が設置されています。細かい穴や、おかしな部分を探します。 !! ありました。水が流れている形跡を発見しました。 エプロン端部が少し下がっていたことによって強い雨が降ると矢印の部分から瓦裏面へ漏水していました。 図示するとこんな感じです。 赤線部分がエプロンです。瓦の厚みがあるため部分的に逆勾配になってしまい水が逆流していました。 普段は瓦が重なっていて見えない部分です。 箇所が特定できたので該当箇所を矯正し、なおかつ周辺もブチル系の補修材で補修し、劣化していたシーラー(止水材)も新しくします。 きれいに復旧し完了です。 天窓周辺は漏水しやすい箇所です。今回は診断・工事費で54,000円(税込)になりました。 雨漏りは簡易診断は無料で承っております。 雨漏りでお困りの方は、外壁塗装・屋根塗装専門店のトラストまで お問い合わせはコチラ!!      

続きはコチラ

活動日誌豆知識その他工事

2018.11.25 更新

基礎部保護塗装

こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラスト増田です。   先日、外壁塗装工事をさせていただいた、長野市稲里のO様の基礎部補修塗装が 「チチブワンウェイコート」という“ポリマーセメント系”の製品を使用した工法で 施工させて頂きましたので施工工程をご紹介したいと思います。   特徴として ①工期短縮:開始から終了まで1日で施工可能(天候等の条件により変わります) ②一材化:仕上げは1工程の簡単施工 ③ポリマーセメント系:耐久性に優れたセメントを主剤としています   施工要領  →  ①基礎壁面が劣化し剥がれが目立ちます。   ②剥がれた箇所を削り落とし、モルタル                       で補修します。  →  ③乾燥後、研磨して不陸調整します。     ④クラック(ひび割れ)をシーリング補修                       します。                       →  ⑤シーラー(下塗剤)を塗布します。     ⑥砂骨ローラーでネタ配りを行います。        ⑦仕上がりです。   仕上がり具合にお客様も大変満足されたご様子でした。   こちらの仕上げ塗材は、意匠性・美観性に優れた住宅基礎部の専用塗装材です。 お客様宅の外壁とマッチして、高級感のある意匠性が実現できました。   お客様のご希望される条件に合わせ、ご満足いただけるようなプランを 提案させていただきます。   塗装工事をお考えの方は、外壁塗装・屋根塗装専門店のトラストまで 【お問い合わせ】はコチラ!!     【よくある塗装に関するご質問】をまとめさせていただきました。 【よくあるご質問】はコチラ!!  

続きはコチラ

活動日誌施工例

2018.11.07 更新

現地調査に行ってきました。|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラスト営業部の足立です。   長野市、川中島へ屋根の現地調査へ行ってきました。 10年前に外壁と共に塗り替えはしてあるとお聞きしました。 心配されてる箇所などお聞きしたところ、屋根の退色やサビが酷いので診断・見積もりを依頼してくださったとのことです。 さっそく屋根に登って測量・診断を開始いたしました。   大屋根です。     一文字葺きですね。全体的にサビ止めが透けてきています。 もう一つ気になるのが、サビの流れ方です。     屋根材の間から出てくるサビは非常にやっかいで、重なりの奥までサビが進行してしまうと塗装での改修が困難になってきます。 重なりの奥を一枚ずつ覗いて確認しましたが、奥まではサビが進行しておりませんでしたので安心しました。 ですが施工する際は、サンドペーパーを使い一枚一枚奥までケレンすることが重要です。   下屋根です。 大屋根同様錆止めの透けや、所々にサビが発生しているのが見受けられました。   北面を見てみると 雨樋の下は苔が生えていました。 北面は陽の当たりが少ないので、南面と比べると塗膜の劣化は進行しにくい場合が多いのですが、 湿気もたまりやすく苔などは非常に生えやすいです。 施工する際は高圧洗浄できれいに洗い流す必要があります。       後は、こういった端部のコーキングの切れ等も、雨水や雪などにより雨漏りを引き起こす可能性もあるので 他にもコーキングの切れがないか細かくチェックしていきました。   約1時間ほど屋根の診断・測量をさせて頂きました。   診断が終わり、簡単に状況の説明をさせていただき、次回報告書としてお写真と共にお渡しいたします。   トラストではプロとしての品質へのこだわりがあります。その一つが「診断・提案」です。 独自の細やかで正確な診断を行い、そして提案させて頂きます。   ショールームでも実物サンプルや施工事例などもご用意してありますので是非お越しください。     塗装工事をお考えの方は、外壁塗装・屋根塗装専門店のトラストまで お問い合わせはコチラ!!      

