MENU CLOSE

長野の外壁・屋根塗装専門店トラスト 品質にこだわりを持った塗装工事

見積り特典Quoカードプレゼント

0120-82-20009:00-17:30
年中無休
※GW・お盆・年末年始除く

活動ブログ - 活動日誌 塗装に関する豆知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 活動ブログ > 活動日誌

活動日誌の記事一覧

トラストの日々の活動を見てください!

2020.09.16 更新

タイル剥落防止工事|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

長野県のみなさん、こんにちは! 地域密着の外壁塗装・屋根塗装専門店トラストです! 今回のブログを執筆させていただく船田です!   先日行った工事をご紹介します。 建物壁面に使用されているタイルが剥落(落下)したのでこれ以上落ちてこないようにということで修繕依頼がありました。 歩道沿いの建物の為、高所からタイルが剥がれ、下の歩道に落下すると歩行者などにケガをさせてしまう場合があります。   万が一落下したタイルによって歩行者にケガをさせてしまった場合、建物の所有者に賠償責任が発生する場合がありますので注意が必要です。   タイルの落下防止に対して3通りの修繕提案をいたしました。 ①タイルの浮きを補修した上で透明なウレタン樹脂でタイル表面を覆うことで剥落を防止する。 ②タイルを撤去し、不陸調整を行い塗装仕上げにする。 ③タイル面の上に胴縁を固定し、金属サイディングを張って覆うことによって剥落を防止する。   それぞれにメリットデメリットがあります。 ①メリット:タイルの意匠性が維持されます。 工法によっては剥落防止保証がつきます。 デメリット:タイルが落下した部分を補修した場合はタイルの色が合わない場合があります。 ②メリット:タイルを撤去しますので今後剥落のリスクがなくなります。 デメリット:タイルを撤去する作業で粉塵、騒音などが発生する。 意匠がタイルに比べ大幅に変わる。 ③メリット:タイルが剥落しても表面にもう1枚外壁があるため剥落しても第3者に危害を与えるリスクが低い。 大幅な意匠変更が可能。 デメリット:①、②に比べ工事費が高額になる。   今回は①の工法でご依頼いただきました。   まずは広範囲の浮きの補修です。 最初に打診音検査で浮き部の確認をします。 次に浮き部の目地に穴あけを行います。 次に粉塵の清掃を行った上でエポキシ樹脂を注入します。 次にアンカーピンを挿入します。 これでタイルの浮き補修が完了です。   タイルが剥落してしまった部分はタイルの張り直しを行います。 今回のタイルはオーナー様が保管されていた余りのタイルを貼りましたので色ばっちりです。 ここから 目地穴あけ・アンカー挿入・下塗り1回・中塗り3回・上塗り2回の工程を行います。 目地穴あけ アンカー打ち込み(アンカーとクリヤ層を密着させることにより、更に剥落しづらくなる) 下塗り 中塗り3回 上塗り2回(艶有と三分艶が選択できます。) きれいに仕上がりました。 今年は梅雨が長かったため工期も予想以上にかかりましたが、お客様にもご満足いただけたようで良かったです。 表面的に特に問題のないタイル壁面も打診音検査をすると浮いていることなどがよくあります。定期的な診断をお勧めいたします。   トラストは外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。 長野県北信地域(長野市・須坂市・千曲市・高山村・小布施町・飯綱町・信濃町・中野市・山ノ内町・飯山市)地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。   地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。       ★トラストは長野市で気軽に相談ができる《外壁・屋根塗装ショールーム》を展開しております★  外壁塗装・屋根塗装・雨樋・雨漏り・サイディングなどでお困りの方はお気軽にどうぞ! 優良店・口コミ評判店目指して頑張ります(^^) 【外壁・屋根塗装専門店トラスト】についてはコチラ! 【お問い合わせフォーム】はコチラ!! 【よくある塗装に関するご質問】はこちらにまとめさせていただきました。 【よくあるご質問】はコチラ!!

