MENU CLOSE

長野の外壁・屋根塗装専門店トラスト 品質にこだわりを持った塗装工事

見積り特典Quoカードプレゼント

0120-82-2000 10:00-17:00
水曜定休

活動ブログ 塗装に関する豆知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 活動ブログ > 豆知識 > 飲むと美味しい、家にとっては恐ろしい…「水」から家を守るには?|長野市、上田市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

飲むと美味しい、家にとっては恐ろしい…「水」から家を守るには?|長野市、上田市 外壁塗装・屋根塗装専門店トラスト

長野県長野市、上田市のみなさん、こんにちは!

地域密着の外壁塗装・屋根塗装専門店トラストです!

今回のブログを執筆させていただく石井です!

 

 ブログをお読みの皆様、「水」飲まれてますか?人の体というのは面白いもので、約60%が水分で出来ている(成人の場合)と言われています。最近では、毎日2Lの水を飲むようにすると、「血行が良くなってうんぬんかんぬん、ターンオーバーが促されてうんぬんかんぬんと、良いことが沢山ありますよ」なんて言われておりますね。私石井もこんな話を知ってからというもの、意識的に水をよく飲むようにしております。実は私、水を飲むようになる前は不定期で頭が痛くなることがありまして、非常に悩まされていたのですが、現在は全く頭痛は起きません。果たして水の効果なのでしょうか…?

 そんな人体にとってメリットが山ほどある水ですが、お家にとっては怖~い劣化を招く要因の1つですから、あまり仲良しにはなりたくないのが本音です。今回のブログでは、「防水」について書かせていただきます。(いつもの如く前置きが長いですね…汗)

 

防水の最前線は「塗膜」

 お家は24時間365日自然に晒されております。塗膜の3大劣化要因の「紫外線」「熱(太陽光の赤外線)」「水」に加えて、日本には四季が存在しますので、寒暖差の影響もひたすらに受け続けています。そんなお家を最前線で守っているのが「塗装(塗膜)」です。防水と聞くと、ベランダの防水や屋上の防水などが思い浮かぶ方もいらっしゃるかと存じますが、それらも最終的にはトップコートという保護塗装によって守られておりますので、やはり塗装はお家を長く安心して住み続けられるように、水から保護していくためには必要不可欠という事でございます。

 そんな塗膜ですが、お家を永久に守り続けてくれるという訳ではなく、定期的な塗り替えを行うといったメンテナンスを行わなくてはなりません。塗膜が劣化しているのにもかかわらずそのまま放置してしまっていると、更なる劣化症状が発生し、早い段階で対処していればそれほど費用もかからなかったものが、高額な費用がかかってしまうようになったり、外壁材の傷みが激しく、補修をしたとしても元の状態に戻すのが非常に困難になってしまったりしてしまいます。塗膜の劣化症状についてはコチラのブログで取り上げておりますので、ご参考になさってください。ご自身でも判別ができるものもございますので、紹介されている劣化症状が見られましたら是非、お問合せ下さいませ。

怖い水の劣化症状

 水はわずかな隙間があれば簡単にお家に侵入し、数々の悪さをしでかします。塗装工事のお問い合わせをいただいたお客様のお家に伺い、現地調査を実施すると、水による劣化症状が多く見受けられます。写真と共にいくつかご紹介させていただきますので、お家にとって水がどれだけ怖~いものか一緒に確認して参りましょう。

①ベランダ内壁

 こちらはベランダの上に屋根が付いておらず、雨が降ると常にベランダが晒されている状態にありました。ベランダの壁の上には笠木と呼ばれる小さな屋根(写真では白色のもの)が付いておりますが、雨は常に真上から降ってくるものではなく、風によって殴りつけるような雨もございます。また、笠木の繋がり部分(写真ではL字の角)を雨水が伝わってしまいますし、笠木と外壁の間隔が十分にとれていませんでしたので、笠木が付いていたとしても雨水が壁を伝ってしまいます。外壁にとってはあまり良くない状態といえます。

 結果として塗膜がペリペリと剥がれ落ちてしまい防水機能がほとんどない外壁材が露出し、一気に劣化が進んでしまったのだと考えられます。

②目地のひび割れ

 こちらはALC(軽量気泡コンクリート)と呼ばれる外壁材で、縦と横の規則的なラインが特徴的な外壁材です。経年劣化により、表面の塗装は色あせやチョーキング現象が見受けられ、ライン部分にはひび割れが発生しておりました。このラインの部分の奥にはコーキング材がございますが、今回のケースではコーキング材が痩せてしまって内部で雨漏れが起こっておりました。針金を挿入したところ、貫通しておりました。