続きはコチラ

活動日誌トラストのこだわり

2018.10.27 更新

クリアー塗装後編&木部漂白(アク洗い)塗装|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラスト施工部の酒井です。 今回のブログはクリヤー塗装の後編ですね!と言っても大体前回お話ししてしまったので仕上がりの写真だけのせます。 新築のように仕上がりました!キレイです。 以上クリヤー塗装後編でした。   さあ今回のブログは木の塗装についてです。まず黒ずんだ木を漂白(アク洗い)します。カビスケ(漂白材)を塗り、濡れた布でカビスケを拭き取ります。漂白の手順はまずは柱から落とします。次に横柱を落としそれから天井です。落としが甘いところはもう一度カビスケを塗って拭き取ります。カビスケはとても強烈な匂いがします。強烈すぎてご飯の味が2日くらいしなくなります。カビスケ作業が終わったら塗る作業に入ります。     落ちましたね。 続いて塗りの作業です。今回使った材料はガードラックアクアと言う材料です。気を付けるポイントはやはり刷毛の継ぎ目めです。なので柱などは、しっかり上から下までしっかり通して(継ぎが出ないように一気に)塗ることです。あまりタッチアップがきかない材料なので時間をかけてしっかり塗ります。 仕上がりがこちらです。とてもキレイですね。以上Trust 酒井でした。     塗装工事をお考えの方は、外壁塗装・屋根塗装専門店のトラストまで お問い合わせはコチラ!!      

続きはコチラ

活動日誌外壁塗装木部

2018.10.18 更新

長野市で雨漏り診断&雨漏り修理に行って来ました。|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラスト小山です。   今日は上司と一緒に長野市稲葉のお宅へ雨漏り診断に行って来ました。 先月の台風や長雨のせいか、最近雨漏り診断のご依頼を多くお受けします。 ある程度慣れていれば、水の跡かどうかはすぐにわかるのですが、 中をお見せいただきますと、水が染みた跡がありました。 台風の際は水が垂れてきたそうです。   バルコニー周辺や雨押えは雨漏りが多いので、そのあたりかなー?などと考えながら、 位置を確認して屋根の上を確認しますと・・・ 位置的にもバルコニーではなく、壁と屋根の取り合い(雨押え部分)でした。 原因はコレ!! 取り合い部分(雨押え下)に1cm×3cmほどの穴がポッカリ空いております! 穴の奥を探ってみると・・・通し柱(1階から2階にかけて1本で通っている柱)がむき出しです。   本来内側でトタンが立ち上がっていたり、スキマ自体がしっかり埋まっていなければいけない箇所です! 建てた時からこの状態ですね・・・・ シロアリは濡れた木材が大好きですので注意が必要です。 今回は大丈夫そうで良かったです。   ↑ ちなみに写真は雨漏りで下地がシロアリの浸食を受けた例です。最近当社で調査させて頂いた物件です。  このようなことにならないように早めの修繕をお勧めいたします。   話は戻りましてこちらのお宅は、 シーリングでしっかり埋めて補修完了です。 今回の補修時間は15分ほど。 費用もわずか(数千円)です。       ちなみにこちらのお宅の他の箇所も調査してみると・・・ 他の箇所はちゃんと施工されており、大丈夫でした。     「すぐ来てくれてよかった!」とお客様も喜んでいただけました。 こちらのお客様も、大工さんに頼めばいいか?誰に頼めばいいか?と悩まれたそうです。   雨漏りは簡単に原因が特定できる場合と、そうでない場合があります。 いずれにしても、経験と知識がないと止めることは難しいことも多いです。   トラストでは建物の構造や考え方からレクチャーし、あとは先輩と経験を積むようになっています。 もちろん必要に応じ屋根裏なども点検しますし、 サーモグラフィ―やマイクロスコープなどの専門器具もあります。   私たちは防水のプロです。 雨漏りでお困りの方は、外壁塗装・屋根塗装専門店のトラストにお任せください! お問い合わせはコチラ!! 雨漏り診断の詳しい情報はコチラ!!    