続きはコチラ

施工例活動日誌

2020.09.15 更新

雪止め金具の塗り替え、交換|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラスト、施工部三宅です。   今回は雪止め金具の交換についてお話したいと思います。   まず、長野県のような降雪地域に建てられた家は屋根の上に雪止め金具、雪止めアングルが設置されています。 この金具、アングルを設置することで屋根からの落雪を防止し、また落雪による人や物に対する被害を軽減できます。 ですが、この雪止め金具やアングル。鉄製のものを使用している家も多く、メンテナンスを怠ってしまうと錆が見受けられるようになります。その状態で放置してしまうと、板金屋根の場合は錆が浸食し、最悪の場合屋根の葺き替えが必要になってしまうことがあります。 なので住宅の築年数と金具の交換時期の目安などをしっかりと把握し、被害の発生、拡大前にしっかりとメンテナンスを施しましょう。   続いて雪止め金具の交換、塗替え方法です。   まず、雪止めアングルが取り付けられているのでアングルを取り外し、雪止め金具のみにしてしまいます。 金具だけになったら屋根と一緒に下塗り剤を塗布していきます。この時、雪止めアングルにも同様の工程をします。   また、金具が酷く劣化し、状態の悪いものは交換となります。そのような状態だと金具が取り付けてあった位置にもサビが浸食してしまっている屋根が多いため、その場合、屋根にサビ止めを塗ってからの上塗り1回目(中塗り)となります。   ←金具取外しの様子   下塗り(錆止め)が完了し、塗料が乾き次第中塗りを行い、雪止め金具の交換が必要な場合は上塗り前に取付けし、雪止めアングルも同様に設置していきます。   以上が雪止め金具の交換、塗替えの工程でした。     ★トラストは長野市で気軽に相談ができる《外壁・屋根塗装ショールーム》を展開しております★  外壁塗装・屋根塗装・雨樋・雨漏り・サイディングなどでお困りの方はお気軽にどうぞ! 優良店・口コミ評判店目指して頑張ります(^^)   【外壁・屋根塗装専門店トラスト】についてはコチラ!   【お問い合わせフォーム】はコチラ!!   【よくある塗装に関するご質問】はこちらにまとめさせていただきました。 【よくあるご質問】はコチラ!!        

続きはコチラ

活動日誌

2020.09.10 更新

長野市の階段塗装工事|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラストチュンです。 今回のブログ、長野市の階段塗装工事を行いましたのでご紹介させて頂きます。 まずは、管理人と周りを確認します。 塗るところと塗らないとこは確認します。 次は、ケレン作業と外壁を洗浄します。 ケレンの写真です。↓ グラインダーで 細かいところはペーパでこすります。 水洗いの写真です↓ そして、階段が乾いたら、補修を行います。 補修の写真です↓ 補修ところはペーパでこすってから下塗りを行います。 下塗りの写真↓ 下塗り終わったら上塗りを行います。 上塗りは2回塗ります。 上塗り1回目の写真↓ 上塗り2回目の写真↓ 完了の写真↓   今回のブログは終わりです。 ありがとうございました。     ★トラストは長野市で気軽に相談ができる《外壁・屋根塗装ショールーム》を展開しております★  外壁塗装・屋根塗装・雨樋・雨漏り・サイディングなどでお困りの方はお気軽にどうぞ! 優良店・口コミ評判店目指して頑張ります(^^)   【外壁・屋根塗装専門店トラスト】についてはコチラ!   【お問い合わせフォーム】はコチラ!!   【よくある塗装に関するご質問】はこちらにまとめさせていただきました。 【よくあるご質問】はコチラ!!        