 雨漏れというと、屋根からの雨漏れを想像される方が多いですが、外壁からの雨漏れもかなり多いのが事実でございます。

③サッシ下の剥がれ・外壁材の欠損

 現地調査の際にかなり多くの頻度でこちらの症状も見受けられます。サッシ周りは雨水が伝わりやすかったり、結露が起こりやすかったりする箇所ですので、塗膜の剥がれは他の箇所に比較して起こりやすいと言えます。塗膜の剥がれが発生してからそのまま放置していると、外壁材が常に露出している状態ですので、外壁材の欠損が発生し①のような症状が発生します。

 軽度な劣化でしたら問題なく塗装できますが、外壁材の欠損が激しい場合は補修の費用が掛かりますので、お早めに対処することが大切です。

 3つの事例をご紹介いたしましたが、水による劣化症状はお家により様々です。また、塗装だけでは保護することが難しい場合ですと、壁に雨水が伝わることを防止するための「水切り部材」の取り付けを行う場合もございます。トラストでは現地調査の診断結果を基に、どういった補修方法が良いか検討し、最善のご提案ができるよう努めております。塗装工事と言ってもこういった下地処理(補修)を適切に行わないと同じ症状が短い期間で発生してしまいますので、一軒一軒丁寧に診断させていただいております。

ベランダ防水・屋上防水について

 タイトルからベランダ防水や屋上防水について知りたい方もいらっしゃるかと存じますので、コラムのような形でご紹介させていただきまして、今回のブログの締めとさせていただきます。防水には大きく分けて4つ種類がございますので、1つずつご紹介させていただきます

①FRP防水

 戸建のお家やアパートのベランダに採用されていることが多いFRP防水ですが、Fiber Reinforced Plastic(繊維強化プラスティック)の頭文字をとってFRP防水と呼称されております。樹脂にガラス繊維を混ぜたもののことでございます。メリットとして、防水層が軽量で強く、下地への追従性があり、耐久性・耐熱性・耐候性などに優れている点などがあげられます。

 一方で、いくら下地への追従性があると言ってもガラス繊維ですので、屋上のような広い面に対して施工すると、ひび割れが起こってしまうデメリットがございます。ですので一般的には戸建のお家やアパートのベランダに施工されていることが多いです。また、FRP防水の最上位保護層は塗膜です。3~5年で塗り替えによるメンテナンスが必要と言われておりますが、日当たり加減や日頃のお手入れの頻度によって変わって参りますので、お家により様々です。

②アスファルト防水

 広い場所への施工に適しているアスファルト防水は、マンションや学校の屋上・屋根といった建物で使われております。液状のアスファルトとシート状のアスファルトルーフィング、アスファルトフェルトなどを2層以上に重ねて防水層を作る防水です。防水層が厚く連続する防水工法の為、信頼性が高いと言えます。施工の際はバーナーを用いたり、熱で溶かした温度の高い液状のアスファルトを用いたりしますので、火事の危険が伴います。常温工法と呼ばれる熱を用いない工法も存在しますが、前者と比較すると密着力が劣りますので、防水能力も低下するデメリットがございます。

 メンテナンスの方法としましては、①既存の防水層を全て取って新たに防水層を施工する方法と、②既存の防水層の上に新たに防水層を重ねて施工する方法の2つがございます。表面がコンクリート仕上になっている場合は、次に紹介する塗膜防水によるメンテナンス方法もございます。

③塗膜防水(ウレタン防水)

 名前の通り、防水塗料を塗装して防水する方法でございます。下地には補強シートを使用し、その上からウレタン樹脂を塗装します。下地に凹凸があると塗料に均一な厚みが付かないため、薄くなった箇所が弱くなってしまうという特徴がございます。FRP防水やアスファルト防水、最後に紹介するシート防水よりも複雑な形状に対応でき施工も比較的簡単です。また、FRP防水の上やアスファルト防水の上にも施工することができる点も優秀であると言えます。立体駐車場やデパートの屋上など、車が乗る場所に施工する場合はより強力な塗膜防水が用いられます。