続きはコチラ

活動日誌トラストのこだわり

2018.10.17 更新

外壁塗装工事の養生について | 長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラスト施工部の正村です。 今回、僕の好きな養生についてお話します。 養生とは、塗らない部分を隠し飛散から守る作業です。 養生には、いろいろな種類があります。   マスカー:ガムテープが付いてるナイロン製の物 手すりガード:手すりを保護する物 マスキングテープ:ガムテープのノリを残さないようにする物 ノンスリップ:屋根などに使う滑りにくくする物 このようにいろいろな種類があります。   養生は、夏場になると熱でガムテープのノリが溶ける事があります。 そうなると掃除が大変になってしまうのでマスキングを張ってからその上に マスカーを張り防ぎます。 養生も天候や季節で変わってきます。 それも踏まえて養生しなければならないので、難しいです。 角を出したり、狭いところの養生は難しいですが、きれいに出来た時の達成感は気持ちいいです。 養生は、人それぞれのやり方なので自分で考えたり 人のを見て覚えたりと、やり方も決まってないので自分で 模索しながら出来るのも養生の楽しいところです!   塗装工事をお考えの方は、外壁塗装・屋根塗装専門店のトラストまで お問い合わせはコチラ!!      

続きはコチラ

活動日誌豆知識

2018.10.15 更新

屋根塗装工事(塗装作業で注意すべきこと)|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラスト施工部の和田です。 みなさんこんにちは!施工部の和田です。台風も雨もようやく落ち着いてきましたね。 さて、本題に入りますが今回は…前回と引き続き屋根塗りのことをご紹介させて頂きます。今回はお題の通り最近気づいた注意すべきことについてです! 屋根を塗っていて注意することは(私は一年と半年しか経験していないので、そこからの目線でお話しさせて頂きます)一つ目は転落注意!!これはもちろんですよね! 二つ目は飛散注意!!特にお隣のお家と距離が近い場合や塗っている時のネタ(材料)がしゃぶい(柔らかい)状態、ローラーを勢いよく塗るなどの行為で飛散してしまう場合があります。気をつけないと近隣の方とのトラブルになってしまいます。 三つ目は塗り残し!!(刷毛も込みで)塗り残しはよく見ながら塗れていない証拠となってしまいます…刷毛で細かいところや狭いところを塗る場合も一緒です。 四つ目は硬化(乾く)が早い屋根ネタを使う場合!!ネタの種類の中に一液と二液の材料があります。下塗りで使う場合は一液のものが多く、中塗り、上塗りの場合は二液のものを使うことが多いです。一液ではその材料と希釈する[塗料用シンナー]この二つを混ぜてできあがります。二液ではそこに、硬化剤という塗料が硬化するのを早める材料つまり、三つ混ぜてできあがります。夏場は気温が高いので特に硬化するのが早いです!上手く作業しないとハケの跡が残ることもあります。このことから中塗り、上塗りの時に休憩時間までどれくらいの時間が余っているのか、休憩時間になるまでに使いきれるのか、といったことを考えて作業をする必要があるということです! もちろんベテランの方からしたら全て当たり前のことなのでしょう。もしかしたらまだ注意すべきポイントがあるのかもしれません。   職人目線で気を付けることを書かせて頂きましたが、お客様に迷惑がかかることも多くありやっぱり責任重大です。 私自身ブログを書いていて「塗装って注意することが多いな!」と改めて思いました。頑張ります!(^^)   長野市の屋根塗装工事施工事例はコチラ!! 塗装工事をお考えの方は、外壁塗装・屋根塗装専門店のトラストまで お問い合わせはコチラ!!      