続きはコチラ

活動日誌施工例鉄部

2020.09.04 更新

スレート葺きの塗装について|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラスト、施工部三宅です。   今回は、スレート葺屋根を塗装する際の施工方法に関してお話ししたいと思います。   まずケレンの作業をします。この作業を行うことで、塗料の食いつきがよくなり耐候年数にも大きく違いが出てきます。   次に屋根を洗浄していきます。 その時にスレートにとくに生えやすいコケ、カビ等を丁寧に洗い流していきます。 日の当たらない北側の屋根は特にコケ、カビがはえやすいので丁寧に洗浄していきます。   洗浄が完了し屋根が乾いたら、プライマーを塗布していきます。 スレート屋根にそのまま塗料を塗ってしまうとスレートの性質上、塗料の吸い込みが激しく、これを抑えるために先程のプライマーを塗布します。 その後、通常通り上塗り一回目(中塗り)、上塗り二回目の工程を行います。   そして上塗り二回目を行う前に、タスペーサーという通気部材をスレート瓦一枚一枚に差し込んでいきます。タスペーサーを入れることで瓦と瓦の間に隙間をつくり、湿気や水気を逃がして屋根の劣化を防止します。     こうして上塗り二回目の工程を経て施工完了となります。       ★トラストは長野市で気軽に相談ができる《外壁・屋根塗装ショールーム》を展開しております★  外壁塗装・屋根塗装・雨樋・雨漏り・サイディングなどでお困りの方はお気軽にどうぞ! 優良店・口コミ評判店目指して頑張ります(^^)   【外壁・屋根塗装専門店トラスト】についてはコチラ!   【お問い合わせフォーム】はコチラ!!   【よくある塗装に関するご質問】はこちらにまとめさせていただきました。 【よくあるご質問】はコチラ!!        

続きはコチラ

活動日誌トラストのこだわり屋根塗装

2020.09.04 更新

くず屋根|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラスト施工部正村です。 皆さん、【くず屋根】ってご存じですか? 昔ながらの民家を代表する萱葺屋根のことで、呼称【くず屋根】はおそらく信州の方言です。 一般的な桟瓦葺の屋根や瓦棒とか一文字葺の板金屋根に比べて、急勾配なのには理由があります。 萱と萱の隙間を雨水が貫通して屋内へ漏水する前に急勾配な傾きによって屋外へ排水するのです。 ↓下記の写真に載っている屋根は萱から上から板金で覆われた【くず屋根(板金)】です。 くず屋根の屋根塗装は、勾配が急すぎて立てないので屋根足場※を組みます。 ※屋根足場とは、屋根の上に足場を立てること 屋根足場写真↓ 作業内容自体は普通の瓦棒と変わりません。 ケレン→洗浄→下塗り→補修→中塗り→上塗りと このような手順で作業を行います。 くず屋根の場合【ぐし】と呼ばれる屋根のてっぺんについている 角みたいなやつです。 ぐしには、軒天が付いていたりするので作業工程が変わる場合もあります。 組みます。         ★トラストは長野市で気軽に相談ができる《外壁・屋根塗装ショールーム》を展開しております★  外壁塗装・屋根塗装・雨樋・雨漏り・サイディングなどでお困りの方はお気軽にどうぞ! 優良店・口コミ評判店目指して頑張ります(^^)   【外壁・屋根塗装専門店トラスト】についてはコチラ!   【お問い合わせフォーム】はコチラ!!   【よくある塗装に関するご質問】はこちらにまとめさせていただきました。 【よくあるご質問】はコチラ!!        