 塗膜防水も定期的な塗替えによるメンテナンスを行っていく必要性がございます。

④シート防水

 アスファルト防水と似ていますが、こちらは合成ゴムやプラスティックの防水シートで覆う防水工法です。ゴムシートはその名の通りゴムですので、伸縮性に優れていたり、塩化ビニルシートはシート相互の融着や熱融着が可能であるため施工性に優れています。経年劣化でシート接合部からの剥がれが見受けられたり、穴が開いたりしてしまいますので、その際は上から新しいシートを貼り付けるメンテナンスを行います。

 

 以上4つの防水についてご紹介させていただきましたが、YouTube等の動画サイトで検索すると、施工の様子を紹介している動画がございますので、文章だけでは分かりづらい防水についてはそちらもご参照ください。

最後に

 いかがでしたか?水は建物にとって怖~いものですので、定期的にお家をチェックしてあげることが大切です。少しでも「怪しいな」「劣化していそうだな」と感じましたら、是非トラストにお問い合わせいただきたく存じます。雨漏りが発生したり、外壁材が取れてしまってからでは費用も高くなってしまいますので、早いうちにメンテナンスを行うことが非常に大切です。私もまだまだ勉強中の身ですので、お客様に最適なご提案ができるよう、日々邁進していきます!

 今回のブログはここまでとなります。最後までお読みいただきありがとうございました!トラストではたくさんのブログを掲載しておりますので、他のブログも是非、チェックしてみてくださいね!

 

トラストは外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。

長野県長野市、上田市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。

 

地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。
これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。

 

 

★トラストは長野市、上田市で気軽に相談ができる《外壁・屋根塗装ショールーム》を展開しております★

 外壁塗装・屋根塗装・雨樋・雨漏り・サイディングなどでお困りの方はお気軽にどうぞ!

優良店・口コミ評判店目指して頑張ります(^^)

【外壁・屋根塗装専門店トラスト】についてはコチラ!

 

 

代表からのメッセージ

株式会社トラスト

代表取締役社長 濱口 祐樹

分かりやすい!選びやすい!相談しやすい!
「感動の塗装」を目指して。

皆様こんにちは。トラスト代表の濱口と申します。
当サイトをご覧いただきありがとうございます。

まだまだ塗装業界はわかりづらく、買いにくい業者が多く、不安と感じられる方が多い状態です。

そんな業界に一石を投じることができればとトラストは創業しました。
「わかりやすい!選びやすい!相談しやすい!」を目指し、さまざまな独自の取り組みを行っております。
自社職人・最長12年保証・専門ショールーム・お客様アンケートなどはその一例です。

トラストとは「信用・信頼」の意味であり、お客様に喜んでいただくことが私たちの使命です
ご不明な点やご相談など、どうぞ安心してお問い合わせください。
真心をこめて対応させて頂きます。

皆様のお越しをお待ちしております!!

外壁塗装・屋根塗装工事 対応エリア

エリア地図
長野県北信・東信地域対応!お気軽にお問い合わせ下さい!

長野市・須坂市・千曲市・高山村・小布施町・飯綱町・信濃町・中野市・山ノ内町・飯山市・上田市・東御市・小諸市・坂城町・青木村・立科町・長和町・佐久市・御代田町・軽井沢町・佐久穂町

※営業エリア外のお客様でも柔軟に対応いたしますのでお気軽にご相談ください。

株式会社トラストのCM動画

北信・東信地域密着のトラストです

会社名の「トラスト」とは「信用・信頼」という意味です。仕事を繰り返し頼んでいただける会社、安心して一生付き合えるパートナーのような会社を目指します。

  • 見積無料
  • 相談無料

まずは相談してみる

0120-82-2000電話受付時間 10:00-17:00
水曜定休

トラスト佐久平店

現場ブログ

チラシ・HPでも公開しない必読の情報満載 塗装をする前に是非ご一読ください! トラストが長年蓄積した塗装のイロハ 資料請求はこちら 株式会社トラストYouTubeチャンネル アパート・マンションの外壁塗装164.78万円~ ドローン点検

お客様の声

施工エリア

トラストは長野県の北信・東信地域を中心に塗装リフォームサービスを展開しています。

施工エリア図

長野県北信・東信地域対応

長野市・須坂市・千曲市・高山村・小布施町・飯綱町・信濃町・中野市・山ノ内町・飯山市・上田市・東御市・小諸市・坂城町・青木村・立科町・長和町・佐久市・御代田町・軽井沢町

※営業エリア外のお客様でも柔軟に対応いたしますのでお気軽にご相談ください。

  • 各種クレジットカード・電子決済をご利用下さい!