続きはコチラ

活動日誌屋根塗装

2018.10.12 更新

塗装下地処理のパテ補修について|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラスト施工部の和田です。 今回は最近やった内装でパテという作業をしたのでその事についてご紹介させて頂きます。 実はパテは今年の1月に大阪に出張に行った時が初めての体験でした。そこでやり方を教えて頂いたのですが、とても難しく感覚を掴むというところまでもいかず、そのまま今回の現場までやることはありませんでした。パテじたい内装でやることなので、外壁塗装では使うことがあまりないのです…今回の機会で形だけでも抑えられれば次回に役立つと思い頑張ろうと思いました。 パテはビスパテ、下地処理、乾いたら上地処理という流れでやりました。ビスパテは名前の通りビス(釘)の部分をONE TIMEという材料を使って平らにしていきます。下地処理は、ファイバーテープをボードとボードの繋ぎ目に貼ってそこに下地処理で使う材料をヘラを使って平らにします。 材料をヘラで適量取りそれを伸ばすのが慣れていないと全然伸びず見た目も汚くなってしまいます。ヘラの角度が最初から浅すぎると伸びにくく、約65度ぐらいの角度からだんだんと浅くしていくと上手く伸びるのだとか…って言われても難しいです苦笑当然、何もない平らなところに材料をつけて伸ばすわけですから厚みがでますよね。今度は両サイドの厚みの部分をヘラで薄く余分な量を取って行きます。真ん中の部分も撮ってしまうと下のファイバーテープが見えてしまうので、取りすぎない様にします。 この時はヘラを浅くしてその次が上地処理で下地処理とほぼ同じ要領でやって行きます。材料をヘラで適量取りそれを伸ばすのが素人だと全然伸びず見た目も汚くなってしまいます。ヘラの角度が最初から浅すぎると伸びにくく、約65度ぐらいの角度からだんだんと浅くしていくと上手く伸びるのだとか…って言われても難しいです苦笑内心、「こんなのよくできるな」と思いつつやってはみても今度はヘラに取ったネタが下に落ちてしまうというグダグタなことに。誰が見ても笑われちゃうぐらい下手なんです。なので一気に伸ばそうとせず少しづつ伸ばす方法でやってみました。できた!と言える程でもなく苦戦してなんとかという感じでした。結果は、流れぐらいしかわからずまだまだ練習と実践が必要です。 熟練の先輩たちのようになれるよう努力したいと思います!   塗装工事をお考えの方は、外壁塗装・屋根塗装専門店のトラストまで お問い合わせはコチラ!!      

続きはコチラ

活動日誌その他工事

2018.10.09 更新

雨漏れ診断|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

皆さん、こんにちは。営業部の矢澤です。 今回は、新入社員ブログから変わり、活動ブログに書くことになりました。 最近、台風の影響もあり雨が多いですね… すると、おのずと多くなるのが雨漏れ関係のご依頼です。 もう9、10月は、毎週のように雨漏れの原因究明に取り組んでいます。 下記の事例は、瓦屋根のお宅です。1階、壁の中で水が伝う音がするとのことでした。 さっそく、屋根へのぼって点検しますが瓦の割れ等は見当たりません、、、 次に通気口から屋根裏を覗いてみると確かに雨漏れの痕跡が発見できました。 このことから屋根と壁の取り合いからの雨漏れの可能性があると考えられます。 対応として、隙間があり水が浸入しそうな箇所をコーキングでふさぎました。 ↓ ↓ これで一旦、様子を見ていただきます。 構造上の問題などにより、雨漏れの原因究明が非常に困難な場合もあります。 雨漏れが発生する前に、メンテナンスすることをおすすめします!   雨漏れでお困りの方は、外壁塗装・屋根塗装専門店のトラストまで お問い合わせはコチラ!!

続きはコチラ

活動日誌その他工事

2018.10.06 更新

三分艶?五分艶?塗料の艶について|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラスト施工部の正村です。 雨の日が続いてジメジメしていますね。 風邪などに気を付けましょう!   今回は、塗料の「艶」についてお話します。 特に外壁塗装ではいろいろと選べることも多くあります。   艶とは、塗料を塗った時に出る光沢のことです。 艶は、塗料によって有るものも、無いものもありますが 塗装作業をする際に、艶調整してある塗料は扱いが難しです。 なぜかと言うと、基本的に塗料は刷毛とローラーで塗ります。 艶調整してある、半艶や三分艶の場合重ねれば重ねるほど 光沢が出てしまいます。 三分艶の塗料を二回塗ると少しですが四分、五部に近づいていきます。 ですので、刷毛とローラーを分けてやることが難しいです。 特に夏場の熱い時などは、直ぐに乾いてしまうので余計ムラが出やすいです。 刷毛も本当に細かいところだけにして、ローラーですべて塗るくらいでやらないと 刷毛を塗ったところとローラーがかぶってしまうと そこだけ付くなってしまうので光沢が出て目立ってしまいますので十分に気を使って 塗らなければいけません。   以上職人から見た三分艶、五分艶の注意点でした。     塗装工事をお考えの方は、外壁塗装・屋根塗装専門店のトラストまで お問い合わせはコチラ!!      