続きはコチラ

活動日誌豆知識施工例屋根塗装

2020.09.04 更新

樹脂が屋根に付着してしまっている場合|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラスト施工部三宅です。     今回は樹脂が屋根に付着してしまい塗装が剥がれてしまった場合の処理について紹介したいと思います。   屋根の近くに大きな木があると、その木から分泌された樹脂が屋根に付着し、塗膜をおかしてしまう危険性があります。 なので、その対処方法として通常の施工方法よりも少し特殊な施工が必要となります。   まず最初に、樹脂の付着した部分をラッカーシンナーという通常、塗料に配合するものよりも少し強力なシンナーで軽く拭きます。 そうすることで樹脂と剥がれている塗料を拭き取り、剥がれかけている塗料も浮かせて取り除きやすくできます。   ←ラッカーシンナーで樹脂、塗膜を拭いている様子   次に、やすりとカワスキという道具を用いて、塗料が剥がれかけてい部分を剥がしてしまいます。   ←カワスキで剥がれかけの塗膜を剥がしています   大方剥がしてしまったら次は、エポマリンという塗料を用いて先ほど塗料を剥がした部分のみを塗装していきます。 このエポマリンという塗料はとても強力な塗料なので、通常は新築の塗り替えなどにしか使用されないのですが、先ほどラッカーシンナーで旧塗膜を剥がした為、塗膜を剥がした一部分にのみエポマリンを塗布していきます。     その後は通常通り中塗り、上塗りをして施工完了となります。     ★トラストは長野市で気軽に相談ができる《外壁・屋根塗装ショールーム》を展開しております★  外壁塗装・屋根塗装・雨樋・雨漏り・サイディングなどでお困りの方はお気軽にどうぞ! 優良店・口コミ評判店目指して頑張ります(^^)   【外壁・屋根塗装専門店トラスト】についてはコチラ!   【お問い合わせフォーム】はコチラ!!   【よくある塗装に関するご質問】はこちらにまとめさせていただきました。 【よくあるご質問】はコチラ!!        

続きはコチラ

活動日誌豆知識屋根塗装

2020.09.04 更新

ベランダ内外壁補修|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラスト施工部正村です。 今回は、前やった現場での補修を書いていきたいと思います。 ↓下にある画像は、ベランダ内の入角の壁です。 コケや剥がれ等が見受けられます。 剥がしてみるとほとんどが水を吸い込んで脆くなっており 簡単に崩れてしまいました。 補修をする際には、脆くなってる所はなるべく取ります。 その後壁を作る作業に入ります。 ↓下の写真のように中が空洞になっているので板を入れて基礎になる内壁を貼ります。 貼り終わったらBR-CL(補修材)を塗ります ↓BR-CLの写真 最初から厚みを付けてしまうと割れてしまうので薄く何回かに分けてやっていきます。 ここまで終わったらカチオン(補修材)で形を作ります。 ↓下の写真のように大まかに形を作ります。 (カチオンをやる時も割れてしまうので薄く何回かやります) 大まかな形が出来て乾いたら紙やすり等で形を整えて完成です。 ↓完成の写真 写真は、バラバラですが作業内容は同じです。 ★トラストは長野市で気軽に相談ができる《外壁・屋根塗装ショールーム》を展開しております★  外壁塗装・屋根塗装・雨樋・雨漏り・サイディングなどでお困りの方はお気軽にどうぞ! 優良店・口コミ評判店目指して頑張ります(^^)   【外壁・屋根塗装専門店トラスト】についてはコチラ!   【お問い合わせフォーム】はコチラ!!   【よくある塗装に関するご質問】はこちらにまとめさせていただきました。 【よくあるご質問】はコチラ!!        

続きはコチラ

活動日誌外壁塗装

2020.09.04 更新

瓦棒葺きの塗装について|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラスト、施工部三宅です。     今回は瓦棒葺きの塗装についてお話しようかと思います。 まず最初はケレンという作業をします。この作業を行った場合と行わなかった場合とでは大きく耐候年数が異なってしまいます。 この作業の大部分はグラインダーで行い、グラインダーの届かない細かなところはワイヤーブラシやマジックロン、紙やすりなどを用いて作業していきます。   ←細かい部分をワイヤーブラシを使ってケレンしていきます   次にケレンで出たゴミや、屋根に生えている苔などを洗浄し、屋根を綺麗な状態にしていきます。こうすることでさらに塗料の食いつきが良くなります。   次に塗りの作業に入っていきます。 まず刷毛で棒の頭、側面を塗っていきます。特にこの側面を塗るときは、刷毛を少し上向きにして、しっかりと側面全体を塗れるようにしていきます。 次にローラーを用いておおまかな部分を塗装したいきます。この時もローラーに塗料をたっぷりと含ませ、塗り残しがないように塗っていきます。   ←実際に刷毛で棒部分の側面を塗っている写真です   洗浄の作業が終わり、屋根に水気がない状態になったら次に下塗り剤、サビ止め剤を塗っていきます。 下塗りとは屋根に本来塗装する塗料とは違い、その前に下塗り専用の塗料を塗ることで、下塗り以降に塗る塗料の食いつきをぐっと良くしてくれます。 それと同時並行でサビ止め剤を塗っていきます。サビが出てしまっている箇所にこの錆止め剤を塗ることでサビの進行と再発を防止してくれる効果があります。   そしたら次は中塗りという作業に入ります。 ここでついに完成と同じ色の塗料を塗り始めます。 中塗りはこの後の上塗りの塗料の食いつきをよくしてくれるという効果があります。 そしてこの塗料も塗り残しがないように丁寧に塗っていきます。   中塗りが完了したら上塗りという作業に入ります。 この作業が終わればほぼ完成です。 この上塗りをすることで、色が中塗りよりもより綺麗なはっきりとした色になります。もちろんするとしないとでは耐候年数に違いが出てきます。 そして上塗りは下塗り、中塗りと違い、同じ色の上に塗装をするため他の作業よりも難しいです。 なので、塗り残しなどには特に気を付けて施工をしていきます。   ←施工完了後の様子です   以上の工程が瓦棒葺きを塗装する際の主な工程になります。どの工程にも気を抜かずに妥協無しで頑張ります!     ★トラストは長野市で気軽に相談ができる《外壁・屋根塗装ショールーム》を展開しております★  外壁塗装・屋根塗装・雨樋・雨漏り・サイディングなどでお困りの方はお気軽にどうぞ! 優良店・口コミ評判店目指して頑張ります(^^)   【外壁・屋根塗装専門店トラスト】についてはコチラ!   【お問い合わせフォーム】はコチラ!!   【よくある塗装に関するご質問】はこちらにまとめさせていただきました。 【よくあるご質問】はコチラ!!        

続きはコチラ

活動日誌豆知識屋根塗装

2020.09.04 更新

初仕事|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラスト施工部三宅です。   入社から早2カ月が経ちました。実際に現場に出て施工し始めたのは1カ月程ですが毎日覚えることばかりでとても大変です。 まだ6月なのに暑い日も多く、大変な日もありますが、頑張って仕事をしたいと思います!   そして今回は現場での初仕事、一文字葺きの下地処理について紹介をしたいと思います。 まず屋根の塗装を始める前にケレン、洗浄というとても重要な作業工程があります。 これの作業をしっかりと行うことで、行わなかった場合とでは塗料の耐候年数が大きく異なってしまいます。     実際には屋根表面のサビや塗膜の剥がれ等を取り除いたり、目荒らしをしたことで塗料の食いつきを良くするなどの効果があります。 その後洗浄という作業でケレンによって出たけずりカスやゴミなどを洗い流し、より塗装が剥がれにくいように施工を行います。   特に一文字葺きの場合は、重なり合っている板と板の接合部分のケレンが特に重要でそこがケレン不足だと、いくら塗装を繰り返しても残っているサビがどんどん流れ出てきて施工前と似たような状況に戻ってしまうので、結局あまり意味のない施工となってしまいます。そして最終的には、ケレンのできない奥の方までサビが進行してしまうので、取り返しのつかないことになってしまいます。なので、そうなる前に施工を依頼することをオススメします。   続いて洗浄を行います。洗浄は高圧洗浄機を使ってケレンで出たゴミや、日当たりの悪い場所に生えている苔などをトルネードとストレートの二種類を使い分けて洗い流していきます。   以上が下地処理の大まかな説明となります。 まだ入社間もないですが、どの作業も一生懸命にやらせていただいています!     ★トラストは長野市で気軽に相談ができる《外壁・屋根塗装ショールーム》を展開しております★  外壁塗装・屋根塗装・雨樋・雨漏り・サイディングなどでお困りの方はお気軽にどうぞ! 優良店・口コミ評判店目指して頑張ります(^^)   【外壁・屋根塗装専門店トラスト】についてはコチラ!   【お問い合わせフォーム】はコチラ!!   【よくある塗装に関するご質問】はこちらにまとめさせていただきました。 【よくあるご質問】はコチラ!!        