続きはコチラ

活動日誌外壁塗装

2018.10.04 更新

内装塗装/下地処理|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは、株式会社トラストの増田です。 当社は塗装専門店ですので、屋根、外壁に限らず、内装塗装もいたします。   長野市南千歳のビルの一室で、店舗経営をされているF様から依頼がありましたので ご紹介させていただきます。   部屋の一部、出隅といわれる箇所は・・・   クロスが剥がれ、下地材が傷んでむき出しになった状態なので、塗装する前に補修が必要です。     周りを養生して、剥がれて浮いてしまったところは、少しクロスを切って、 パテで補修いたしました。   その後、上塗りを2回行って、剥がれたところが分からないほどの仕上がりになりました。 色合いも青紫色に赤が映えて、とてもキレイですよね。   ちなみに天井も補修した後、塗装させていただきました。  →         before                  after   お客様も大変満足されたご様子でした。   内装、屋根・外壁に限らず、下地処理・補修はとても大切な工程です。 見えなくなってしまう部分ですが、きちんと行わないと、いくら良い塗料を塗っても 剥がれの原因になってしまいます。       塗装工事をお考えの方は、外壁塗装・屋根塗装専門店のトラストまで お問い合わせはコチラ!

続きはコチラ

活動日誌その他工事

1 / 612345...最後 »

代表からのメッセージ

株式会社トラスト

代表取締役社長 濱口 祐樹

「わかりやすい!買いやすい!そして安心!」
そんな塗装専門店を目指して!

活動日誌での外壁・屋根塗装をご検討なら、ぜひ株式会社トラストにご相談ください!

皆様こんにちは。トラスト代表の濱口と申します。
当サイトをご覧いただきありがとうございます。

まだまだ塗装業界はわかりづらく、買いにくい業者が多く、不安と感じられる方が多い状態です。

そんな業界に一石を投じることができればとトラストは創業しました。
「わかりやすい!買いやすい!安心!」を目指し、さまざまな独自の取り組みを行っております。
自社職人・最長12年保証・専門ショールーム・お客様アンケートなどはその一例です。

トラストとは「信用・信頼」の意味であり、お客様に喜んでいただくことが私たちの使命です
ご不明な点やご相談など、どうぞ安心してお問い合わせください。
真心をこめて対応させて頂きます。

皆様のお越しをお待ちしております!!

  • トラスト外壁塗装・屋根塗装専門ショールーム

    • 外壁塗装・屋根塗装専門ショールーム
    • 外壁塗装・屋根塗装専門ショールーム

    〒380-0914 長野県長野市稲葉母袋 696-4 オフィスYAビル1F

    TEL:026-222-1077 FAX:026-222-1078

外壁塗装・屋根塗装工事 対応エリア

エリア地図
長野県北信地域対応!お気軽にお問い合わせ下さい!

長野市・須坂市・千曲市・高山村・小布施町・飯綱町・信濃町・中野市・山ノ内町・飯山市

※営業エリア外のお客様でも柔軟に対応いたしますのでお気軽にご相談ください。

チラシ・HPでも公開しない必読の情報満載 塗装をする前に是非ご一読ください! トラストが長年蓄積した塗装のイロハ 資料請求はこちら 株式会社トラストのCM動画 株式会社トラストの元気な朝礼

北信地域密着の トラストです

会社名の「トラスト」とは「信用・信頼」という意味です。仕事を繰り返し頼んでいただける会社、安心して一生付き合えるパートナーのような会社を目指します。

  • 見積無料
  • 相談無料

まずは相談してみる

0120-82-2000受付時間 9:00-17:30
年中無休
※GW・お盆・年末年始除く

メールでご相談

お色の色選びで迷ったら…カラーシミュレーション

お客様の声

スタッフ紹介

北信の住宅塗装は
私達にお任せ下さい!

施工エリア

トラストは長野県北信地域を中心に塗装リフォームサービスを展開しています。

施工エリア図

長野県北信地域対応

長野市・須坂市・千曲市・高山村・小布施町・飯綱町・信濃町・中野市・山ノ内町・飯山市

※営業エリア外のお客様でも柔軟に対応いたしますのでお気軽にご相談ください。