続きはコチラ

活動日誌豆知識屋根塗装

2020.09.01 更新

屋根の色褪せ|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラスト増田です。   先日ご依頼ありました、長野市T様管理の屋根を現地調査させていただくと、     全体的に退色していますが...      近くで見ると刷毛で塗装した跡があり                      色褪せが目立ちます。   恐らく前回の塗装の際、塗料を薄め過ぎていると考えられます。 どんなに高価な塗料でも、薄め過ぎれば長持ちはしません。 メーカーで定められた既定量を、希釈し過ぎずに適量を塗布することが大切です。   他にも塗装回数をごまかしたり、安価な塗料を使用しての施工等が色褪せの原因となります。 後々のトラブルにならぬよう、トラストでは施工写真の記録を報告書として、 工事完了後に、お客様にお渡ししています。                         ★トラストは長野市で気軽に相談ができる《外壁・屋根塗装ショールーム》を展開しております★  外壁塗装・屋根塗装・雨樋・雨漏り・サイディングなどでお困りの方はお気軽にどうぞ! 優良店・口コミ評判店目指して頑張ります(^^)   【外壁・屋根塗装専門店トラスト】についてはコチラ!   【お問い合わせフォーム】はコチラ!!   【よくある塗装に関するご質問】はこちらにまとめさせていただきました。 【よくあるご質問】はコチラ!!        

続きはコチラ

活動日誌豆知識屋根塗装

2020.08.12 更新

信濃町の外壁塗装工事|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは!長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラストチュンです。 今回のブログ、信濃町の外壁塗装工事を行いましたのでご紹介させて頂きます。 まずは、管理人と周りを確認します。 塗るところと塗らないとこは確認します。 次は、ケレン作業と外壁を洗浄します。 水洗いの写真です↓            そして、外壁が乾いたら、補修を行います。 補修の写真です↓            次は、サッシ周りと塗らないとこを養生して行います。(養生は汚さないようにして行います)。 外壁は3回塗りを行います。 下塗り1回と上塗り2回です。 下塗りの写真です↓ 細かいところはは刷毛で塗ります。              ローラで塗ります。            全部下塗り終わって乾いたら、上塗りを行います。 上塗り1回目の写真です↓            上塗り2回目の写真です↓   今回のブログは終わりです。 ありがとうございました。   ★トラストは長野市で気軽に相談ができる《外壁・屋根塗装ショールーム》を展開しております★  外壁塗装・屋根塗装・雨樋・雨漏り・サイディングなどでお困りの方はお気軽にどうぞ! 優良店・口コミ評判店目指して頑張ります(^^)   【外壁・屋根塗装専門店トラスト】についてはコチラ!   【お問い合わせフォーム】はコチラ!!   【よくある塗装に関するご質問】はこちらにまとめさせていただきました。 【よくあるご質問】はコチラ!!        

続きはコチラ

活動日誌施工例外壁塗装

2020.08.09 更新

シャッター吹付塗装|長野市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

こんにちは、長野市の外壁塗装・屋根塗装専門店のトラスト施工部正村です。 今回シャッターの吹付けについてお話します。 シャッターは刷毛やローラーで塗ることもありますが 基本的には、吹付けで塗ります。 使うものは、スプレーガンを使い塗装します。 ↓下の画像の手に持っているのが「スプレーガン」です   吹付をするときの一番大事な事は、養生です。 土の吹付でもそうですが、塗料を空気で吹き飛ばして塗装するので 周りに飛び散りやすいです。なのでシャッターの裏表をきっちり養生します。 この場合、養生をするときはシャッターを囲うように部屋を作ります。 次に塗りですが スプレーガンでやる場合ドロドロの塗料でやると塗料が出ません ある程度塗料用シンナーで薄めて塗ります。 薄めている分何度も塗らないと仕上がりませんが ドロドロで垂れてくるよりは、抜群にきれいに仕上がります。     ★トラストは長野市で気軽に相談ができる《外壁・屋根塗装ショールーム》を展開しております★  外壁塗装・屋根塗装・雨樋・雨漏り・サイディングなどでお困りの方はお気軽にどうぞ! 優良店・口コミ評判店目指して頑張ります(^^)   【外壁・屋根塗装専門店トラスト】についてはコチラ!   【お問い合わせフォーム】はコチラ!!   【よくある塗装に関するご質問】はこちらにまとめさせていただきました。 【よくあるご質問】はコチラ!!        

続きはコチラ

活動日誌施工例鉄部その他工事

代表からのメッセージ

株式会社トラスト

代表取締役社長 濱口 祐樹

分かりやすい!選びやすい!相談しやすい!
【ずっと安心の塗装専門店】を目指して。

活動日誌での外壁・屋根塗装をご検討なら、ぜひ株式会社トラストにご相談ください!

皆様こんにちは。トラスト代表の濱口と申します。
当サイトをご覧いただきありがとうございます。

まだまだ塗装業界はわかりづらく、買いにくい業者が多く、不安と感じられる方が多い状態です。

そんな業界に一石を投じることができればとトラストは創業しました。
「わかりやすい!買いやすい!安心!」を目指し、さまざまな独自の取り組みを行っております。
自社職人・最長12年保証・専門ショールーム・お客様アンケートなどはその一例です。

トラストとは「信用・信頼」の意味であり、お客様に喜んでいただくことが私たちの使命です
ご不明な点やご相談など、どうぞ安心してお問い合わせください。
真心をこめて対応させて頂きます。

皆様のお越しをお待ちしております!!

外壁塗装・屋根塗装工事 対応エリア

エリア地図
長野県北信地域対応!お気軽にお問い合わせ下さい!

長野市・須坂市・千曲市・高山村・小布施町・飯綱町・信濃町・中野市・山ノ内町・飯山市

※営業エリア外のお客様でも柔軟に対応いたしますのでお気軽にご相談ください。

トラストのホームページをご覧の皆様へ
  • 屋根・外壁塗装価格表
  • トラストの無料建物診断・お見積り

北信地域密着のトラストです

2020年9月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
株式会社トラストのCM動画

北信地域密着のトラストです

会社名の「トラスト」とは「信用・信頼」という意味です。仕事を繰り返し頼んでいただける会社、安心して一生付き合えるパートナーのような会社を目指します。

  • 見積無料
  • 相談無料

まずは相談してみる

0120-82-2000電話受付時間 9:00-17:30 (日曜定休)

現場ブログ

チラシ・HPでも公開しない必読の情報満載 塗装をする前に是非ご一読ください! トラストが長年蓄積した塗装のイロハ 資料請求はこちら 株式会社トラストの元気な朝礼 アパート・マンションの外壁塗装149万円~ ドローン点検

施工エリア

トラストは長野県の北信地域を中心に塗装リフォームサービスを展開しています。

施工エリア図

長野県北信地域対応

長野市・須坂市・千曲市・高山村・小布施町・飯綱町・信濃町・中野市・山ノ内町・飯山市

※営業エリア外のお客様でも柔軟に対応いたしますのでお気軽にご相談ください。

  • 株式会社トラストの元気な朝礼
  • ドローン点検
  • 各種クレジットカード・電子決済をご利用下さい!